2016/08/19

太りにくい体を取り戻す!手っ取り早く「基礎代謝」を上げる方法5つ

太りにくい体を取り戻す!手っ取り早く「基礎代謝」を上げる方法5つ

基礎代謝が活発で、いつ、何を食べても、太らなかったのは若い頃の話。

30歳を過ぎたころからだんだんと代謝が悪くなり、日々の食生活やエクササイズなどの努力をしないと、「食べた分だけ肉が…」という悲しい結果になりかねませんよね。

と、いっても過度なダイエットをすると体調を崩し、逆に代謝を下げる原因にもなりかねません!!

そんなみなさまに、アメリカの女性向けサイト『POPSUGAR』の情報をもとに、下がってしまった基礎代謝を健康的かつ効果的にすばやく上げる5つの方法をご紹介していきます。

 
 

手っ取り早く基礎代謝を上げる5つの方法

 

①噛む回数が多い、噛みごたえのある食べ物を食べる

噛む回数が多い、噛みごたえのある食べ物を食べる

食物繊維が多く含まれる全粒粉パンや、根菜類などの硬めの野菜・果物などを食べるとき、口の中で噛んで体内で消化するまでに時間がかかります。

しかし、消化する時間がかかるだけ、およそ約10%も摂取カロリーの燃焼率がアップするそうです!

できるだけ柔らかいものを選ばないようにして、噛みごたえのある食べ物を意識的に選びましょう。

 

②低脂肪のたんぱく質を摂取する

低脂肪のたんぱく質を摂取する

鶏のササミやむね肉、白身魚など、低脂肪の動物性たんぱく質は、多くのエネルギーを使い消化するため、カロリーの燃焼率が上がるそうです。

 

③食前に簡単な運動を

食前に簡単な運動を

食前に腕立て伏せを20回位すると、1日に200カロリー程多くエネルギーを燃焼できるそうです。

もっとたくさんのエネルギーを燃焼させるには、筋肉を鍛えるような運動が効果的なので

日中会社にいてる場合などは、昼食前に階段を上がり下がりするなどの運動が適しています。

 

④緑茶や水を飲む

緑茶や水を飲む

緑茶に含まれる抗酸化成分である『カテキン』は、エネルギーの燃焼率アップさせる働きがあるそうです。

食事の際や仕事の休憩時間には緑茶や水を意識的に飲みましょう。

また、体内が水分不足になると基礎代謝量が落ちるそうなので、お茶に限らずこまめに水分補給をしましょう。

 

⑤定期的に気分転換をする

定期的に気分転換をする

ストレスが蓄積してくると、空腹時ではなくても間食してしまいがちです。

暴食防止などをしない為に、仕事の合間なら数分程度ストレッチをしたり歩くなど、定期的に少しでいいので休憩時間をとって気分転換しましょう。

座りっぱなしで1時間デスクワークをしているだけで、脂肪を燃焼する酵素が90%も減少してしまうらしいですよ!

 
 

おわりに

効率的にかつ健康的に基礎代謝量をアップさせる簡単な方法をご紹介しましたが、どうでしたか?

基礎代謝は加齢とともに落ちてくるきますが、逆に加齢とともにたまってくる脂肪…。

日々の生活の中で小さな部分にも意識を向けて、努力を重ね悪循環を防いでいきましょう!

日々の生活の中で小さな部分にも意識を向けて、努力を重ね悪循環を防いでいきましょう!

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る