カミソリでアンダーヘア処理するメリット・デメリット&チクチクしないおすすめのカミソリ7選

カミソリでアンダーヘア処理するメリット・デメリット&チクチクしないおすすめのカミソリ7選

 

カミソリはどこでも購入できる1番手軽な商品なので、ムダ毛処理と言えばカミソリという人も多いと思います。
アンダーヘアを処理する時も、カミソリを使って自己処理している人がとっても多いようです。
手軽にできる反面、チクチクして痒かったり痛かったり、赤いポツポツができたりいいことばっかりではないですよね。…。

そこで今回はカミソリでアンダーヘア処理をするメリット・デメリットや、チクチクしずらいアンダーヘア処理におすすめカミソリ7選を紹介していきたいと思います!
今よりもっと良いカミソリを使いたい人や、アンダーヘアをカミソリで処理してみたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね♡

カミソリで自己処理してチクチクなってしまった場合の応急処置はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

アンダーヘア処理にカミソリを使うメリット

アンダーヘア処理にカミソリを使うメリット

メリット① 自宅で一番手軽にできる

カミソリによるムダ毛処理は1番身近な方法です。
難しい部分の処理こそ、慣れているアイテムを使った方が安心感があるでしょう。

メリット② とにかく安い

カミソリはドラッグストアや薬局、コンビニ、スーパーなどどこでも販売されている商品です。
どこでも気軽に買うことができますし、デリケートゾーン専用の商品ではないので、買う時も恥ずかしさは感じにくいでしょう。

メリット③ どこでも、いつでもすぐできる

カミソリ1つあればいつでもどこでもアンダーヘアを処理できます。
「明日もしかしたら…♡」なんていうときも、前日に処理できるから急な予定が入っても安心です。

 

アンダーヘア処理にカミソリを使うデメリット

アンダーヘア処理にカミソリを使うデメリット

デメリット① すぐに生えてくる

カミソリでの処理は表面に生えているムダ毛を剃るだけなので、またすぐに生えてきてしまいます。
定期的に処理しなければならないので、面倒に感じてしまうでしょう。

デメリット② カミソリ負けする

いくら専用のカミソリとは言え、毎日のようにカミソリを肌に当てていては肌に負担がかかるのも当然のこと。
処理後に赤いニキビのような出来物ができたり、かゆみなどの肌トラブルが起こる場合もあります。
また、肌を切ってしまう危険性もあるのでカミソリを使うときは十分注意しなければなりません。

デメリット③ 埋没毛の原因になる

カミソリを使うと肌に直接ダメージが加わり、埋没毛の原因になってしまいます。
気になるアンダーヘアを処理しようとして埋没毛ができてしまっては本末転倒です。

デメリット④ 生えてきたときにチクチクする

アンダーヘアの処理後にありがちなチクチクは、カミソリで剃ったことによって毛先が鋭く尖ってしまうことが原因なんです。
処理直後はツルツルになっていても、毛先が出てきたらチクチクしてしまうでしょう。

デメリット⑤ Iライン、Oラインに剃り残しが多い

見える部分を剃るのはとっても簡単なことですが、先端に刃がついているということもあって、見えない部分を剃るのはとっても危険です。
カーブなどに合わせて剃らないと肌が切れる原因にもなってしまうので、見えない部分はとっても剃りにくいですよね。

デメリット⑥ 剃った毛の処理に困る

処理後の毛ってどのように処分していますか?
お風呂場で処理したときはそのまま流していいのか…ゴミ箱に捨てるべきなのか…
かと言って部屋で処理すれば剃った毛が散らかって部屋を片付けるのも大変になってしまいますよね。

 

チクチクしない♪カミソリでアンダーヘア処理の正しいやり方

① 処理するたびにカミソリの状態をチェックする

① 処理するたびにカミソリの状態をチェックする

アンダーヘアは自分でじっくりと見て剃ることが難しいため、怪我のリスクが少なく綺麗に剃れる「3枚~4枚刃のT字カミソリ」を使うのが◎

処理するときはカミソリの刃が「サビてないか」「欠けてないか」「毛が挟まってないか」をきちんとチェックしてから使うようにしましょう。

 

② 長い毛は先にカットしておく

② 長い毛は先にカットしておく

処理するアンダーヘアが長すぎるとカミソリに毛が挟まり、引っ張られて痛みや剃りにくくなる原因になってしまいます。
毛が絡むとカミソリが痛むのも早くなってしまうので、事前にまゆ毛用のすきバサミやヒートカッターで1cmくらいの長さに揃えておきます。

 

③ お風呂の1番最後に剃るのがおすすめ

お風呂の1番最後に剃るのがおすすめ

カミソリでムダ毛を処理する場合は、アンダーヘアに限らずお風呂の1番最後にするのが理想的です。
というのも、カミソリでの処理後は必ず肌が傷付いているので、その状態で身体を洗うと傷口に泡が入りカミソリ負けを起こしやすくなってしまうんです。
また、きちんとお湯に使ってから剃れば毛が柔らかくなり、剃りやすくなりますよ♪

 

④ シェービング剤を使って剃る

シェービング剤を使って剃る

肌の引っかかりを防ぐために、アンダーヘア全体にシェービング剤を塗ります。
シェービング剤がない場合はデリケートゾーンにお湯を当てながら剃るという方法もありますが、この方法は極力避けた方が良いです。
また、石けんやボディーソープをシェービング剤代わりに使うと肌荒れを起こしやすくなるので注意しましょう。

 

⑤ 処理する場所によって剃り方や体勢を変える

処理する場所によって剃り方や体勢を変える

Vラインの剃り方

浴室用のいすを使って、女の子座りのような体勢になると剃りやすいです。
おへそ側に少しだけ皮膚を引っ張りながら剃ると綺麗に剃ることができるでしょう。

Iラインの剃り方

Iラインを剃るときはできるだけ鏡の前で行うと良いです。

  • いすに座り、足を大きく開いてアンダーヘアをのぞき込むような体勢
  • 浴室に直接座り、片膝を立ててアンダーヘアをのぞき込むような体勢
  • 立った状態で浴槽のふちや浴室の壁、いすに片足をかけてのぞき込むような体勢

この中で1番剃りやすい体制で剃ると良いですが、最後の体勢に関しては滑って怪我をしてしまう恐れもあるので注意しましょう。

Oラインの剃り方

Oラインを剃るときは鏡越しに剃るのがおすすめです。
鏡を床に置いてその上にM字の状態でしゃがみ、鏡越しにOラインを処理していきます。
鏡がなければ手探りで処理するしかないので、肌を切りそうで怖い場合は処理しない方が良いでしょう。

1

2

PICK UP記事

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る