当帰芍薬散とは?知っておきたい7つの効果・効能と、6つの副作用

当帰芍薬散とは?知っておきたい7つの効果・効能と、6つの副作用
 
 

当帰芍薬散とうきしゃくやくさんはあらゆる不調を整える働きがあるので、特に女性から人気の高い漢方薬になっています。
当帰芍薬散には自律神経やホルモンバランスを整える働きがあるので、特に不調の原因がわかっていないときにも役立つ漢方薬となるでしょう。
そこで今回は当帰芍薬散とうきしゃくやくさんの7の効果効能や、6つの副作用、最後の方では市販でも購入できる当帰芍薬散5商品について紹介していきたいと思います。
当帰芍薬散についてもっと知りたいということで調べている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

当帰芍薬散とうきしゃくやくさんとは?

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)とは?

当帰芍薬散は虚弱体質の方向けの漢方薬となっています。
けつ(※)」の量が足りなければ栄養不足になってしまい、身体全体に血を届けることができなくなってしまいます。
その結果として冷えや生理周期の乱れなどの症状が現れてしまうのです。
また、身体の巡りが悪くなってしまえば余分な水分が溜まりやすくなり、余計に冷えを悪化させてしまいます。
当帰芍薬散は全身に栄養を届けて血行を促進させ、さらに利尿作用によって余分な水分を排泄することで冷えや生理不順の改善に役立ってくれるのです。

このように女性特有のお悩みを全般的に改善してくれる漢方薬なので、当帰芍薬散は特に女性からの人気が高いんですね♪
ちなみに、当帰芍薬散は欧米でも中国の強壮薬の中では人気が高く、婦人科系疾患の治療薬としても用いられているそうです。

けつとは漢方用語で、全身の組織や器官に栄養を与えているものを指します。

 

実はすごい!当帰芍薬散の7つの効果

 

当帰芍薬散の効果①女性ホルモンを安定させる

効果① 女性ホルモンを安定させる

生理不順やPMSは女性ホルモンのバランスが乱れることで起こる症状です。
そのため、特に毎月生理前になるとPMSの症状に悩まされているという方にとっては、当帰芍薬散がとても心強い味方となってくれることでしょう。
また、妊娠中にもホルモンバランスが乱れやすくなっているので、当帰芍薬散はそのようなときにも重宝される漢方薬となるでしょう。

 

当帰芍薬散の効果②ニキビなどの肌荒れ対策に

効果② ニキビなどの肌荒れ対策に

先ほど紹介したように、当帰芍薬散にはホルモンバランスを整える働きがあります。
ホルモンバランスが乱れると肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。
特に当帰芍薬散はニキビの中でも白ニキビに効果的な漢方薬とされているので、ニキビが治らないという方やニキビが繰り返しできるという方にもおすすめの漢方薬になっています。
身体の内側から効果を発揮してくれるということで、毎日のスキンケアにプラスすると相乗効果を高めることができるでしょう♪

 

当帰芍薬散の効果③血行促進、頭痛や動悸の改善

効果③ 血行促進、頭痛や動悸の改善

当帰芍薬散は身体が弱い方向けの漢方薬になっていますから、血行を改善することで血行不良による頭痛を改善する働きが期待できます。
また、当帰芍薬散は女性向けの漢方薬として用いられることが多いのですが、男性の更年期障害からくる頭痛や動悸の改善にも役立つと言われているのです。
血行を促進する働きがあるということで、生活習慣病の予防効果も期待できるでしょう♪

 

 

当帰芍薬散の効果④血行を促進による冷え性改善

効果④ 血行を促進による冷え性改善

血行を促進させる働きのある当帰芍薬散ですが、血流が改善されることで冷え性の改善にも役立ちます。
そして冷え性が改善されることで、血行不良が原因で引き起こされていた頭痛や肩こりなどの改善にも繋がるのです。
身体が冷えていると不調を起こしやすくなりますから、身体が温まることであらゆる症状の緩和にも役立つんですね♪

 

当帰芍薬散の効果⑤利尿作用と調整作用でむくみ改善

効果⑤ 利尿作用と調整作用でむくみ改善

白朮びゃくじゅつという生薬には身体を温め、利尿作用と調整作用の働きがあります。
また、沢瀉たくしゃという生薬には身体の中に溜まった余分な水分を排泄する働きがあると言われています。
このような働きによって身体の中の余分な水分を排泄され、むくみやめまいの改善に役立つのです。
むくみは放置しておくとセルライトに変わると言われているほど厄介なものなので、むくみのうちに改善できるというのはとても魅力的な効果ですね♡
また、水太りでお悩みの方は当帰芍薬散を服用することでダイエット効果を期待することもできると考えられています。

 

当帰芍薬散の効果⑥妊娠しやすい身体になる

効果⑥ 妊娠しやすい身体になる

先ほど紹介したように当帰芍薬散には女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。
つまり、女性ホルモンのバランスが安定することで妊娠しやすい状態を作ることができるのです♪
そのため妊娠活中に取り入れられることも多く、妊娠サポートとして取り入れている女性も多いんですよ♡
妊娠するためにはまずは母体となる自分の身体が健康でなければならないので、当帰芍薬散を服用することで赤ちゃんを迎え入れる準備を整えておきましょう♪

 

 

当帰芍薬散の効果⑦流産予防・陣痛の軽減効果

効果⑦ 流産予防・陣痛の軽減効果

当帰芍薬散は妊娠中にも服用できるとても安全な漢方薬です。
そのため、妊娠中の身体の不調を整えるのはもちろんのこと、ホルモンバランスを安定させることで流産の予防に効果を発揮すると言われているのです。
さらに分娩時間を短くすることで陣痛の軽減にも役立つのだとか♪

当帰芍薬散は自然由来の原材料だから妊娠中も安心

漢方薬は自然由来の原材料を使っているので、穏やかな効き目と副作用が少ないという特徴があります。
その中でも当帰芍薬散は妊娠中にも服用できるとても安全な漢方薬なので、長期にわたって服用している女性もとても多いのです♡
さらに漢方薬は体質に合わせて服用するものなので1つの原因に働きかけるだけでなく、身体の不調の全てにアプローチすることで体質改善に役立つでしょう。

 

飲み過ぎたら下痢?!知っておきたい当帰芍薬散の6つの副作用

先ほど紹介したように、当帰芍薬散は妊婦さんでも服用できる比較的安全な漢方薬です。
しかし、そんな当帰芍薬散でも飲みすぎれば副作用を引き起こしてしまう可能性があるのです。
そこで次に当帰芍薬散の6つの副作用について紹介します。
当帰芍薬散を服用している方や、服用を考えている方はぜひ参考にしてください。

続きを読む
1 / 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 

こちらの記事も
よく読まれてます

 

PICK UP

ページ上部へ戻る