まんこ(アソコ)の臭いを抑える洗い方5の注意点と、正しい5の洗い方

まんこ(アソコ)の臭いを抑える洗い方5の注意点と、正しい5の洗い方

あなたは普段、アソコを洗うときどのようにして洗っていますか?
今さら聞けないことだけど正しい洗い方を知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はアソコの臭いを抑える洗い方の5の注意点と、正しい5の洗い方紹介していきたいと思います。
正しい洗い方をすることで臭いの軽減にも繋がるので、臭いが気になるという方も必見です!

 

間違った洗い方を続けているとどうなる?

間違った洗い方を続けているとどうなる?

間違った洗い方を続けていると以下のようなことが。

  • アソコの臭いが悪化する
  • すそわきがが悪化する
  • おりものが大量に出るようになる
  • 摩擦でアソコが黒ずむ
  • 皮膚が切れてけがをする
  • 雑菌が繁殖して性病や感染症のリスクが高まる
  • 悪玉菌が増殖してカンジタ膣炎や細菌症膣炎のリスクが高まる

膣内にはいくら自浄作用があると言っても間違った洗い方をしていてはこのように臭いや黒ずみ、病気の原因になってしまいます。
元の状態に戻すためには苦労するのがほとんどなので、アソコの正しい洗い方を身につけることで予防へと繋げていきましょう。

 

アソコの臭いを抑える正しい洗い方の5の注意点

 

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点①デリケートゾーン専用のソープで洗う

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点① デリケートゾーン専用のソープで洗う

普段、膣内は雑菌が入り込まないように酸性で保たれていて、一般的なボディーソープは汗や余分な皮脂を洗い流すために強い洗浄力のあるアルカリ性良いのものが多いため、酸性のアソコを、アルカリ性のボディソープで洗ってしまうと洗浄力が強すぎて“洗いすぎ”になってしまうのです。
洗いすぎはアソコの乾燥を招いて、お肌を保護するために多くの皮脂や汗を分泌させるようになります。
皮脂や汗は全てお肌の常在菌に分解されて臭いを放つため、アソコの臭いを悪化させる原因になってしまうのです。
また、ボディーソープが膣内に入り込めば膣内を守っているおりものまで洗い流してしまうため、おりもの量が増えたり悪玉菌が増殖することで細菌性膣炎などのリスクを高めることになってしまいます。
このような点からみてもデリケートゾーン専用のソープは弱酸性のお肌に優しい成分でできているため、アソコを洗うには最適なソープになるのです。
近年ではドラッグストアでの取り扱いも増えてきていますが、購入するのが恥ずかしいという方は通販で購入するのがおすすめです。

 

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点②丁寧に優しく洗う

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点② 丁寧に優しく洗う

アソコはデリケートゾーンと呼ばれているように、とってもデリケートな部分なのでボディータオルでごしごし洗うのはもってのほか。
臭いが気になるときは特にボディータオルなどを使ってごしごしと洗ってしまいがちですが、細かい溝にはボディータオルが入らないので結果的に十分に洗うことができず汚れや恥垢ちこうが溜まる原因になってしまいます。
また、強くこすって洗うような洗い方は摩擦による刺激でアソコが傷つく原因になってしまい、このような洗い方を続けていてはアソコが傷つくだけでなく、黒ずむ原因になってしまうでしょう。
さらにボディータオルを押し付けるように洗っていると膣内にまでソープが入り込んで膣内の善玉菌まで洗い流し、臭いやおりものが増える原因になってしまいます。
そのため、アソコを洗うときは指の腹を使って優しく洗うことがポイントになるのです。
女性の場合は爪が長い方もいるかと思いますが、爪が長すぎるとアソコを傷つける原因になってしまうので特に注意して洗うように心がけてください。

 

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点③膣内は洗わない

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点③ 膣内は洗わない

特に臭いやおりものが気になる場合、膣内まで念入りに洗っているという方が多いかと思いますが、ボディソープで膣内まで洗うのは避けてください。
膣内までボディソープで洗っていると膣内にある必要な常在菌まで洗い流し、あらゆるトラブルを引き起こす原因になってしまいます。
だからと言ってそのままにしていると、膣内にはおりものなど粘着性の高いたんぱく質性の汚れが多く付着しているため、雑菌が増える原因になってしまいます。
オリモノのようなたんぱく質性の汚れはお水だけでは洗い流すことができず、ソープでは洗浄力が強すぎるため、膣内専用の洗浄剤を使ってキレイに洗い流していく必要があります。

 

 

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点④ぬるま湯で洗う

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点④ ぬるま湯で洗う

特に冬場など寒い季節はシャワーの温度もあがりがちで、ついついそのままの勢いで熱いお湯でアソコを洗ってはいませんか?
熱いお湯はデリケートゾーンには刺激が強すぎて、必要な皮脂まで洗い流す原因になってしまいます。
ソープの泡をしっかりと洗い流すのは大切なことですが、必要な皮脂は残したままにしなければ乾燥の原因になってしまいます。
アソコを洗うときはぬるま湯を使って優しく洗い流すようにしましょう。

 

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点⑤生理中は特に優しく洗う

アソコの臭いを抑える洗い方の注意点⑤ 生理中は特に優しく洗う

普段でもデリケートなアソコは、生理になるとさらにデリケートな状態になります。
皮膚を傷つけないようにいつも以上に優しく洗うように心がけていきましょう。
また、生理が終わりかけている頃ならビデやシャワーを使って膣内に残っている血液を軽く洗い流すのも良いでしょう。
しかし、基本的には指を入れてまで膣内を洗う必要はありません。

 

まんこ(アソコ)の臭いを抑える♡正しい5の洗い方

まんこの臭いを抑える正しい洗い方①まず専用ソープを泡立てる

まんこの臭いを抑える正しい洗い方① まず専用ソープを泡立てる

アソコを洗うときは指で洗うのではなく、ソープの泡で洗うのがポイントになります。
泡立てネットを使ってしっかりと専用ソープを泡立てていきます。
かたい泡の方が洗いやすくなるので、少量の水で泡立てると◎

 

 

まんこの臭いを抑える正しい洗い方②はじめに陰毛いんもうを洗う

まんこの臭いを抑える正しい洗い方② はじめに陰毛いんもうを洗う

アソコを洗うときは前の方から洗うのが基本です。
陰毛は皮脂や汗、経血、おりものなどが付着してなにかと不衛生になりやすいものです。
根元のお肌をマッサージするように洗い、最後に軽く毛の流れに逆らうように陰毛を引っ張るようにしましょう。
陰毛も周期的に生え変わるものなので、このときに抜ける毛は抜いてしまえば下着につく抜け毛を抑えることができます。

 

まんこの臭いを抑える正しい洗い方③クリトリスを洗う

まんこの臭いを抑える正しい洗い方③ クリトリスを洗う

クリトリスは特に皮の中に汚れが溜まりやすい場所です。
とても繊細な部分なので洗いにくい部分でもありますが、念入りに洗って傷つけてしまうようなことがないようにしましょう。
指の腹を使って軽く洗っていきますが、ちょっとでも痛みを感じた場合にはそこまで無理に洗う必要はありません。

 

まんこの臭いを抑える正しい洗い方④ビラビラを洗う

まんこの臭いを抑える正しい洗い方④ ビラビラを洗う

ここはアソコの中でも1番汚れが溜まりやすく、ビラビラの間に汚れが溜まっていることが多いです。
間に汚れが溜まっているとお湯だけではなかなか洗い流すことができないので、指の腹を使って優しく洗っていきましょう。
ここでしっかりと洗えていないと恥垢ちこうが溜まり臭いや病気の原因になってしまうため、ゆっくりとて丁寧に洗っていきましょう。

 

 

まんこの臭いを抑える正しい洗い方⑤お湯で洗い流す

まんこの臭いを抑える正しい洗い方⑤ お湯で洗い流す

全体が洗えたら最後はお湯で専用ソープを洗い流していきます。
ソープが残っているとあらゆるトラブルの原因になってしまうので、最後まで気を抜かず念入りに洗い流します。
前から後ろにかけてしっかりとすすいで恥垢などを流していきましょう。
シャワーの水圧が強すぎるとアソコを傷つける原因になってしまうため、デリケートゾーンを洗う場合には水圧にも注意してください。

 

おわりに

私たちの身体からは体臭が発せられていて、デリケートゾーンも男女共に無臭ということはありません。
もちろん普段からアソコを清潔に保つというのは大切なことですが、多少は臭いがするのが自然なことです。
逆に臭いが気になるからと言って必要以上に洗っていては臭いを悪化させる原因になってしまうので、くれぐれも洗いすぎには注意しましょう。
正しい洗い方を身に着けて必要なものは残しながら清潔感を保つことで臭いや病気の予防へと役立てていきましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る