2017/03/02

歯のホワイトニングしたい!と思ったら試してほしい、歯を白くする13の方法

歯のホワイトニングしたい!と思ったら試してほしい、歯を白くする13の方法

歯の白さはその人の印象を決めるとっても大切なパーツ。
歯が黄色いことがコンプレックスで人前で笑えない、口を隠してしまうという人も多いのではないでしょうか。

白い歯を手に入れることで自分に自信がつきますし、何より印象が良くなります♪
そこでおすすめなのが歯のホワイトニングです。

今回は歯のホワイトニングしたいと思ったら試してほしい、歯を白くする13の方法について紹介していきたいと思います。

  • お金をかけずに歯を白くする方法
  • 少しだけお金をかけて歯を白くする方法
  • お金に余裕がある人におすすめの歯を白くする方法

この3つに分けして紹介していくので、自分に合った方法を見つけてホワイトニングにお役立てください♡

 

 

お金をかけずに歯を白くする方法

歯を白くする方法① 着色汚れの原因をなくす

歯を白くする方法① 着色汚れの原因をなくす

色の濃い食べ物や飲み物を口にする習慣がある方は、着色汚れで歯が黄ばみやすくなってしまいます。
また、たばこのヤニによっても歯が黄ばんでしまうので、歯を白くしたいという方は禁煙するのも1つの方法です。

原因をなくすという方法であればお金は一切かからないので、誰でも今すぐチャレンジすることができるでしょう♪

 

歯を白くする方法② 乾いた歯ブラシで歯磨きをする

歯を白くする方法② 乾いた歯ブラシで歯磨きをする

歯磨きをするときに何気なく歯ブラシを濡らす方も多いかと思いますが、歯磨きをするときは歯ブラシは乾いたままの方がおすすめです。
歯ブラシが濡れていると歯磨き粉の泡立ちが良くなって短時間でも磨いた気になってしまいますし、歯磨き粉が濡れることで有効成分が歯につく前に流れてしまうとも言われています。

これではいくら良い歯磨き粉を使っていても歯磨き粉の効果が期待できなくなってしまうので、乾いたままの歯ブラシで歯を磨くようにしましょう。
歯ブラシを濡らしていた方は違和感を感じるかもしれませんが、乾いた歯ブラシで1本1本丁寧に磨くことで歯を白くすることができるでしょう。

 

歯を白くする方法③ 食後30分~1時間以内に歯を磨く

歯を白くする方法③ 食後30分~1時間以内に歯を磨く

昔は食後30分以内に歯磨きをすると言われていましたが、近年ではエナメル質を保護するために食後30分以降の歯磨きが推奨されています。
食後の30分間はエナメル質が柔らかくなっていて歯がダメージを受けやすくなっているので、エナメル質が元通りになる30分以降の歯磨きがベストタイミングです♡

またおすすめの歯磨き粉は「Be Sumileビースマイルトゥースホワイトニング」です。
あまり知られてませんが、実は芸能人も使ってるほどの人気のアイテムなんですよ♪

また、歯を白くする歯磨き粉についてはこちらも参考にしてみてください。

 

歯を白くする方法④ 野菜やフルーツを食べる

歯を白くする方法④ 野菜やフルーツを食べる

りんごに多く含まれているリンゴ酸という成分は自然の収れん剤になり、歯の表面に付着した汚れを取り除く働きがあります。
リンゴ酸はりんごだけでなく、たまねぎやにんじん、ブロッコリー、セロリ、オレンジ、チーズ、牛乳、ナッツ類などにも含まれています。

比較的多くの食材に含まれていて摂取しやすい成分になるので、意識して摂取することでホワイトニングに役立てていきましょう♪

 

歯を白くする方法⑤ 重層で歯を磨く

歯を白くする方法⑤ 重層で歯を磨く

重層の粒子は程よい硬さをしているので歯にかかる負担を抑えながら研磨効果を期待できます。
使い方はとってもシンプルで、いつも使っている歯磨き粉の上にひとつまみの重層をプラスするだけでOK♡

研磨効果があるので毎日の使用には向きませんが、定期的に重層を使って歯磨きをすると歯の表面の汚れを取り除くことができます。

 

 

少しだけお金をかけて歯を白くする方法

歯を白くする方法⑥ ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

歯を白くする方法⑥ ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

ホワイトニング効果のある歯磨き粉にはステイン汚れを浮き上がらせるための成分や、歯の表面に付着した汚れを落とす研磨剤が含まれています。

商品ごとに配合されている成分が異なるので多少の違いはありますが、どれもホワイトニングに特化している商品なので通常の歯磨き粉を使う感覚で歯を白くすることができます。

また、後程紹介するオフィスホワイトニングやホームホワイトニング後の白さをキープするためにホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うという方も多いです。

 

歯を白くする方法⑦ 歯のマニキュアを使う

歯を白くする方法⑦ 歯のマニキュアを使う

いますぐに白い歯を手に入れたいという方には歯のマニキュアがおすすめです。
歯のマニキュアなら、マニキュア感覚で歯に専用の液体を塗るだけで一瞬にして白い歯を手に入れることができます。

マニキュアなので効果は一時的なものですが、ドラッグストアでも購入できるので気軽にホワイトニングを楽しむことができるでしょう。
また、歯のマニキュアなら銀歯や差し歯を白くすることもできます。

 

歯を白くする方法⑧ 歯の消しゴムを使う

歯を白くする方法⑧ 歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムにはシリコンゴムや研磨剤が使用されています。
これによりはの汚れが気になる部分を消しゴム感覚でこするだけで白くすることができるのです。

ただし、ごしごしと磨きすぎると歯の表面が傷つき、着色しやすくなってしまうので要注意!
歯の消しゴムは特に汚れが気になる部分にだけ使用し、全体的に歯を白くしたい場合には他のホワイトニング方法と併用することで歯に負担をかけずに白くすることができるでしょう。

 

歯を白くする方法⑨ 歯のクリーニングをする

歯を白くする方法⑨ 歯のクリーニングをする

着色汚れは歯ブラシによるケアだけではなかなか取れるものではありません。
歯医者さんで専門の機械を使ってクリーニングを行えば、自分では落とせない着色汚れもキレイに落とすことができます。

また、歯周病の検査などを行って保険診療を受ければ金額は3,000円程度なので費用負担も少なくなり、同時に歯の健康状態も知ることができます。
ただし、たばこのヤニなどによる黄ばみ汚れになると1度で落とすことは難しいと言われています。

 

お金に余裕がある人におすすめの歯を白くする方法

歯を白くする方法⑩ オフィスホワイトニング

歯を白くする方法⑩ オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯の中にある色素を抜いて歯を白くする方法です。
歯医者さんで歯の表面に専用の薬剤を塗ってもらい、光を当てて薬剤を活性化させて脱色を行っていきます。

オフィスホワイトニングの効果は半年から1年程度なので、ホームホワイトニングやホワイトニング効果のある歯磨き粉を使って白さをキープしている方が多いです。

オフィスホワイトニングの金額は1本あたりにつき2,000~3,000円なので、上下20本で40,000~60,000円程度になります。

低価格で話題の「WhiteningBARホワイトニングバー

最近では、より低価格でできる「WhiteningBARホワイトニングバー」もおすすめです。
1回5,000円前後でできて効果もあるので、多くの芸能人やモデルの方も通ってるほど人気のホワイトニングになります。
安さの秘密はセルフでやること。
ほとんど自分でやるので恥ずかしくありませんし、痛くないのも特徴です。

 

歯を白くする方法⑪ ホームホワイトニング

歯を白くする方法⑪ ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは歯医者さんでマウスピースを作り、自宅でホワイトニングをするという方法です。
自宅でできるので忙しい方でもホワイトニングを続けやすく、薬剤さえ追加すれば自宅で何度でもホワイトニングを行うことがでいるので経済的な方法になるでしょう。

1~2週間程度の時間をかけてゆっくりと歯の色素を抜いていくので、ホワイトニングの効果は1~2年程度持続します。
また、金額も10,000~50,000円程度なので、お金に余裕がある方にはぴったりな方法になるのではないでしょうか♡

 

歯を白くする方法⑫ ダイレクトボンディング

歯を白くする方法⑫ ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは歯の表面にプラスチックを盛り歯を白くするという方法です。
特にピンポイントで気になる汚れがあるというときに効果的です。
また、ホワイトニングをしても部分的に変色が残ってしまうという場合や、セラミックをするほどでもないけど変色が気になるという方におすすめです。

ただし、プラスチックを使うのでセラミックのように一生変色しないというわけではなく、4~5年で徐々に変色し始めていくので定期的なケアが必要になります。

 

歯を白くする方法⑬ 歯石を除去する

歯を白くする方法⑬ 歯石を除去する

歯石には黄色や黒の色がついているので、歯についた歯石を落とすだけでも歯が白くなる場合があります。
歯石自体に色がついているという理由だけでなく、歯石により歯の表面がざらざらになることで着色汚れが付きやすくなり汚れのたまり場になって悪循環に陥ってしまいます。

また、歯石は歯周病に繋がるので歯の白さを健康を保つためにも定期的に除去することをおすすめします。
歯医者さんでの歯のホワイトニングは保険適用外ですが、歯石除去は保険適用になるのでおすすめです。

 

 

おわりに

毎日丁寧に歯磨きをしていても歯の汚れが気になるという方は、ぜひホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか?
自分に合った歯を白くする方法を取り入れることで、簡単に白い歯をキープすることができますよ♡

白い歯を手に入れることで自分に自信をつけていきましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る