2017/09/03

歯のホワイトニングしたい!と思ったら試してほしい、歯を白くする13の方法

歯のホワイトニングしたい!と思ったら試してほしい、歯を白くする13の方法

歯の白さはその人の印象を決めるとっても大切なパーツ。
歯が黄色いことがコンプレックスで人前で笑えない、口を隠してしまうという人も多いのではないでしょうか。

白い歯を手に入れることで自分に自信がつきますし、何より印象が良くなります♪
そこでおすすめなのが歯のホワイトニングです。

今回は歯のホワイトニングしたいと思ったら試してほしい、歯を白くする13の方法について紹介していきたいと思います。

  • お金をかけずに歯を白くする方法
  • 少しだけお金をかけて歯を白くする方法
  • お金に余裕がある人におすすめの歯を白くする方法

この3つに分けして紹介していくので、自分に合った方法を見つけてホワイトニングにお役立てください♡

 

 

お金をかけずに歯を白くする方法

歯を白くする方法① 着色汚れの原因をなくす

歯を白くする方法① 着色汚れの原因をなくす

色の濃い食べ物や飲み物を口にする習慣がある方は、着色汚れで歯が黄ばみやすくなってしまいます。
また、たばこのヤニによっても歯が黄ばんでしまうので、歯を白くしたいという方は禁煙するのも1つの方法です。

原因をなくすという方法であればお金は一切かからないので、誰でも今すぐチャレンジすることができるでしょう♪

 

歯を白くする方法② 乾いた歯ブラシで歯磨きをする

歯を白くする方法② 乾いた歯ブラシで歯磨きをする

歯磨きをするときに何気なく歯ブラシを濡らす方も多いかと思いますが、歯磨きをするときは歯ブラシは乾いたままの方がおすすめです。
歯ブラシが濡れていると歯磨き粉の泡立ちが良くなって短時間でも磨いた気になってしまいますし、歯磨き粉が濡れることで有効成分が歯につく前に流れてしまうとも言われています。

これではいくら良い歯磨き粉を使っていても歯磨き粉の効果が期待できなくなってしまうので、乾いたままの歯ブラシで歯を磨くようにしましょう。
歯ブラシを濡らしていた方は違和感を感じるかもしれませんが、乾いた歯ブラシで1本1本丁寧に磨くことで歯を白くすることができるでしょう。

 

歯を白くする方法③ 食後30分~1時間以内に歯を磨く

歯を白くする方法③ 食後30分~1時間以内に歯を磨く

昔は食後30分以内に歯磨きをすると言われていましたが、近年ではエナメル質を保護するために食後30分以降の歯磨きが推奨されています。
食後の30分間はエナメル質が柔らかくなっていて歯がダメージを受けやすくなっているので、エナメル質が元通りになる30分以降の歯磨きがベストタイミングです♡

またおすすめの歯磨き粉は「Be Sumileビースマイルトゥースホワイトニング」です。
あまり知られてませんが、実は芸能人も使ってるほどの人気のアイテムなんですよ♪

また、歯を白くする歯磨き粉についてはこちらも参考にしてみてください。

 

歯を白くする方法④ 野菜やフルーツを食べる

歯を白くする方法④ 野菜やフルーツを食べる

りんごに多く含まれているリンゴ酸という成分は自然の収れん剤になり、歯の表面に付着した汚れを取り除く働きがあります。
リンゴ酸はりんごだけでなく、たまねぎやにんじん、ブロッコリー、セロリ、オレンジ、チーズ、牛乳、ナッツ類などにも含まれています。

比較的多くの食材に含まれていて摂取しやすい成分になるので、意識して摂取することでホワイトニングに役立てていきましょう♪

 

歯を白くする方法⑤ 重層で歯を磨く

歯を白くする方法⑤ 重層で歯を磨く

重層の粒子は程よい硬さをしているので歯にかかる負担を抑えながら研磨効果を期待できます。
使い方はとってもシンプルで、いつも使っている歯磨き粉の上にひとつまみの重層をプラスするだけでOK♡

研磨効果があるので毎日の使用には向きませんが、定期的に重層を使って歯磨きをすると歯の表面の汚れを取り除くことができます。

1

2

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る