知っておいて欲しい!セルフアイプチの4つのコツ

アイプチの使い方のコツ①メイク前にやること

アイプチの使い方のコツ①メイク前にやること

中にはメイクをした後にアイプチを使う方もいるかもしれませんが、基本としてはメイク前の使用がおすすめ。
というのも、メイク後にアイプチをすると取れやすくなったり、アイシャドウがよれる原因になってしまうのです。
メイク前ならたとえ失敗しても何回もやり直すことができますし、素肌に使うことでアイプチの持ちもよくなります。
また、透明になった後のアイプチのテカリが気になるという場合は、ラメ系のアイシャドウを使えばアイプチのテカリも気にならなくなりますよ♡

 

 

アイプチの使い方のコツ②油分をオフすること

アイプチの使い方のコツ②油分をオフすること

まぶたは意外と皮脂がたまりやすく、目には見えなくても汚れがついている場合があります。
皮脂がたまっている部分にそもままアイプチを使うとうまくアイプチが馴染まなかったり、アイプチが取れやすくなる原因になってしまいます。
そのため、アイプチを使う前には必ず油分をオフしてから使うようにしましょう。
洗顔後でも乳液などを使うと油分が付いているのと同じ状態になってしまうので、できれば洗顔後の素のままのお顔に使うのがベストです。

 

アイプチの使い方のコツ③まぶたに近い部分に二重をつくること

アイプチの使い方のコツ③まぶたに近い部分に二重をつくること

どうせ二重を作るなら二重幅を広くしたいと考える方も多いかもしれませんが、はじめから欲張って上の方に線を引くと不自然な二重や何重にも二重の線ができてしまう場合があるので、初めての方は目に近い部分に線を作るのがポイントとなります。
また、幅広の二重を作ろうとすると皮膚同士がくっつきにくくなり失敗しやすくなります。
できるだけ目に近いところで二重を作った方が失敗しにくく、初めてでも綺麗な二重を作ることができるでしょう。

 

アイプチの使い方のコツ④丁寧にオフする

アイプチの使い方のコツ④丁寧にオフする

アイプチは皮膚同士をくっつけるノリのような働きをしてるので、初めての方は落としづらいと感じるかもしれません。
しかし、オフするときにこすったり無理に引っ張ると皮膚にダメージを与えることになり、まぶたのたるみや色素沈着の原因になってしまいます。
お湯を使ったりクレンジングを浸したコットンを使う、ポイントメイク用のクレンジングを使うなど工夫することで力を入れずともアイプチを落とすことはできるので、オフするときも丁寧に行うようにしましょう。

 

おわりに

始めてアイプチを使う方は使いこなせるか不安に感じる方も多いかもしれませんが、基本的なやり方はとてもシンプルなものです。
ただし、目元には個人差があるので誰でも初めからうまくできるというわけではなく、使いこなしていくうちに感覚がわかり理想の二重を作ることができるんです♪
今ではアイプチにもいろんな種類のものがあるので、自分が使いやすいと思う商品を選ぶことで理想の二重作りに役立てていきましょう♡

この記事のトップへ戻る
2 / 2

関連キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る