2017/03/01

ポリフェノールたっぷり♪おすすめのチョコ5選と、メリット・デメリット

ポリフェノールたっぷり♪おすすめのチョコ5選と、メリット・デメリット

身体のサビを取り除いてくれるポリフェノールは、身も心も健康でいたい方にとって欠かせない成分です。
そんなポリフェノールですが、実はチョコレートからも手軽に摂取することができるんです♪

そこで今回はポリフェノールたっぷりのおすすめチョコ5選と、メリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

毎日の生活にポリフェノールたっぷりのチョコレートを取り入れて、ポリフェノールの美容・健康効果を期待していきましょう♡

 

 

ポリフェノールたっぷりのおすすめチョコ5選

おすすめチョコ① 明治 チョコレート効果 カカオ72%

明治 チョコレート効果 カカオ72%

明治 チョコレート効果 カカオ72%

カカオポリフェノールたっぷりのチョコレートは苦いから食べにくいというイメージをお持ちの方も多いかと思います。
そんな方には明治のチョコレート効果がおすすめ♡

このチョコレートはカカオポリフェノールがたっぷりと含まれているのに、チョコレートの甘さもしっかりと感じられる商品なんです♪

また、1口サイズのチョコレートが1つずつ個包装されているので持ち運びにも便利です。

ポリフェノールたっぷりのチョコレートに抵抗があるという方は、まずはチョコレート効果からお試しあれ♡

 

おすすめチョコ② 明治 チョコレート効果 レーズン&アーモンド

明治 チョコレート効果 レーズン&アーモンド

明治 チョコレート効果 レーズン&アーモンド

同じくチョコレート効果シリーズの商品です。
こちらの商品にはレーズンとアーモンドがプラスされているので満足感アップ♡

レーズンの風味とアーモンドの歯ごたえがアクセントになるので、ちょっとお腹がすいたときやダイエット中のおやつにも最適です。

もちろんカカオポリフェノールもたっぷりと含まれています♪

 

おすすめチョコ③ マシュー カカオ70%ビターアーモンドチョコ

マシュー カカオ70%ビターアーモンドチョコ

マシュー カカオ70%ビターアーモンドチョコ

カカオ70%ビターアーモンドチョコは美容に良いと言われているアーモンドと、カカオポリフェノールが一緒に摂れる女性にはたまらないチョコレートです♡

アーモンドが入っているので腹持ちも良く、活性酸素で美肌へと導いてくれるので美しく痩せたいという方にはぴったりなチョコレートになるでしょう。

チョコレートだけだとついつい食べ過ぎてしまうという方にもおすすめです♡

 

おすすめチョコ④ GODIVA タブレット72%ダーク

GODIVA タブレット72%ダーク

GODIVA タブレット72%ダーク

高級チョコレート店のGODIVAからもカカオポリフェノールたっぷりのチョコレートが販売されています。

GODIVAのチョコレートはちょっぴりリッチな気分になれるので、リラックスしたいときやご褒美にもぴったり♡

カカオポリフェノールが多く含まれているチョコレートは硬いものが多いですが、GODIVAのチョコレートは口どけも滑らかなのでチョコレート好きな方にもきっと満足していただけるかと思います♡

 

おすすめチョコ⑤ 森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70%

森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70%

森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70%

カレ・ド・ショコラは1つ1つ丁寧に包まれているので高級感たっぷり♡
包装を開くとカカオの香りがふんわりと広がってリラックスさせてくれます。

個包装なのでお出かけのお供にも、小腹がすいたときにもぴったりの商品です♪

本格的なビターチョコレートなので苦味が苦手な方にもお楽しみいただけるかと思います♡

 

 

ポリフェノールが摂れるチョコのメリット・デメリット

ポリフェノールが摂れるチョコを食べる6つのメリット

ポリフェノールが摂れるチョコのメリット

メリット❶ 貧血予防に効果的

カカオポリフェノールは鉄分を多く含んでいるので、貧血でお悩みの方や鉄分が不足している方におすすめです。
また、ココアに含まれているココアポリフェノールにも抗酸化作用があるので、チョコレートココアにするとさらに効果を高めることができると言われています♪
これからの季節はホットチョコレートココアで身体を温めながら貧血予防をしていきましょう♡

メリット❷ 動脈硬化に効果的

動脈硬化を引き起こす原因の1つには活性酸素の影響で善玉コレステロールが酸化するという原因があります。
カカオポリフェノールには善玉コレステロールの酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化の予防にも効果的♡
血液をサラサラにすることで身体に必要な栄養を届けやすくなるので、動脈硬化以外の疾患の予防にも繋がるでしょう。

メリット❸ アンチエイジングに効果的

カカオポリフェノールにはアンチエイジングの大敵となる活性酸素を除去する働きがあります。
その効果は赤ワインの2倍、紅茶の45倍とも言われているのです。
カカオポリフェノールが持つ抗酸化作用の影響でお肌のうるおいがキープされ、いつまでも若々しい美肌をキープすることができるでしょう♡

メリット❹ 便秘解消に効果的

ポリフェノールは便秘解消には関係ないように思われがちですが、実はカカオにも食物繊維がたっぷりと含まれているのです♡
また、カカオに含まれているカカオプロテインはたんぱく質の1種で、小腸で消化吸収されずそのまま大腸に届くので便のカサを増やすことができます。
さらに腸内細菌のエサになって腸の働きを活発にすることができるので、スムーズに便を排泄することができるようになるのです♪
また、便秘が解消されると腸内環境が整い肌トラブルの予防や美肌効果にも繋がります♡

メリット❺ ストレスに効果的

イライラしているときやネガティブなとき、疲れているときにチョコレートを食べると気持ちが落ち着いてリラックスすることができます。
これは単純に甘いものを食べたからリラックスできるというわけではなく、カカオポリフェノールにストレスホルモンの分泌を抑える働きがあるのです♡
また、ストレスを感じる前にチョコレートを食べておくとストレスを感じにくくなるという研究結果もあるんだとか♡
ストレスを感じる前でもストレスを感じた後でも効果を期待できるなんてとっても魅力的ですね♪

メリット❻ アレルギーに効果的

アレルギーの発症にも過剰に分泌された活性酸素が関係しています。
つまり、抗酸化作用を持つカカオポリフェノールはアレルギーの改善にも最適な成分なのです♡
チョコレートなら小さなお子様でも取り入れやすいので、アレルギーの予防・改善にも活用しやすくなるでしょう♪

 

ポリフェノールが摂れるチョコを食べる3つのデメリット

ポリフェノールが摂れるチョコのデメリット

デメリット❶ 食べ過ぎると太る

カカオポリフェノールが多く含まれたチョコレートは脂質が多いので、普通のチョコレートよりもカロリーが高めです。
脂質の割合は40.7~53.5%程度で、普通のチョコレートと比べると1.2~1.5倍になります。
そのため、食べ過ぎた場合には太りやすくなってしまうというデメリットがあります。

デメリット❷ アレルギーがある人もいる

カカオポリフェノールが多いチョコレートにはカドミウムやニッケル、アフラトキシンなどが含まれている場合があります。
そのため、場合によってはアレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。
適量を守っていればアレルギーを引き起こすリスクも低くなるおと言われていますが、心配な方は医師に相談することをおすすめします。

デメリット❸ 頭痛を引き起こす可能性がある

カカオに含まれているカフェインには血管を広げる作用があるので、過剰摂取すると興奮したり頭痛を引き起こしてしまう可能性があります。
カフェインはチョコレートだけでなくお茶や紅茶、コーヒー、コーラなどにも含まれているので、このような飲み物を飲む習慣がある方は気づいたらカフェインを過剰摂取していた…ということにもなりかねないので特に注意が必要です。

 

 

おわりに

チョコレートは小さなお子様から大人まで老若男女問わず大人気のお菓子です。

そんなチョコレートでこんなにも嬉しい効果が期待できるだなんてとても魅力的ですよね♡

ただし、いくら身体に良いと言われているものでも食べ過ぎてしまうとデメリットの方が目立ってしまうので、くれぐれも食べ過ぎには注意してメリットだけを実感できるように心掛けていきましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る