2017/01/21

子供の身長を伸ばすなら運動は何がいい?データからみるおすすめのスポーツ3選

子供の身長を伸ばすなら運動は何がいい?データからみるおすすめのスポーツ3選

子供の身長を伸ばすには毎日の食事で必要な栄養素を補給したり、質の良い睡眠をとることが大切だと言われています。

そしてさらに運動をプラスすることで身長が伸びやすくなるとも言われているのです。
そこで今回は子供の身長を伸ばすためにおすすめの運動3選を紹介していきたいと思います。

運動なら親子で一緒に楽しむことができるので、子供の身長を伸ばしたいという方はお子さんと一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?♡

 

運動で身長が伸びる理由とは?

運動で身長が伸びる理由とは?

筋肉を使う運動をすると運動開始15分から運動の3時間後まで成長ホルモンが多く分泌すると言われています。

この成長ホルモンは骨端線に働きかけて身長を伸ばす働きがあると言われているので、運動をすることで身長を伸ばすことができるのです。

 

 

子供の身長を伸ばすおすすめの運動

身長UP運動① 縦に動く運動

身長UP運動① 縦に動く運動

縦に動く運動と言えばバスケットボールやバレーボールです。
このような運動に共通するのが「ジャンプをする」ということです。

ジャンプすることで骨が縦方向に刺激され、成長ホルモンが分泌されやすくなると言われています。

こちらのデータを見ると、実際に男性のバスケットボール選手は平均で191.6cm、女性でも177.1cmという高身長の人が多く、バレーボール選手も男性平均で190.5cm、女性なら175cmとなっています。

また、ジャンプをするという意味では縄跳びも手軽に取り入れられる運動になるでしょう。
ただし、バスケットボールやバレーボールと比べると動きが単純なので身体や脳がすぐに慣れてしまう可能性が高くなります。

その点、バスケットボールやバレーボールなら自然と複雑な動きができ、常に新鮮な刺激を骨に与えることができるため身長を伸ばす運動にも最適だと考えられているのです。

 

身長UP運動② 有酸素運動

身長UP運動② 有酸素運動

比較的長時間続けることができる負荷が軽い運動のことを有酸素運動と言います。
身近なもので言えばウォーキングやジョギング、水泳、ダンスなどが有酸素運動になります。

有酸素運動をすると血液中に血流を良くしたり成長ホルモンの分泌を促進させてくれる一酸化窒素という物質が増えます。

血流が良くなれば栄養素が身体全体に行きわたりやすくなりますし、成長ホルモンが増えれば身長も伸びやすくなるのでまさに身長を伸ばしたい子供には最適な運動なのです。
また、ウォーキングやジョギングであれば道具を用意する必要もないので、思い立ったときにすぐにチャレンジできるというのも魅力的ですね♡

もちろんこのような有酸素運動は健康にも良いと言われているのでご家族でウォーキングやジョギングをするのもおすすめです。

 

身長UP運動③ 無酸素運動

身長UP運動③ 無酸素運動

有酸素運動に対し、無酸素運動は筋トレや短距離ダッシュなどのような強めの負荷をかける運動のことです。
この無酸素運動を行うことで身体の中に乳酸という物質が発生しやすくなると言われています。

しかし、筋トレをしすぎると身長が伸びにくくなるという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
実際にスピードスケート選手や体操選手など極端に身体を鍛えている人は身長が低い傾向にあります。

これはそれぞれの競技に必要な筋肉を鍛えているからなのですが、成長期の子供が同じように強い負荷を与える運動を続けていると筋肉や軟骨を損傷させる危険性があると考えられています。

このようなことからわかるように一見すると無酸素運動は不向きに思われがちですが、無酸素運動により発生する乳酸は成長ホルモンの分泌を促す働きがあると言われているのです。

つまり、負荷をかけすぎず程よい負荷の筋トレであれば全身がバランス良く鍛えられて身長を伸ばす効果も期待することができるというわけなのです。

もちろん筋トレ後の筋肉は疲れている状態なので筋トレを行う場合は必ず疲労回復のためのストレッチも行うようにしましょう。
筋トレの内容としては体育の時間に行うような腕立て伏せや腹筋、背筋などがおすすめです。

 

運動をする時期とおすすめの内容

運動をする時期とおすすめの内容

運動嫌いの子供が好きでもない運動をしてストレスをためるよりは、自分の好きな運動を定期的に長く続けることの方が大切だと言われています。

ただし、好きな運動でも一部の筋肉だけに負荷がかかるような運動や運動後に疲れ切ってしまうような激しい運動だと骨の成長を妨げてしまう場合があるので注意しなければなりません。

また、運動は身長を伸ばすだけでなく子供の成長には必要不可欠なものだと考えられています。
幼児期には手足を使うことで脳の発達にも繋がりますし、幼児期を過ぎると心肺機能を高める効果があると言われています。

そのため、身長に関係なく幼児期から運動をする習慣を付けておくことをおすすめします。
特に身長の伸びに関しては思春期に著しくなることが多いので、思春期が終わるまでの期間は運動を続けておいた方が良いでしょう。

もちろん健康面から考えると思春期を過ぎた後でも適度な運動を続けておいた方が良いでしょう。

 

 

おわりに

運動は骨に適度に刺激を与え、成長ホルモンの分泌を促してくれるので身長を伸ばしたい方には特におすすめの方法になります。

もちろん運動をするだけで急激に身長が伸びる可能性は低いので、運動を始めると同時に毎日の食生活や睡眠にも気を遣っていきたいものです。

子供の身長を伸ばしたいという方はご自身の健康のためにも一緒に運動を始め、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?♡

子供の身長を伸ばしたいという方はご自身の健康のためにも一緒に運動を始め、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?♡

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る