Yabiiiiii

肥満症とは?肥満症になる5つの原因と、恐ろしい3つの症状

肥満症とは?肥満症になる5つの原因と、恐ろしい3つの症状

肥満症はただの肥満とは違い「肥満が原因で病気になっている」ということなので、放置しておくと次々と健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで今回は肥満症になる5つの原因と、恐ろしい肥満症の症状3つについて紹介していきたいと思います。

肥満が原因で引き起こされている病気は、肥満症を治すことで改善できることが多いと言われています。
肥満症の原因や症状を知ることで予防に繋げていきましょう。

 

 

肥満症になる5つの原因

肥満症の原因① 体重調整のメカニズム

肥満症の原因① 体重調整のメカニズム

体重はエネルギーの摂取量とその消費量とのバランスで決まります。
エネルギーは食事から摂取され、基礎代謝や食事を摂取するときの熱生産、生活活動や運動により消費されていきます。

私たちの身体はこのバランスが維持されていて、体重が大きく変動しないように調節されています。
そのため体重が減ると食欲がわき、反対に体重が増えると食欲が低下してエネルギーの消費が増加するようになっているのです。

近年ではこのようなエネルギーバランスの調節にさまざまな因子が関わっていることがわかっています。

満腹中枢に働きかけるレプチン

例えば、食欲の調節には脂肪組織から出ているレプチンというたんぱく質が重要な役割を担っていて、レプチンは脳の視床下部にある満腹中枢に働きかけて食欲を抑える働きがあるため、レプチンがなくなると肥満症になる傾向があるということがわかっているんだとか。

食欲を促進させるグレリン

また、胃から生産されているグレリンというたんぱく質が視床下部に働きかけ、レプチンとは反対に食欲を促進させることもわかっているそう。
つまり、「腹ペコ」になって食欲がわくしくみはグレリンによるものだったのです。

この2つのバランスが崩れると肥満に

このグレリンがレプチンより多く分泌されてしまうと、お腹がすく⇒食べ過ぎてしまう⇒肥満症になる原因と考えられます。

 

肥満症の原因② 遺伝・環境

肥満症の原因② 遺伝・環境

肥満症に限らず、さまざまな病気が起こる原因は“遺伝”と“環境”の両方が関係していると言われています。

肥満症に関しても私たち人類の歴史のほとんどが飢餓や寒さの戦いであり、確保したエネルギーを脂肪として蓄える身体の仕組みが発達したため、肥満遺伝子(倹約遺伝子)が保存されてきたと考えられています。

今のところ遺伝因子については複数の遺伝子の関与が明らかになっているので、遺伝子を調べることで肥満になりやすい体質かどうかをある程度判断できるようになっています。
しかし、高い確率で肥満を予測できるというわけではありません。

肥満症は“環境”の影響が大きい

一般的には肥満症の原因には、環境因子の方が深く関係していると考えられています。
環境因子は主に食べ過ぎや間違った食べ方、運動不足などポイントです。

食べることに不自由しておらず、運動量が少ないという欧米型のライフスタイルが浸透することで、環境因子が原因の肥満症が日本人にも増加しているのです。

 

肥満症の原因③ 食べ過ぎ

肥満症の原因③ 食べ過ぎ

本来であれば、私たちの身体は先ほど紹介したレプチンなどの働きにより、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎないような仕組みになっています。
遺伝子的にレプチンに異常があって肥満症になるということもごく稀な話で、むしろ肥満症の多くの人はレプチンが増えていることがわかっています。
そのため、おそらくレプチンの働きや満腹中枢の機能がなんらかの影響で障害されているものだと考えられています。

ストレスによる食べ過ぎが多い

食べ過ぎてしまうきっかけとしてはストレスが大きいと考えられていて、強いストレスがかかると身近にある食べ物を手あたり次第に食べてストレスを発散しようとする「気晴らし食い症候群」というものがあります。
肥満症の人の多くが、食べて食べてストレスを発散していることがわかっています。

さらに食べ過ぎが続いて胃が大きくなると、たくさん食べなければ満腹感が得られなくなってしまうというのも問題です。
そうなるとさらに食べ過ぎて肥満症が進行する原因になってしまいます。

 

肥満症の原因④ 間違った食べ方

肥満症の原因④ 間違った食べ方

以外にも肥満症の多くの人は食べ過ぎではないということがわかっているんだとか。
このような場合、食べる量よりも食べ方に問題があると考えられます。

食事回数が少ない人ほど肥満に

食事の回数と肥満との関係をみていくと、食事回数が少ない人ほど太りやすいのです。
つまり、朝食を抜いて夕食を多く食べるような「かため食い」は食事で食べたもの栄養が吸収されやすく、過剰にエネルギーをもたらすことで肥満に肥満症になりやすくなってしまうのです。

また、食事の回数が減ることで食事の際に発生する熱生産が減ることも肥満症の原因だと考えられています。
朝食を抜かずに1日3食がベスト。

 

肥満症の原因⑤ 運動不足

肥満症の原因⑤ 運動不足

運動不足は血糖値を下げる働きを持っているインスリンというホルモンの働きを低下させてしまい、血糖値を正常に保つために必要なインスリンの量を増やしてしまいます。

この時に分泌されるインスリンは血糖値を下げる力は弱いのに、脂肪を作る作用は弱まっていないので身体のなかで余分なエネルギーを脂肪に変えることを促進させてしまうのです。

さらに運動不足は筋肉量を減らして基礎代謝で使われるエネルギーまでも少なくしてしまいます。
また、脂肪合成酵素の働きも高まってしまうので、脂肪が作られやすい環境になってしまうのです。

 

 

恐ろしい!肥満症の症状3つ

肥満症の症状① 筋骨格系障害

肥満症の症状① 筋骨格系障害

肥満症になると腰痛やひざの痛みなどの筋骨格系の症状が出てきます。
また、ひざの関節の中にある軟骨がすり減り、関節がなめらかに動かなくなったり、ひざを動かすと痛みが出るなどの変形性膝関節症を引き起こす場合もあります。

 

肥満症の症状② 息切れ

肥満症の症状② 息切れ

体重が増加して身体が大きくなればその分、多くの酸素が必要になります。
身体に十分な酸素を送り届けようとして心臓が活発になると痩せている人よりも心臓にかかる負担が大きくなってしまうのです。
その結果、心臓の働きが弱まって身体の中に酸素が十分に行きわたらなくなると外から酸素を取り入れようし、呼吸が活発になることで息切れが起こりやすくなります。

 

肥満症の症状③ 睡眠時無呼吸症候群

肥満症の症状③ 睡眠時無呼吸症候群

のどの周りの空気の通り道が狭まることで睡眠時無呼吸症候群になってしまいます。
肥満症になると舌を含め、上気道の軟部組織も増えるので起動が狭くなり、腹部肥満などによる呼気予備量や機能的残気量に代表されている肺機能が低下してしまうからです。

また、細胞組織から分泌されているレプチンには呼吸刺激作用がありますが、肥満症になるとレプチン抵抗性になってしまい、高二酸化炭素血症を引き起こしやすいとも言われています。

 

 

肥満症には2つのタイプがある

また、肥満症には皮下脂肪型と内臓脂肪型の2つのタイプがあります。
その見た目から皮下脂肪型は「洋ナシ型」、内臓脂肪型は「りんご型」と呼ばれることもあります。

 

肥満症のタイプ① 皮下脂肪型 ⇒「洋ナシ型」

肥満症のタイプ① 皮下脂肪型 ⇒「洋ナシ型」

名前の通り皮下脂肪が多いタイプの肥満症です。
お尻や下腹部、太ももなど下半身を中心に脂肪がついていきます。

主に女性に多いタイプのもので、下半身の脂肪は出産や妊娠時に必要なエネルギーになります。
そのため、むやみに皮下脂肪を減らすことは控えるようにしましょう。

 

肥満症のタイプ② 内臓脂肪型 ⇒「りんご型」

肥満症のタイプ② 内臓脂肪型 ⇒「りんご型」

内臓の周りに脂肪がつくタイプの肥満症です。
メタボリックシンドロームの原因にもなるもので中年の男性に多く見られますが、もちろん女性も内臓脂肪型の肥満症になります。

また、内臓脂肪型の肥満症は糖尿病や腎臓病、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、痛風、脂質異常症、脂肪肝、睡眠障害、月経異常などの病気を引き起こす根本的な原因の1つだと言われています。

 

 

おわりに

肥満は「身長に比べて体重が思い」状態ですが、肥満症は「肥満が原因で病気になっている」状態なので、肥満症と診断された場合には一刻も早く肥満症を改善していく必要があります。

肥満症さえ解消することができれば病気の予防・改善にも役立つので、今回紹介した原因に1つでも心当たりがあるという方はその習慣を見直して肥満症の予防に役立ててみてはいかがでしょうか。

肥満症の方に病院で処方される漢方「防風通聖散
病院だけでなく、市販されていたりもします。

防風通聖散にはいろんな種類がありますが、おすすめは「生漢煎」です。
効き目の目安である“有効成分”の配合量が多くコスパも◎

病院には行きたくないけど、そろそろヤバいかも?と思ったら防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)をお試しあれ。

病院には行きたくないけど、そろそろヤバいかも?と思ったら防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)をお試しあれ。

関連記事

Yabiiiiii編集部

Yabiiiiii編集部

投稿者プロフィール

今話題のあんな事やこんな事を紹介してます。

Pick up!!

  1. 巨乳になりたい♡と思ったら試してほしい胸を大きくする8つの方法

    巨乳になりたい♡と思ったら試してほしい胸を大きくする8つの方法

    胸を大きくする8つの方法をざっくり解説 生活習慣を見直す 自分に合ったブラジャーを選…
  2. コンブチャ(紅茶キノコ)の女性に嬉しい5つの効果♡ダイエット効果も♪

    コンブチャ(紅茶キノコ)の女性に嬉しい5つの効果♡ダイエット効果も♪

    ハリウッドセレブが愛飲していることで話題になり、じわじわと人気を集めているコンブチャ。 近年では日…
  3. 黒ずみ乳首よ、さようなら~!かわいいピンク乳首になる方法をおしえちゃいます♪

    黒ずみ乳首よ、さようなら~!かわいいピンク乳首になる方法をおしえちゃいます♪

    乳首の色ってデリケートな問題で、乳首の色に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 乳首の色っ…
  4. まつげ美容液で効果があるオススメは?女子が選ぶ口コミランキング

    まつげ美容液で効果があるオススメは?女子が選ぶ口コミランキング

    「まつげ美容液ってたくさんあるけど、一番効果があるのはどれ?」 「まつ毛美容液の商品が多すぎてどれ…
  5. 万田酵素プラス温を実際に無料で試してみた!口コミと効果

    万田酵素プラス温を実際に無料で試してみた!口コミと効果

    最近CMなどでよく目にする「万田酵素プラス温」 植物発酵食品で、生姜などの54種類もの植物性原…

おすすめ記事

  1. 防風通聖散の5つの効果・効能と副作用!おすすめ7商品を比較してみた!
    防風通聖散ぼうふうつうしょうさんは発汗や利尿、便通作用があるということでダイエットに役立つと人気の漢…
  2. コンプレックスよさようならーーー!足裏の汗を止めて今から生まれ変わるんです☆
    普段足裏の汗は、靴を履いていると自分しか気づかないですが、本人は靴の中が蒸れてヌルヌルしたりしている…
  3. ダイエットに◎スピルリナの10の効果・効能と7の副作用
    美容や健康に嬉しい効果を与えてくれるスーパーフード。 今ではたくさんのスーパーフードが話題を集めて…
  4. 雑誌などで特集されるほど、話題になってる「マユライズ」。 高校時代などに抜きすぎてなくなった眉…
  5. グリーンスムージーで有名なナチュラルヘルシースタンダード
    楽天市場のランキング上位で、ずっと気になってたミネラル酵素グリーンスムージー …
  6. 女性の薄毛の原因は「エストロゲン」の減少!?エストロゲンを増やすにはサプリメントがいい?!
    美のホルモンとも呼ばれている「エストロゲン」 髪の美しさ、肌の美しさを作り…
  7. 葉酸サプリ副作用がないおすすめは?妊娠中に葉酸を摂取するべき時期と摂取量、その効果・効能
    「葉酸サプリの副作用が気になります。」 「葉酸サプリ 副作用の心配がないおすすめはどれ?」 妊娠…
  8. 敏感肌の人でも使えちゃう♪ニキビに効く化粧水の選び方 6つのポイント
    「ニキビに効く化粧水が欲しいけど、新しい化粧水は肌荒れしそうで不安」 「ニキビに効く化粧水は刺…
  9. 米国からの刺客!ロべクチン(ROVECTIN)。最強の保湿クリームの効果・効能がヤバい!
    あの元KARAの「ニコル」も使ってる♪♪ 日本で唯一、ロべクチンの正規品を購入できる通販はこちら。…
  10. やっぱり植物性が一番♡市販のボタニカルシャンプーおすすめ8商品とその魅力
    今話題のボタニカルシャンプー。 流行っているから使っているという方も多いかと思いますが、まだま…

Category

○○な話

  1. 素敵すぎる!妻がミッション:インポッシブル風に報告。夫へのメッセージにほっこり♡
    いつも帰宅が遅い旦那さんがいる家庭では、夫婦の会話がついついおろそかになってしまう…。 そんな…
  2. 赤ちゃんを抱いて講義をする大学教授。なぜ?世界中の母親が賞賛した理由とは…?
    「大学教授」といえば、どんな人をイメージしますか? 厳しいイメージ 怖いイメージ 口う…
  3. 北斗晶が乳がんを告白したとき、永遠のライバル達からの言葉がジーンと心に響く。
    9月23日、タレントの北斗晶(48)がブログを更新しました。 そのなかで自分が乳がんであることを発…
ページ上部へ戻る