2017/08/10

PMSの症状に効くおすすめの薬4選と、知っておきたい3の副作用

PMSの症状に効くおすすめの薬4選と、知っておきたい3の副作用

PMSの辛い症状を抑えるにはいくつかの方法がありますが、その中でも1番即効性があるのは薬を服用するという方法です。
しかし、薬を服用するのであれば前もって副作用の症状も知っておく必要があるでしょう。

そこで今回はPMSの症状に効くおすすめの薬4選と、知っておきたい3つの副作用について紹介していきたいと思います!

 

 

PMSに効くおすすめの4つの薬

① プレフェミン

プレフェミン

プレフェミン

プレフェミンは日本で唯一PMSのために作られたPMS専用の治療薬です。
要指導医薬品なので薬局で購入する場合にも薬剤師から処方してもらう必要があり、インターネット上で購入できないという点で躊躇してしまう方も多いかもしれません。
その反面で専門家の指導の下で購入するということで安心感を得ることができます。

プレフェミンには「女性のためのハーブ」と言われているチェストツリーの実であるチェストツリーを使っていて、継続的に服用することで効果が得られ、臨床試験の結果では月経3周期の間服用した女性の約8割が効果を実感できたのだとか♪
PMS専用の薬ということで十分に効果を期待することができますね。

 

② 命の母ホワイト

命の母ホワイト

命の母ホワイト

こちらは漢方成分を配合した市販薬になります。
ホルモンバランスや自律神経を整え、生薬の力で血行を促進して全身を温めて生理前の不快な症状や生理不順、冷えの解消に役立ってくれる薬です。

漢方医学では身体の中の「血」「気」「水」のバランスを整えることで身体の不調を改善していくという考えなのですが、命の母ホワイトにはこの3つの流れを整えるために必要な生薬がバランスよく配合されているのです。

さらに芍薬や牡丹皮が含まれているので、大人ニキビの改善にも効くと言われています。
PMSの影響で生理前になると肌トラブルに悩まされているという方はぜひお試しあれ♪

また、漢方薬は身体の不調を整えてさまざまな症状に大して効果を発揮してくれるので、体質と合っていればPMSの症状全般に大して改善効果を期待することができるでしょう。

 

③ イララック

イララック

イララック

イララックはPMSを改善するためのお薬ではないのですが、イライラや興奮感に効く薬だということでPMSの影響で心が乱れやすいという方におすすめ◎
鎮静効果のある生薬エキスが配合されているので睡眠導入剤の代わりとして服用する方や、人前で話すとき、ストレスからくるイライラを抑えるために服用している方が多いのだとか。

このような効果があることから、生理前のイライラを改善するために服用している方も多いんですよ♪
気持ちの面に働きかけるということで効果は穏やかではありますが、副作用のリスクが少ないという点でも安心できる薬となっています。

 

④ バファリンルナi

バファリンルナi

バファリンルナi

生理痛の症状緩和のためにバファリンを服用している方も多いのではないでしょうか?
そんなバファリンシリーズのバファリンiはPMSの症状緩和に効果的な薬なんです♪

特に生理前になるとイライラしてしまう方や落ち込みがち、不安になりがちという方。
さらに肌トラブルや不眠に悩まされているという方にもおすすめな薬となっています。

同じバファリンシリーズでも特化している効果が違うので生理痛の緩和のためにバファリンを飲んでいるという方は、段階に合わせてバファリンとバファリンルナiを飲み分けることでより高い効果を実感することができるでしょう♪

1

2

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る