2017/08/10

シアバターとは?万能すぎる14の使い方と、市販でも購入できるシアバター14商品

シアバターとは?万能すぎる14の使い方と、市販でも購入できるシアバター14商品

スキンケアに最適なアイテムとして多くの女性から注目されているシアバター。
主に乾燥対策として用いられることが多いシアバターですが、実は他にもたくさんの使い方があるんです♡

そこで今回はシアバターの万能すぎる14の使い方と、市販でも購入できるシアバター14選を紹介していきたいと思います。

シアバターを持っている人も、そうでない人も今回紹介する方法でシアバターをフル活用してみてください♪

 

シアバターとは?

シアバターとは?

シアバターとは、ガーナやナイジェリア、マリなどのアフリカ諸国に生息しているシアの木の種子から採れる植物性の油脂のことです。
常温では固形のままなので、オイルではなくバターと呼ばれています。

シアバターの主成分はステアリン酸やオレイン酸で、そのほかにもリノール酸やパルミチン酸などの脂肪酸が含まれていて、このような脂肪酸は人の皮脂とよく似た成分なのでお肌にも馴染みやすく、長時間保湿効果がキープされるのです。

香り

ナッツのような香り

クリーム色

使い心地

固形油脂なので固い。
でも、体温で溶ける(融点36℃)ので使いやすい。

 

 

万能すぎる♡シアバターの14の使い方

使い方① シアバタースキンケアで乾燥対策

使い方① シアバタースキンケアで乾燥対策

シアバターは保湿効果が高いので、乾燥トラブルのケアにもってこい♪
スキンケアに取り入れる場合は化粧水、シアバター、乳液やクリームの順番で使うのがおすすめです。

使い方としては手のひらでシアバターを温めて溶かしてからお肌に馴染ませるのが◎
また、乳液やクリームの代わりに仕上げとしてシアバターを使うこともできるので、お肌の状態に合わせて毎日のスキンケアに取り入れてみてくださいね♡

 

使い方② オイリー肌にもシアバターが◎

使い方② オイリー肌にもシアバターが◎

オイリー肌の方がシアバターを使う場合、肌トラブルが悪化するのではないかと思われがちです。
しかし、オイリー肌の方も使い方を工夫するだけでシアバターで肌トラブルを改善することができるんですよ♪

使い方としては先ほど紹介した方法と同じで、まずはお肌全体にシアバターを馴染ませていきます。
その後でタオルや化粧水をひたしたコットンでシアバターをふき取るだけでOK。

こうすることでお顔の余分なオイルを取り除くことができるため、オイリー肌の方でも安心してシアバターを使うことができるんです♡

 

使い方③ ディープクレンジングでもちもちツヤ肌♡

使い方③ ディープクレンジングでもちもちツヤ肌♡

毛穴の黒ずみやお肌のざらつきが気になるときは、シアバターを使ったディープクレンジングがおすすめです。

気になる部分にシアバターをなじませて、ラップを貼り5~10分程度蒸らしていきましょう。
ラップを外した後に優しくマッサージして、最後にシアバターを洗い流せばあっという間にもちもちツヤ肌に♡

このディープクレンジングは、シアバターを蒸らしてお肌に馴染ませていくため入浴中に行うのが◎
ちなみに、入浴中にする場合は毛穴が開きやすくなっているため、ラップを貼らなくても十分に効果を期待できますよ♪

 

使い方④ シアバターでふっくらうるおいリップに

使い方④ シアバターでふっくらうるおいリップに

唇の乾燥対策としてリップクリームを塗る方は多く、それでもカサカサな状態が続くとスクラブを使ってケアする人もいます。
しかし、カサカサな状態で無理にスクラブを使ってしまうとそれが刺激になって唇が腫れてしまうことも…。

そういう時には無理に角質を取ってしまうのではなく、まずは唇にうるおいを与えてあげることが大切です。
シアバターには保湿力だけでなくお肌を柔らかくする効果があるため、簡単にうるおいに満ちたぷるぷるな唇をゲットすることができるんです♡

やり方もとっても簡単で、洗顔後の清潔な唇にシアバターをたっぷりと塗ってラップを貼り、5~10分程度放置するだけでOK♪
これだけで内側からふっくらと柔らかくなり、ぷるっぷるな唇になりますよ♡

1

2 3 4 5

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る