2017/01/14

便秘?眠気?高麗人参の副作用はある?知っておきたい3のコト

便秘?眠気?高麗人参の副作用はある?知っておきたい3のコト

健康や美容効果など特に女性に嬉しい効果をもたらしてくれるのが高麗人参の魅力♡

しかし、摂取するからには副作用について不安を抱く方も多いかと思います。

そこで今回は高麗人参の副作用について知っておきたい3のコトについて紹介していきたいと思います。

 

 

高麗人参の副作用について知っておきたい3のコト

① 高麗人参の副作用について

高麗人参の副作用について

東洋医学では漢方を飲むと一時的に体調に変化が起こるという考えが一般的です。
高麗人参も漢方薬の1種なので、漢方薬と同様に体調に変化が起こる場合があります。

このような体調の変化は身体の弱っている部分やバランスが崩れている部分を整える過程で起こるものなので、整体治療などの揉み返しと同じような症状だと考えて良いでしょう。

身体の中の不要なものや悪いものを排泄して起こる症状でもあることから、高麗人参が効いている証でもあるのです。
そのため、高麗人参で起こる一時的な体調の変化は副作用ではないのです。

体調の変化は一般的に1週間程度で治まり、長い方でも1ヶ月程度で治まると言われています。

また、このような変化は”好転反応”と呼ばれていて、身体が好転していくための変化なので副作用が起きたと勘違いして諦めてしまうと高麗人参の効果を期待することができなくなってしまいます。

焦ることなくゆっくりと高麗人参を身体に馴染ませていくことで本来の効果を期待していきましょう。

 

② 好転反応の対処法

好転反応の対処法

いくら好転反応とはいえ、副作用と捉えられてしまうこともあるくらい体調の変化が辛いと感じる方も多いようです。

そんなときには症状ごとに対処法を取り入れることでうまく好転反応と付き合っていきましょう。

対処法① 胃の調子が悪い場合

特に高麗人参を飲み始めたばかりのときは身体が慣れていない可能性があるので、飲む量を調節するのも1つの方法です。
例えば1日に1粒摂取している場合には1粒に、1粒の場合には1/2粒など摂取量を変えることで対応していきましょう。
また、今まで食前に摂取していたという方は摂取するタイミングを食後にずらすのもおすすめです。

対処法② 便秘になった場合

便秘になってしまった場合は夜、お休み前に摂取してみると良いでしょう。
また、摂取するときはたっぷりのお水と一緒に摂取するのがおすすめです。

対処法③ 眠気や倦怠感を感じる場合

便秘の対処法と同様にお休み前の摂取をおすすめします。
眠気を感じやすいという方は好転反応の働きにより、眠りにつきやすくなるでしょう。

対処法④ 症状があまりにも辛い場合

好転反応の症状があまりにも辛いという場合には1度摂取するのをやめるのも1つの方法です。
症状が落ち着いたらまた少量から摂取しはじめるなど、工夫することで高麗人参の成分を身体に馴染ませていくと良いでしょう。

 

③ 高麗人参の過剰摂取には要注意!

過剰摂取には要注意!

高麗人参はいくら副作用がないと言っても、過大に効果を期待して過剰摂取すると副作用と呼べる症状が現れてしまう場合があります。

主な症状は不眠や動悸、めまい、のぼせ、発熱、頭痛など血流に関係する症状を引き起こしてしまう場合が多いです。
特に高血圧の方が過剰摂取すると血圧が上昇し、心臓に負担をかけてしまう可能性があります。

また、アレルギーを持っている方も発疹やかゆみ、赤身などが出やすくなる可能性があるので、心配な方は事前にかかりつけの医師に相談しておくと良いでしょう。

 

 

おわりに

高麗人参は基本的に副作用はなく、安心して摂取できる成分となっています。

ただし、高麗人参の成分が身体に馴染むまでは好転反応として体調に変化が出る場合があるので、摂取量には気を付けなければなりません。

好転反応の症状が治まればじっくりと効果が実感できるようになってくるので、好転反応をうまく乗り越えることで高麗人参本来の効果を期待していきましょう♪

好転反応の症状が治まればじっくりと効果が実感できるようになってくるので、好転反応をうまく乗り越えることで高麗人参本来の効果を期待していきましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る