市販のビタミンC配合化粧水⑧ドクターシーラボ VC100エッセンスローション

ドクターシーラボのビタミンC誘導体配合化粧水は、APPSを高濃度200%も配合している化粧水です。
とろみのあるローションタイプの化粧水なのでお肌に吸い付くように浸透し、しっかりとうるおいを与えてくれます。

また、ビタミンC誘導体以外にも3種類ものフルーツ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸や19種類ものアミノ酸を贅沢に配合しているので、年齢肌にもしっかりと栄養を与えてくれます。
アルコール・パラベンフリーなので敏感肌の方でも安心して使い続けることができるでしょう♡

 

 

通販限定のビタミンC配合化粧水①サイクルプラス エンリッチローション

サイクルプラス エンリッチローション

サイクルプラス エンリッチローション

サイクルプラスの化粧水は高浸透性のビタミンC誘導体であるAPPSが配合された2剤式の高機能化粧水です。
また、エンリッチローションはビタミンC誘導体だけでなくエイジングケア成分としてストレスや紫外線からお肌を守ってくれる抗酸化効果を持つビタミンEヒアルロン酸EGF/FGF様ペプチドも配合されています。

肌トラブルでお悩みの方は、ビタミンC誘導体をはじめとした美容成分たっぷりの贅沢な化粧水でスペシャルケアを始めてみてはいかがでしょうか?♡

 

通販限定のビタミンC配合化粧水②グラングレース ローション

グラングレースのこちらの商品は、高浸透性の両性ビタミンC誘導体であるAPISを配合した化粧水です。
ビタミンC誘導体以外にも保湿成分であるヒアルロン酸や抗酸化成分であるビタミンEを配合しているので、お肌のキメを整えながらハリとうるおいを与えてくれます。

高い保湿効果が期待できるので乾燥からくるしわやたるみ、くすみなど年齢肌でお悩みの方にもおすすめの商品です♡

 

通販限定のビタミンC配合化粧水③ビーエスコスメ アプレシエ1%化粧水

ビーエスコスメのこちらの商品はAPPSの配合率を公開していることでも話題の化粧水です。
プチプラなのに効果抜群!APPSが1%も配合されているので、ビタミンC誘導体の効果をしっかりと期待したいという方には最適な商品になるでしょう。

こちらの商品は手持ちの化粧水やお水にAPPSの粉末を混ぜて化粧水を作るキットなので、普段使っている化粧水にプラスするだけで良いというお手軽さも魅力♡
また、プチプラなので高濃度なビタミンC誘導体の効果を試してみたいという方にもおすすめの商品になっています。

 

 

通販限定のビタミンC配合化粧水④ドクターケイ ビタミンC誘導体化粧水 ケイカクテルVローション

ドクターケイ ビタミンC誘導体化粧水 ケイカクテルVローション

ドクターケイ ビタミンC誘導体化粧水 ケイカクテルVローション

ドクターケイのケイカクテルVローションは、両性ビタミンC誘導体であるAPPSを配合した化粧水です。
さらに12種類ものビタミンがお肌全体にアプローチし、保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸で乾燥をカバー

とろみのあるテクスチャーがお肌に馴染み、乾燥からお肌を守ってくれます。

 

通販限定のビタミンC配合化粧水⑤トヴェール 薬用ホワイトニングローションα

ビタミンC誘導体配合の化粧水はその配合率が公開されていないものがほとんどですが、トゥベールの薬用ホワイトニングローションαはビタミンC誘導体の配合率を公開していることでも注目を集めています。
沈殿しやすく高配合しにくいと言われているビタミンC誘導体のリン酸アスコルビルを6%も配合

トゥベールは通販限定のブランドですが、薬用ホワイトニングローションαのように有効成分が高配合されていることでも大人気のブランドなんですよ♡

 

通販限定のビタミンC配合化粧水⑥ディセンシア サエルホワイトニングローション クリアリスト

ディセンシアのこちらの商品は、敏感肌の方でも使える医薬部外品の化粧水です。
ビタミンC誘導体だけでなくアミノ酸が配合されているので保湿効果も高く、セラミドの生成をサポートすることでうるおいのある角質層作りに役立ってくれます。

美白だけでなく保湿効果も高いため、乾燥からくる肌トラブルの対策にも最適な化粧水になるでしょう♡

 

ビタミンC誘導化粧水の選び方の3つのポイント

 

ビタミンC誘導化粧水の選び方①目的を決めて選ぶ

ビタミンC誘導化粧水の選び方①

ビタミンC誘導体には種類があり、目的に合った種類のビタミンC誘導体が配合されている化粧水を選ぶことでより高い効果を期待できるようになります。
例えば美白効果アンチエイジング効果を期待したいのであればAPPS配合の化粧水がおすすめ♡

APPSは水溶性ビタミンC誘導体の100倍もの浸透率があると言われているので、お肌の奥深くまでしっかりと浸透してその効果を発揮してくれます。
お値段が少々高くなってしまいますが、確実にビタミンC誘導体の効果を期待したいのであればAPPS配合の化粧水を購入してみると良いでしょう。

 

ビタミンC誘導化粧水の選び方②配合量・配合率で選ぶ

ビタミンC誘導化粧水の選び方②

一般的な化粧水のビタミンC誘導体の含有濃度は1%程度だと言われています。
しかし、使い続けることで効果を感じられるようになる濃度は3%以上だとも言われています。

医療用のものは5~6%なので、1%だと物足りなく感じてしまうかもしれませんね。
ビタミンC誘導体配合の化粧水を購入する場合はその種類を確認するのはもちろんのこと、配合量や配合率で選ぶというのも1つのポイントになります。

 

ビタミンC誘導化粧水の選び方③配合成分で選ぶ

ビタミンC誘導化粧水の選び方③

ビタミンC誘導体が配合された化粧水はビタミンC誘導体だけでなく、他の美容成分も配合された商品が多いかと思います。
多くの女性が望む美白効果やアンチエイジング効果を求めて化粧水選びをしているのであれば、イソフラボンやアルプチン、レチノールなどの美容成分が同時に配合されているものがおすすめ◎

ビタミンC誘導体との相乗効果により、さらに高い効果を期待できるようになるでしょう♡

 

おわりに

ビタミンC誘導体を配合した化粧水は市販でも通販でもたくさんの種類のものが配合されています。
市販のものであればお買い物ついでに購入することもできますし、通販のものであればお家に居ながら商品を受け取ることもできます。

商品自体の魅力はもちろんのこと、購入方法も工夫することで無理なくビタミンC誘導体配合の化粧水を続けることができるでしょう♡

この記事のトップへ戻る
2 / 2

関連キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る