2016/09/27

ルイボスティーの飲み方は?水出し?煮出し?淹れ方6つのコト

ルイボスティーの飲み方は?水出し?煮出し?淹れ方6つのコト

ダイエットや美肌効果など、たくさんの美容・健康効果があるルイボスティー。

実は、効果を実感するには飲み方にもいくつかのポイントがあるんです。
水出しor煮出しでも効果が違ってくるんです。

そこで今回は、ルイボスティーの飲み方・淹れ方について6つのコトを紹介していきたいと思います!

飲み方にこだわって、ルイボスティーの効果を高めていきましょー♪

 

 

ルイボスティーの飲み方・淹れ方について6つのコト

① ルイボスティーは「フラボノイド」を抽出するのがポイント♡

ルイボスティーは「フラボノイド」を抽出するのがポイント♡

ルイボスティーは妊活中の女性にもおすすめのハーブティーだと言われています。
その理由は、フラボノイドという成分が有効成分が抽出できるからです。

フラボノイドとは?

フラボノイドとは、植物に含まれている色素、苦味、辛味成分であり、ポリフェノールのひとつです。
フラボノイドは種類によって特徴や作用が異なりますが、多くが強力な抗酸化作用を持っており、サプリメントなどに広く利用されています。

フラボノイドの健康効果
◎視機能を改善する効果<アントシアニン>
◎血流を改善する効果<ヘスペリジン、ルチン>
◎生活習慣病の予防・改善効果<カテキン>
◎更年期障害の症状を改善する効果<イソフラボン>
◎アレルギーを抑制する効果<ケルセチン>

出典:www.wakasanohimitsu.jp

 

② 妊活中には煮出しルイボスティーがおすすめ♡

妊活中には煮出しルイボスティーがおすすめ♡

ルイボスティーに含まれているフラボノイドは、10分以上煮出すことでしっかり抽出することができると言われています。

より多くのフラボノイドを抽出したい場合には、煮出した後にも茶葉をそのままにしておくのが◎
こうすることでたくさんのフラボノイドが溶けだし、より効果的なルイボスティーが完成するのです♪

淹れ方としてはお鍋に水と茶葉を入れ、沸騰させた後に弱火にしてから10~15分煮出すのがおすすめです♡

 

③ アンチエイジングにも煮出しルイボスティーがおすすめ♡

アンチエイジングにも煮出しルイボスティーがおすすめ♡

アンチエイジングを目的にルイボスティーを飲む場合も煮出してしっかりとフラボノイドを抽出しましょう♪

15分程度煮出すとしっかりとフラボノイドを抽出することができますが、20分以上煮出してしまうと渋みが出てきてしまいます。
ルイボスティーは飲み続けることで効果を実感することができるので、渋みを抑えて飲みやすくするためにも煮出す時間は15分程度が理想的です♡

アイスで飲みたい場合には茶葉を入れたまま熱を取って冷蔵庫で冷やすのが◎
茶葉を入れておく時間を長くするほどフラボノイドを多く抽出することができます♡

 

④ ビタミンを摂取するなら水出しルイボスティーがおすすめ♡

ビタミンを摂取するなら水出しルイボスティーがおすすめ♡

ルイボスティーはお茶の渋みとなっているカフェインやタンニンが含まれていないので、とっても飲みやすいです。
そんなルイボスティーですが、水出しで入れるとさらに渋みを抑えながら旨みを引き出すことができると言われています♡

淹れ方もとっても簡単で、ティーバッグにお水を注いで冷蔵庫で2~8時間寝かせるだけであっというまに水出しルイボスティーを作ることができます。

煮出したルイボスティーはフラボノイドを含んでいるので妊活やアンチエイジングには効果的ですが、煮出すことで熱に弱いビタミンなどの成分が失われてしまいます。

しかし、熱を加えずに水出しで淹れることでビタミンを守ることができるので、煮出したルイボスティーよりも美容効果の高いお茶を淹れることができるんです♪

 

⑤ ミネラルウォーターで淹れたルイボスティーがおすすめ♡

ミネラルウォーターで淹れたルイボスティーがおすすめ♡

妊活中や妊娠中の女性にも人気のルイボスティーですが、ルイボスティーを淹れるときに水道水を使っているという方も多いかもしれません。

赤ちゃんはミネラルの排泄が十分にできないので、肝臓に負担をかけてしまうのですが日本の水道水はほとんどが中程度の軟水なので水道水を使う分にはさほど問題はないでしょう。

しかし、水道水には塩素やトリハロメタンなどが入っているので必ずその都度沸騰させたものを使用する必要があります。
また、殺菌のために沸騰させても、沸騰させたお水だからと言って絶対に安全という保障はありません。

特に沸騰させてからすぐに火を止めてしまうと一時的にトリハロメタンは増加してしまうので、トリハロメタンを除去するためには10分以上沸騰させ続ける必要があります。

また、ポットなどの密閉された空間ではたとえ温度が高く保たれていたとしても沸騰し続けているというわけではないので、殺菌が残っている可能性が高いです。

このように水道水を使うには注意しなければならないポイントが多いので、特に妊活中の女性や妊娠中の女性は赤ちゃんの健康のためにもルイボスティーを淹れる場合にはミネラルウォーターがおすすめです。

 

⑥ 妊娠中の女性や赤ちゃんにはRO水がおすすめ♡

妊娠中の女性や赤ちゃんにはRO水がおすすめ♡

ノンカフェイン・低タンニンなルイボスティーは赤ちゃんにもおすすめのハーブティーです。

そして、赤ちゃんがルイボスティーを飲むときに使用してほしいのがRO水(純水)♡

RO水とは、逆浸透膜でお水をろ過する技術を使っており、そのフィルターの大きさはなんと0.0001ミクロン!
塩素や大腸菌、コレラ菌などの細菌はもちろんのこと、トリハロメタンやダイオキシン、硝酸態窒素などの有害物や不純物を一切除去したお水なんです♪

また、逆浸透膜のろか技術は有害物質だけでなくセシウムなどの放射物質も一切通しません!
このように、RO水はお水の中でも最も安全性が高く、妊娠中の女性だけでなく赤ちゃんにも安心なお水なんです♪

せっかく身体に良いと言われているルイボスティーですから、淹れるお水にもこだわっていきましょう♡

 

 

おわりに

ルイボスティーは淹れ方や使うお水によって効果や安全性を高めることができるハーブティーです。
近年では種類も豊富になってきていますし、商品にこだわっているという方も多いかと思います。

さらに効果を高めるには淹れ方や使うお水もとっても重要♡
淹れ方やお水にもこだわって、グレードアップしたルイボスティーを楽しんでみてはいかがでしょうか♡

淹れ方やお水にもこだわって、グレードアップしたルイボスティーを楽しんでみてはいかがでしょうか♡

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る