陰毛処理ってどれがいいの?アンダーヘア処理方法5つのメリット・デメリット

陰毛処理ってどれがいいの?アンダーヘア処理方法5つのメリット・デメリット

アンダーヘアを処理していないとトラブルの原因になったり、いざという時に恥ずかしい思いをすることも…
簡単に自己処理できるカミソリでやるとチクチクしたり、だからといってVIO脱毛は値段が高いですし悩んでしまいますよね。
そこで今回はおすすめのアンダーヘア処理方法5つのメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います!
アンダーヘアの処理は女性はもちろんのこと、男性にも関係あることなので、みなさんぜひ参考にしてみてくださいね♡

 

アンダーヘアは3つに分かれる

アンダーヘアはVIOラインの3つに分かれる

アンダーヘアは毛が生えている場所がそれぞれアルファベットのVとI、Oの形に似ていることから、VIO(ブイアイオー)という総称がついています。

Vライン

正面から見える部分のアンダーヘアのことをvラインと言います。
ショーツを履いた時にサイドから毛がはみ出ることがあるため、比較的多くの女性が脱毛している部分です。
脱毛サロンや脱毛クリニックによっては、「Vラインサイド」「Vライン上部」などとメニューが細かく分かれていることもあります。

Iライン

陰部の両サイドのアンダーヘアのことをIラインと言います。
Vラインと繋がって生えていますが、割れ目のはじまりからIラインと区切っているところが多いようです。
黒ずみが強い部分を除き、内側ギリギリまで脱毛することができます。
ちなみに、デリケートな部分ということで、肌トラブルが強い場合は肌状態が改善してから脱毛スタートになることが多いんだとか。

Oライン

肛門周りのアンダーヘアのことをOラインと言います。
おしりに挟まった部分なので「ヒップ奥」という名称で呼ばれることもあります。
日本人女性の場合、Oラインの毛はそれほど生えていない人も多いですが、見えない部分なのでどれくらい生えているのか確認したことがない人も多いでしょう。
衛生面を考慮して、VやIラインと一緒に脱毛する人が多くなっています。

 

 

アンダーヘアを処理するメリット

アンダーヘアを処理するメリット

メリット①生理中の悩みが減る

生理中は生理用品を常につけている状態なので、血が毛に絡まったり、蒸れやかゆみが出たりとなにかとトラブルも多くなります。
このようなトラブルはアンダーヘアが原因になっていることが多いため、アンダーヘアを脱毛して通気性を良くすれば生理中の悩みを大幅に減らすことができるんです♪

メリット②見た目が綺麗になる

水着や下着からアンダーヘアがはみ出ていて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?
水着になったり、範囲が狭い下着を着るときもアンダーヘアを気にせずにいられるのはとても大きなメリットになります。
また、温泉などの周りの目が気になる場所でも、アンダーヘアが脱毛してあれば周りの目も気にせずに楽しむことができるでしょう。

メリット③気になるにおいが減る

アンダーヘアを放置していると下着の中で蒸れて雑菌が増え、嫌なにおいの原因になってしまいます。
蒸れの原因になっているアンダーヘアを減らせば、ある程度においを抑えることもできるんです。

メリット④美肌効果を得られることも

脱毛クリニックやサロンなどで脱毛すると、美肌効果のある機械や、シェイプアップ効果のあるローションを使い、脱毛と同時に美容効果が得られることもあります。
また、自己処理による肌への負担も減るため、美肌をキープしながら毛の処理だってできちゃうんです。
自分にあった脱毛方法を続けて肌トラブルが無くなれば、肌触りだって抜群に良くなるでしょう。

 

アンダーヘアを処理するデメリット

アンダーヘアを処理するデメリット

デメリット① チクチクしたり痒くなる

自己処理で一番手軽にできるカミソリですが、カミソリでアンダーヘア処理すると毛先がとがってしまうので、どうしてもチクチクしてしまいます。
チクチクすると痒くなったり、痛くなることも…。
チクチクさせないためにも、処理は除毛クリームやヒートカッター、また医療脱毛もおすすめですよ。

デメリット②処理中は痛みを感じることがある

アンダーヘアは腕や足などの毛よりも濃くて太い毛が生えています。
また、皮膚も薄く粘膜に近いため痛みを感じやすい部分でもあります。
さらに毛質以外でも、肌が乾燥していれば痛みが起きやすいとも言われているんです。
最新の脱毛技術を使って痛みのない脱毛ができるサロンやクリニックもありますが、痛みが気になる人は痛みが少ない処理方法から試したり、クリニックやサロンで体験コースを受けてみるのもおすすめです。

デメリット③処理方法によっては肌トラブルがおこる

カミソリや毛抜きでアンダーヘアを処理していると、毛穴に負担がかかり埋没毛や毛包炎、赤みや切り傷などとトラブルが多くなってしまいます。
自己処理する場合は肌に刀が直接触れない用に電気シェーバーを使ったり、処理後は肌を冷やしたり、アフターケアも行うことで肌トラブルを防いでいきましょう。

デメリット③手間がかかる

身体に生えている毛は、毛根の細胞を破壊しない限り永遠に映え続けるという性質を持っています。
脱毛クリニックで永久脱毛してしまえば数回の処理で終わりますが、自己処理する場合はアンダーヘアを処理する手間が永遠にかかることになります。
特にアンダーヘアは自分では見えにくい部分なので処理もしづらく、アンダーヘアの処理を面倒に感じる人もいるでしょう。

 

アンダーヘアの形ってどんなのがいい?

アンダーヘアの形ってどんなのがいい?

I・Oラインは短く整えたり、全て処理する人が多いですが、Vラインは人によって処理方法も大きく変わってきます。
今回はこのVラインの代表的な形を紹介していきたいと思います。

逆三角形(トライアングル)

Vラインの最もスタンダードな形がこの三角形です。
見た目に大きく変化があるわけではないのでとてもナチュラルで、作り込まれた形ではないため男性受けも◎

たまご型(オーバル)

名前の通りたまごのように丸みのある形になっています。
丸くすることで女性らしい柔らかさが出るため、この形にする人も多いようです。

スクエア型(Iライン型)

逆三角形よりもさらに上部を細くして、Iの形にするというものです。
下着や水着からはみ出ることもなく、セクシーな下着にもよく合う形です。

ハイジニーナ(パイパン)

海外で流行り、日本でも挑戦する人が増えているのがハイジニーナです。
いわゆるツルツルな状態ということなので、衛生的にはかなり良いと言われています。
ただし、男性・女性共に好みはかなり分かれる形になるでしょう。

 

アンダーヘアのおすすめ処理方法5つ!

 

アンダーヘアの処理方法①カミソリ

アンダーヘアの処理方法① カミソリ

自己処理の中で多くの人が使っているのがカミソリ。
どこでも買える手軽さと、慣れているという理由でカミソリを使う人が多いのかもしれませんね。

メリット デメリット
  • 手軽に処理できる
  • 誰でも扱いやすい
  • すぐに刃を変えれるから清潔
  • 毛先が尖るからチクチクしやすい
  • 頻繁に処理する必要がある
  • 長い毛はハサミも使わないといけない

 

アンダーヘアの処理方法②ヒートカッター

アンダーヘアの処理方法② ヒートカッター

熱で毛を焼き切って処理できる方法です。
焼き切ると言っても先端にはカバーがついているため、火傷の心配はありません。

メリット デメリット
  • 毛先が尖らないからチクチクしない
  • 下着や水着に毛が突き刺さらない
  • 少しずつ焼き切るため時間がかかる
  • 焼き切る時に焦げた様なにおいがする

 

アンダーヘアの処理方法③除毛クリーム

アンダーヘアの処理方法③ 除毛クリーム

クリームで毛を溶かして処理するという方法です。
敏感肌用のタイプもあるため肌質に合わせて使うことができます。

メリット デメリット
  • 刃で肌を傷付ける心配がない
  • 毛穴の奥まで処理できるから仕上がりが綺麗
  • 生えた時のチクチク感が少ない
  • 毛を溶かすほど強力な成分だから肌にも負担がかかる
  • 拭き取りや洗い流しの手間がかかる
  • デリケートゾーンには使えない商品も多い

 

 

アンダーヘアの処理方法④ブラジリアンワックス

アンダーヘアの処理方法④ ブラジリアンワックス

専用のワックスを使って根本から一気に毛を抜き取るという方法です。
サロンもあるので自分で処理するのが面倒という人でも取り入れやすい方法になるでしょう。

メリット デメリット
  • すぐにツルツルになる
  • 徐々に毛が柔らかくなる
  • 粘膜に近い部分も処理できる
  • 毛を引き抜くから痛い
  • 毛穴が腫れることがある
  • ワックスを絡ませるため、アンダーヘアを1cmくらいに伸ばす必要がある

 

アンダーヘアの処理方法⑤脱毛サロン(医療脱毛)

アンダーヘアの処理方法⑤ 脱毛サロン(医療脱毛)

1番綺麗で確実に脱毛できるのが脱毛サロンで医療脱毛をするという方法です。
エステなどの脱毛は永久脱毛ではないので、完全に毛をなくしたい場合は医療脱毛がおすすめです。

メリット デメリット
  • プロが施術するから安全
  • 自己処理の手間が減る
  • 肌トラブルも少ない
  • お金がかかる
  • スタッフさんに見られるのが恥ずかしい

 

こんな人はこのアンダーヘア処理方法がおすすめ!

安く抑えて自己処理するならカミソリ & ヒートカッター

カミソリやヒートカッターっは安くゲットできるので、一時的な処理ならこの方法がおすすめです。
ただし、IラインやOラインなどの見にくくて手が届きにくいため自分では処理にしにくいです。
また、カミソリで剃った部分は毛先が尖ってチクチクしてしまうので、痒みが気になる場合はなるべくヒートカッターを使うようにしましょう。

 

 

アンダーヘアがチクチクするのが嫌ならブラジリアンワックス or 除毛クリーム

ヒートカッターでもチクチクする場合はブラジリアンワックスや除毛クリームを使うのが◎
毛先が尖らないためチクチクせず、ワックスなら毛根から処理できるため、繰り返し使っていくうちに毛質も柔らかくなっていくんだとか。
アンダーヘアを全部無くしてツルツルにすることもできるため、ハイジーナを経験してみたいという人にもおすすめです。
ただし、ワックスや除毛クリームは処理後に拭き取ったり洗い流したりする必要があるため、慣れるまでは面倒に感じる人も多いでしょう。

 

アンダーヘア処理から解放されたいなら医療脱毛

アンダーヘアの処理がとにかく面倒という人にはVIO脱毛がおすすめです。
他の処理方法に比べると1度にかかる金額は大きくなってしまいますが、長い目で見るとお金や時間の節約にもなります。
慣れるまでは恥ずかしさを感じる人が多いですが、プロが施術してくれる安心感や肌トラブルなく脱毛できるという特徴は、とっても大きなメリットになるでしょう。

 

おわりに

今回は、アンダーヘアを処理するメリット・デメリットと、おすすめの処理方法について紹介してきました。
アンダーヘアを処理する方法はたくさんあり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、特徴を知ることで自分に合った処理方法も見つけやすくなると思います。
ただし、自己処理はなにかとトラブルが多く手間もかかってしまうため、アンダーヘアが気になるという人はこの機会に思い切ってVIO脱毛に挑戦してみるのも良いかもしれませんね♪
アンダーヘアの処理は衛生面でも役立つため、女性のみならず、男性でアンダーヘアを処理している人も多いようですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る