2017/05/29

誰にも聞けない!デリケートゾーンの黒ずみの大きな原因とその対策!!

デリケートゾーン、脇、乳首、膝、顔といった皮膚の薄いところの黒ずみは女性なら誰もが悩むところですよね…。

いったいどうしたら黒ずみが消えるのか・・・など気になりますよね。
そこで今回はデリケートゾーンの原因と対策方法について紹介していきたいと思います。

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみは自然のこと

デリケートゾーンや乳首の黒ずみは自然のこと

デリケートゾーンは他人と比べれないので悩んでしまうと人も多いと思います。

ですが、日本人を含む東洋人の多くの女性の乳首やデリケートゾーンは多少黒ずんでいるものなんですよ。

乳首や外陰唇の黒ずみはメラミン色素の働きによるものですが、特にその部分はメラニンの活動が活発で、メラニン色素は遺伝と人種そして年齢によってさまざま。

肌の色は人それぞれですが、大きく分けると、白人の方はメラニン活性が低く、黒人の方は最も高く、黄色人種はその中間に属してます。

 

日本人のお肌のタイプ3つ

タイプ① 淡いピンク色の乳首

淡いピンク色の乳首

白人に近く、日焼け後、赤くなるだけで黒くならない。

 

タイプ② 茶色・薄茶色の乳首

茶色・薄茶色の乳首

日焼け後、赤くなってから肌が黒くなる人。日本人に多いタイプ。

 

タイプ③ 最も黒ずみやすい乳首

最も黒ずみやすい乳首

日焼け後、赤くならずに肌が黒くなる。

黒ずみのメカニズムを医師に聞いた遺伝や体質もありますので、あまり神経質になることなく、毎日のケアが美白への分かれ道になります。

デリケートゾーンの黒ずみは経験人数が多いと言う噂は、実はウソなんです。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ・色素沈着の三大原因

デリケートゾーンの黒ずみ・色素沈着の3大原因

色素沈着・黒ずみの要因はさまざまですが、例えば紫外線、化粧品や衣類、生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどたくさんありますね。

外部要素としてはデリケートゾーンの黒ずみを引き起こす大きな要因は、刺激(摩擦や圧迫)があります。

また体内による原因もあり、そちらを改善することが大切です。
詳しくみていきましょう♪

 

原因① メラニン

メラニン

メラニンとは人間や動物、植物、などに形成される色素のこと。

次の2種類があります。

  1. 黒色メラニン(ユーメラニン)
  2. 肌色メラニン(フェオメラニン)

メラニンとは?

黒人・白人・黄色人種で肌の色や髪の色に違いがあるのは、黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の量が違うため。
黒色メラニンの量が多いほど、肌の色が黒く濃くなるんですよ。

メラニンがデリケートゾーンや乳首の黒ずみの原因に

メラニンはシミの原因以外にも、黒ずみの原因にもなっています。
乳首やデリケートゾーンはメラニン細胞の活動が高いため黒ずんでしまうんです。
またデリケートゾーンは加齢とともに黒くなっていきます。

 

原因② ターンオーバーの乱れ

ターンオーバー(新陳代謝)とは?

ターンオーバーとは肌の表皮の生まれ変わりのこと。
新陳代謝とも言われています。

約28日間かけて角化し(身体を守るバリアの働き)、最後にふけや垢としてはがれていく代謝サイクルのことをいいます。

約28日間かけて角化し(身体を守るバリアの働き)、最後にふけや垢としてはがれていく代謝サイクルのこと

外部刺激によってメラニンが生成され、黒ずんだ肌は、ゆっくりと元の肌色へと戻ります。

しかし黒ずんだ状態で留まるケースがあります。

その理由は肌の新陳代謝の乱れや低下によって、古い角質が剥がれ落ちなくなったり、メラニン色素が残ってしまうことで、肌にシミや黒ずみができてしまうということで、ターンオーバーがちゃんと行われなかったということです。

そしてターンオーバーは年齢とともに低下するのは自然現象です。
ターンオーバーが低下してしまうと次のような症状が。

  • 肌がくすむ
  • 肌のきめが粗い
  • 傷の治りが遅い
  • 小ジワ
  • しみができやすくなる
  • 肌が硬い
  • 乾燥肌

 

原因③ ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

肌のターンオーバーができなくなることホルモンバランスも乱れてくるんです。
ホルモンバランスが乱れると、次のような症状が。

  • 生理不順
  • 体毛を濃くする
  • 寝付きが悪くなる
  • 冷えやすくなる
  • 感情のコントロールがしにくくなる
  • 膣がかゆくなる
  • 疲れやすくなる

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲストロン(黄体ホルモン)の2種類があり、この2つのホルモンが約28日周期の月経サイクルを作っています。

誰にも聞けないデリケートゾーンの黒ずみの悩みの大きな原因とその対策!!

エストロゲン(卵胞ホルモン)の働き

  • 皮膚や粘膜の潤い保持
  • 子宮・卵巣・乳房の働きを活発にする
  • 自律神経のバランスを保つ
  • 脳の血流を増やし記憶・認知機能の向上
  • 動脈硬化抑制作用

プロゲストロン(黄体ホルモン)の働き

  • 妊娠を助ける
  • 基礎体温の上昇
  • メラニン細胞の働きが活発になる
  • 皮脂の分泌を活発化させる(結果としてニキビや角栓となる)

 

 

デリケートゾーン2つの黒ずみのケア方法

方法① 日常生活での刺激を軽減する

日常生活での刺激を軽減する

黒ずみを悪化させないために日常で簡単にできるのが、日々の刺激をできる限り軽減すること。
毎日着用している自分の下着をもう一度見直してみましょう。

きついサイズの下着は締、強く当たるところが黒ずんできてしまいます。

そして、素材も、綿(コットン)や絹(シルク)、吸湿速乾加工を施した線維が、お肌への刺激が少なく通気性もいいのでオススメです。

ボクサータイプのショーツがおすすめ!

ボクサータイプのショーツは摩擦が少なめなのでおすすめです。

誰にも聞けないデリケートゾーンの黒ずみの悩みの大きな原因とその対策!!

 

方法② 美白ケアをおこたらない

美白ケアをおこたらない

お肌のターンオーバーを高めることで、美白効果が上がります。

美容外科でレーザー治療の方法もありますが、医療トラブルのリスクや、レーザー治療は保険適用外のため数十万と治療費がかかります。

自宅でできるデリケートゾーン専用のクリームがおすすめです。

クリーム① イビサクリームデリケートゾーンの黒ずみに効くクリーム

価格 通常価格 4,827円~(税込)
内容量と目安 35g / 1ヵ月分
編集部コメント みんなが使ってる理由が、使ったら分かります♡

公式SHOPをみる♡

 

デリケートゾーンの黒ずみに効くクリーム

アソコの黒ずみに効くクリーム「ハーバルラビット」

価格 コンビニ払い 4,750円(税抜)
クレジット払い 4,250円(税抜)
内容量と目安 35g / 1ヵ月分
編集部コメント 医薬部外品だからアソコの黒ずみに効く♡

※解約は3回目以降~、電話で簡単に解約できます。

公式SHOPをみる♡

 

 

おわりに

デリケートゾーンの黒ずみと乳首の黒ずみは同じようなケアをすることができます。
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

また、安全でお手軽にできるものといえば、お肌のターンオーバーを最大限に高めつつ、黒ずみ専用のクリームでケアをするとよいでしょう♪

誰にも聞けないデリケートゾーンの黒ずみの悩みの大きな原因とその対策!!

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る