2017/08/26

アスタキサンチンって何?9つの効果効能と副作用、おすすめサプリ比較

アスタキサンチンって何?9つの効果効能と副作用、おすすめサプリ比較

優れたアンチエイジング効果をもつ成分として一躍話題になった成分「アスタキサンチン」
スキンケア用品やサプリメントに使われているので、一度は名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

アスタキサンチンにどんな効果があるのか知ってますか?
実は、嬉しい効果・効能がいっぱいあるんですよ♪

そこで今回はアスタキサンチンの9つの効果効能と副作用について紹介していきたいと思います!

また、アスタキサンチンを多く含む食材と調理法、おすすめサプリなども紹介していきます。
アスタキサンチンサンを取り入れて美容・健康効果を期待していきましょう♪

 

 

アスタキサンチンとは?知っておきたい4つのコト

① アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンとは、自然界に幅広く分布しているカロテノイドの1種の天然の赤い色素です。
カニやエビ、サケなどに多く含まれていて、同じようにカロテノイドの1種であるβカロテンやリコピンを含む人参やトマト以上に抗酸化作用がある成分として最も注目を集めている成分なのです。
その抗酸化作用はビタミンCの約6000倍、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンEの約500倍、βカロテンの約40倍とも言われてるのです。

また、例えばビタミンEは細胞膜の内側で働き、βカロテンは細胞膜の中心部で働くというように抗酸化物質には働く場所が限られていますが、アスタキサンチンは細胞膜の内側と外側の両方で働きかけて仮性酸素を除去するという特徴があるのです。

 

② アスタキサンチンは抗酸化作用がすごい

アスタキサンチンは抗酸化作用がすごい

今注目のアスタキサンチンはその優れた抗酸化作用により、たくさんの効果効能が期待されています。
食事ではもちろんのことサプリメントや基礎化粧品からも取り入れることができるので、ライフスタイルに合わせてアスタキサンチンを摂取してみるのがおすすめです。

 

③ アスタキサンチンに副作用は一切ない?!

アスタキサンチンに副作用は一切ない?!

アスタキサンチンは話題の成分ということでこれまでにもたくさんの研究が行われてきましたが、副作用らしき報告は一切ないと言われています。
しかし、強いて副作用を上げるとするならば緑黄色の色素であるカロテノイドと一緒に摂取するとカロテノイドの吸収率が下がってしまう場合があると言われています。

また、カニやエビなどに含まれている色素ということで、甲殻類アレルギーの方は不安に感じることもあるかもしれませんが、基本的にサプリメントや化粧品に含まれているアスタキサンチンはヘマトコッカス藻という藻由来のものを使用しているので、アレルギーの心配もないと言われています。

ただし、ごくまれに強い抗酸化作用の働きに善玉菌が負けて下痢を引き起こしてしまう場合があります。
このような症状が出た場合はアスタキサンチンを過剰摂取していたり、そもそも体質や体調に合っていないと考えられるので、身体に合わせて摂取量のバランスを調整していくと良いでしょう。

 

④ アスタキサンチンは油と相性がよく、熱や水にも強い

アスタキサンチンは油と相性がよく、熱や水にも強い

アスタキサンチンは日本人にとって馴染み深い食材に多く含まれています。
たとえば、鮭などです。
魚介類であれば和食にも取り入れやすいですし、油と相性がよく熱や水にも強いので幅広い調理法で食事に取り入れることができるので、毎日の食事にアスタキサンチンを取り入れることで、嬉しい効果・効能が期待できます♪

 

 

実はすごい♪アスタキサンチンの9つの効果・効能

効果・効能① アンチエイジングにいい

効果・効能① アンチエイジングにいい

アスタキサンチンの1番大きな特徴と言えば優れた抗酸化作用です。
そのため、アンチエイジング効果はアスタキサンチンの代名詞と言っても過言ではありません。
全身の老化防止に役立ってくれるのでお肌だけでなく病気や老化によるトラブルを防ぐためにも役立ってくれるのです。

この働きはいつまでも若々しいお肌や身体を維持するには欠かせない働きなので、美容や健康を意識しているという方は積極的に摂取することをおすすめします♪

1

2 3 4

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る