2017/09/21

太れない…痩せ過ぎ…ガリガリで太れない14の原因とは?

太れない…痩せ過ぎ…ガリガリで太れない14の原因とは?

食べても食べても太れない…
実は、食べても太れない場合は本人も気付かないような意外なところに原因が潜んでいるケースが多いんです。

そこで今回はガリガリに痩せてて、太りたくても太れない14の原因について紹介していきたいと思います!

太れないことで悩んでいるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ガリガリすぎて太れない14の原因

原因① 猫背・骨盤のゆがみの影響

原因① 猫背・骨盤のゆがみの影響

右足と左足の長さが違ったり、股関節や頭蓋骨、頸椎、胸椎、腰椎のゆがみやねじれ、アンバランスな筋肉の緊張や大腰筋の筋力低下による身体の各臓器に連結する神経伝達異常。
血管圧迫による血液循環異常や内臓機能低下、自然治癒力の低下も太れない原因の1つです。
日頃から猫背になっていたり姿勢が悪くなりがちな場合は身体のゆがみが原因で太れないのかもしれません。

 

原因② 栄養不足

原因② 栄養不足

栄養が足りていないともちろん太ることはできません。
そして、健康的に太るためには栄養バランスも重要なポイントになります。

食事の影響で太れないのであれば吸収するカロリーよりも身体が使うカロリーの方が多く、カロリー不足になっている可能性が高いです。
太るためには特に炭水化物を食べなければなりませんし、炭水化物をエネルギーに変えて身体に蓄えていくためにはビタミンやミネラルも必要になります。

ちなみに、脂質やたんぱく質もカロリーになりますが、このようなものを食べて胃もたれや下痢になったりして胃腸の調子が悪くなってしまえば栄養を吸収することができなくなってしまうので、食べるものを工夫するのも大切なことなのです。

 

原因③ ごはんの食べ方

原因③ ごはんの食べ方

例えばごはんを食べるときはテレビを見ながら食べるという人も多いかもしれませんが、テレビを見ながら食べていると交感神経が優位な状態になってしまいます。
胃腸を動かしているのは副交感神経なので、テレビを見ながら食べるだけで胃腸の働きが悪くなってしまうのです。

また、食べ物をあまり噛まずに飲み込むと栄養の消化吸収に悪影響を与えてしまいますし、暴飲暴食もNG行為。
胃腸に負担をかけてしまうので消化吸収ができず太れなくなってしまうのです。

 

原因④ 歯の影響

原因④ 歯の影響

太ることと歯は関係ないように思えますが、実は2つのことが原因で太れなくなっているケースもあるんです。

  1. 歯のかみ合わせが悪い
  2. 歯が抜けていることによる咀嚼力の低下

かみ合わせが悪かったり、歯が抜けたままになっていると咀嚼力が低下して胃腸にかなりの負担がかかってしまいます。
また、虫歯が痛くてどちらか一方だけで噛むくせがついてしまうと顎関節症を引き起こしてしまい、太りにくくなってしまうと言われているのです。

1

2 3

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る