2017/08/10

アルガンオイルとは?優秀すぎる14の使い方と、市販でも購入できるアルガンオイル10選

アルガンオイルとは?優秀すぎる14の使い方と、市販でも購入できるアルガンオイル14選

お肌の脂質成分と良く似たアルガンオイルは美容オイルとして重宝されています。
実際に日々のスキンケアに取り入れているという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はそんな優秀すぎるアルガンオイルの14の使い方と、市販でも購入できるアルガンオイル10選を紹介していきたいと思います。

アルガンオイルにはたくさんの使い方があるので、使い方がわからずに持て余してしまっているという方もぜひ参考にしてみてくださいね♡

 

アルガンオイルとは?

アルガンオイルとは?

アルガンオイルとは、砂漠があるモロッコの南西部に生息している“アルガンツリー”という木の実の種から採取されたオイルです。
約30kgの果肉からたった1ℓしか採取することができないため、とても貴重なオイルなのです。

そして、このアルガンオイルにはオレイン酸やリノール酸、ステロールなど美容成分がたっぷり♡
お肌の脂質とも成分が似ているため、角質層のすみずみまでスムーズに浸透すると重宝されているのです。

香り

独特な香りはんく、ほぼ無臭

淡い黄色

使い心地

なめらかで使いやすい

 

 

優秀すぎる♡アルガンオイルの14の使い方

使い方① アルガンオイルで湯上りしっとり肌

使い方① アルガンオイルで湯上りしっとり肌

アルガンオイルは湯船に数滴たらすだけでバスオイルとして使うことができます。
使い心地がなめらかなので洗い流さなくてもべたつきを感じにくく、入浴後のお肌の乾燥を防ぐことができるんです。
湯船にたらすだけでOKというお手軽さも良いですね♡

 

使い方② マッサージしながら保湿ケア

使い方② マッサージしながら保湿ケア

アルガンオイルはマッサージオイルとしても◎

アルガンオイルだけを使うとたくさんの量がいるので、コスパ的に使いにくいという方もいるかもしれません。
そんなときには他のマッサージクリームやオイルにアルガンオイルを少量混ぜるのがおすすめです。

しっとり感がアップしてマッサージ後にはもっちもちのお肌に♡

 

使い方③ ベビーマッサージにもアルガンオイルを♪

使い方③ ベビーマッサージにもアルガンオイルを♪

アルガンオイルは肌質や年齢、性別問わずに使えるオイルです。
もちろん赤ちゃんにも使うことができるため、ベビーマッサージのオイルにもぴったり。

一般的なオイルが赤ちゃんのお肌に合わなかったという場合は、ぜひ1度アルガンオイルを使ってみてください♡

 

使い方④ いつものスキンケアにプラスで浸透率アップ

使い方④ いつものスキンケアにプラスで浸透率アップ

アルガンオイルはブースター代わりにもおすすめのオイルです。
洗顔後のお肌にアルガンオイルを馴染ませるとお肌が柔らかくなり、次に使うスキンケアアイテムの浸透率がアップ♡

「オイルだから化粧水を弾いてしまいそう」と思われるかもしれませんが、アルガンオイルなら化粧水を弾くことなくお肌の奥まで届けてくれますよ♡

1

2 3 4 5

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る