2017/08/18

アイプチ女子必見!アイプチの基本的なやり方と、失敗しない4つのコツ

アイプチ女子必見!アイプチの基本的なやり方と、失敗しない4つのコツ

一重の方や二重の幅が違うときの救世主となってくれるのがアイプチ♡
しかし、初めてアイプチを使うときは失敗が多くコツをつかむのも一苦労。

そこで今回はアイプチの基本的なやり方と、失敗しない4つのコツについて紹介していきたいと思います。
基本的なやり方を知ることでナチュラル二重を作っていきましょう♡

 

 

アイプチの基本的なやり方

① 塗る位置の確認

アイプチやり方① 塗る位置の確認

アイプチは二重を作る部分に塗るものですが、初めてやる場合はまつ毛が生えている部分から数ミリ上に塗るのがおすすめ◎

線を作る部分を中心に上下5ミリ程度の幅にアイプチを塗っていきます。
アイプチ自体は白い液体タイプが多いですが、乾くと透明になります。

 

② 半月型に塗る

アイプチやり方② 半月型に塗る

アイプチは横一直線にラインをひいてしまいがちですが、半月型に塗るとうまく二重を作ることができます。
横幅は長すぎても短すぎても失敗する原因になってしまうので、何度も繰り返しアイプチを使うことで自分に合った幅を見つけていきましょう。

アイプチを塗りすぎると取れやすくなってしまうので、薄くムラができないように塗るのがポイントです◎
目安としてはアイラインをひくようなイメージで使うと良いでしょう。

 

③ 二重を作るタイミング

アイプチやり方③ 二重を作るタイミング

先ほど紹介したように、アイプチは乾くと透明になり肌になじみます。
しかし、透明になるまで待って乾かしすぎると二重が取れやすくなってしまうので半透明になったくらいを目安に二重を作ると良いでしょう。
(二重を作るタイミングは商品ごとに異なるので、何度も繰り返すうちにちょうど良いタイミングがわかるようになるかと思います)

共通しているのは、どのような商品でもアイプチを塗ってすぐや乾きすぎてしまっては効果が半減してしまうということです。
また、アイプチを乾かしているときに目を開いてしまうと余分なところに線ができてしまうので、乾くまでは目を開かずに半目の状態をキープしましょう。

 

④ プッシャーを上手に使う

アイプチやり方④ プッシャーを上手に使う

まぶたに塗ったアイプチが乾いてきたら“プッシャー”と呼ばれているスティックを軽くまぶたに当てていきます。
(プッシャーを無くしてしまった場合にはつまようじやヘアピンでも代用できます)

アイプチを塗った中心部分を押し上げる方法や、目頭と目じりの両サイドを同時に押し上げる方法があり、自分がやりやすい方法を選ぶことでうまく二重を作れるようになるでしょう。
このとき、強く押し上げるとアイプチがプッシャーについて取れてしまうので、軽く押し上げるのがポイントになります。

1

2

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る