【東海版】紅葉が名所のおすすめ写真スポット10選

【東海版】紅葉が名所のおすすめ写真スポット10選

少しずつ過ごしやすい日が続くようになり、秋の訪れを今か今かと待ちわびている方お多いのではないでしょうか?
秋はおいしい食べ物が多くなったり、美しい紅葉が見られたりと自然を楽しむにはぴったりの季節です。

そこで今回は、東海地方の紅葉が名所のおすすめ写真スポット10選を紹介していきたいと思います!
夏は暑くて引きこもってしまっていたという方も、今回紹介する紅葉スポットに足を運んで秋の訪れを肌で感じてみてください♪

 

紅葉が名所のおすすめ写真スポット10選

東海紅葉スポット①
香嵐渓

巴川の両岸に植えられた約4000本ものモミジが紅一色に水面を染め上げた景色が幻想的な香嵐渓。
香積寺11世の三栄和尚が般若心経を1巻読み上げるごとにモミジを1本ずつ植えたのが始まりと言われています。
11月1日~30日までは「香嵐渓もみじまつり」が開催され、期間中は21時までライトアップが行われるので夜の幻想的な紅葉を楽しむこともできるんです♡
また、11月11日~30日までは愛知環状鉄道八草駅から香嵐渓まで直行バスが運行するのでアクセスも便利になっています。

見頃:11月中旬~11月下旬
住所:愛知県豊田市足助町飯盛

 

 

東海紅葉スポット②
乗鞍スカイライン

乗鞍岳を一望できる地、標高1684mの平湯峠から乗鞍岳の畳平に向けて標高2702mまで達する乗鞍スカイライン。
モミジやナナカマド、カエデ、ダケカンバなどが赤や黄色に色づいて標高差による紅葉の変化が楽しめるスポットになっています。
ナナカマドが最盛期を迎えるころになると日当たりの良い斜面に生えたコケモモなどの実が熟し、葉も赤ピンクに染まっていく様子を見ることができますよ♪

見頃:10月上旬
住所:岐阜県高山市丹生川町岩井谷

 

東海紅葉スポット③
寸又峡

土井川支流の渓谷で、エメラルドグリーンの水面と警告の色づきとのコントラストが見事な寸又峡。
ゆっくりと散策できるコースが整備されているので、清流のさまざまな眺めをそれぞれのペースで満喫することができるでしょう♪
また、長さ90m、水面からの高さ8mの「夢の吊橋」では、揺れる橋の上からカエデやサクラ、ケヤキなどの紅葉で染まった木々の絶景を楽しむことができます。

見頃:11月中旬~11月下旬
住所:静岡県榛原郡川根本町 寸又峡

 

東海紅葉スポット④
御座所岳(山上)

標高1212mの御在所岳の山頂から、湯の山温泉街へとだんだんと紅葉が下りていく様子を約1ヶ月の間ロープウェイから楽しむことができます。
山腹の奇岩を包むように広がる紅葉は、ベニドウダンやアアヤシオの赤、シロモジやミズナラの黄などさまざまな色が重なりあって紅葉独特の美しさを魅せてくれます。
サイクリングコースにもおすすめですし、夜になるとライトアップも行っているので1日中さまざまな表情を楽しむことができるでしょう♪

見頃:10月上旬~10月下旬
住所:三重県三重郡菰野町湯の山温泉

 

 

東海紅葉スポット⑤
飛騨美濃せせらぎ街道

群上八幡から吉田川を遡り、坂本トンネルを抜けて高山に向かう飛騨美濃せせらぎ街道。
標高差があるので長い期間にわたり紅葉が楽しめるスポットとして注目を集めているんです♡
街道の中では西ウレ峠や森林公園おおくら滝あたりの紅葉が特に見事で、遊歩道を散策しんがらも紅葉を楽しむことができます。

見頃:10月下旬~11月上旬
住所:岐阜県群上市明宝~高山市清見町の国道472号・県道73号

続きを読む
1 / 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る