目元で変わる年齢印象!若々しくみられるための8の目元ケア

目元で変わる年齢印象!若々しくみられるための8の目元ケア
 
 

顔の印象は目元で決まると言われているように、目元はとっても重要なパーツ。
同時にデリケートな部分でもあるため、毎日の目元ケアには力を入れたいものですよね。
特に年齢を重ねるほど目元ケアが大切になってきます。
そこで今回は若々しく見られるための8の目元ケアについて紹介していきたいと思います!
「顔の印象を変えたい」「若々しくいたい」という人はぜひ参考にしてみてくださいね♡

 

老けて見られる一番の理由は目元にあった

老けて見られる一番の理由は目元にあった

ツルンとハリのあるお肌には影がありませんが、シワのあるお肌にはどうしても影ができてしまいます。
このような影ができるとお肌全体にハリがなくなって、くすんだ暗い雰囲気になってしまうため、“老け顔”という印象がつきやすくなってしまいます。
くすみやクマも同じ理由で顔に影があるように見えるため、老け顔に見られる原因になってしまうんです。

目元は皮膚が薄く乾燥しやすい!

特にまぶたの皮膚はかなり薄く、0.5~0.6mm程度の厚さしかないと言われています。
これはゆでたまごの薄皮と同じくらいの厚さで、顔全体と比べてもまぶたの皮膚は4/1ほどの厚さしかありません。
そのため、頬などに比べるとお肌の基礎自体も弱くなっていて、美容成分なども溜めておけないという特徴があります。
さらに目元の皮膚には皮脂を分泌する皮脂腺や、汗を分泌する汗腺がほとんどないため、お肌がとても乾燥しやすくなっているんです。

 

老け顔の原因!目元がくすんで見える6の原因

 

目元のくすみ原因①老化によるたるみ

老化によるたるみ

最も多いと言われているのが、老化でできたたるみです。
シワやたるみがあれば影ができる範囲も多くなり、顔全体が薄暗くなって老け顔の印象を強くしてしまいます。

 

目元のくすみ原因②アイメイクの刺激によるもの

アイメイクの刺激によるもの

老化とは無縁なのに老け顔に見える場合は、つけまつげやアイプチなどのアイメイクが原因になっていると考えられます。
目元はとってもデリケートな部分なので、アイメイクで刺激を与えると肌のバリア機能が壊れ、たるみやくすみの原因になってしまいます。

 

目元のくすみ原因③触りすぎによるもの

触りすぎによるもの

花粉症などで目元がかゆくなるとついつい強く擦ってしまいますよね。
デリケートな目元にはこのような摩擦も強い刺激になって、目元がくすむ原因になってしまうんです。

 

 

目元のくすみ原因④過度の乾燥によるもの

過度の乾燥によるもの

潤いが不足してお肌が乾燥すると、ハリやツヤが失われやすくなってキメも乱れるため、くすんで見えてしまいます。
先ほども紹介したように、目元の皮膚はとても薄いため、うるおいを保ちにくい部分なのでくすみが出やすい部分と言われています。

 

目元のくすみ原因⑤目を酷使したことによるもの

目を酷使したことによるもの

目元の皮膚はとても薄く、血流が見えやすくなっています。
そのため、目を酷使して血行が悪くなると赤みがなくなりくすんだ印象になってしまうんです。

 

目元のくすみ原因⑥くぼみによるもの

くぼみによるもの

特に痩せている人は、老化と共に目の下のくぼみが気になり始める人が多いと思います。
皮膚が下がってくぼみが目立つようになれば、その部分が影になってくすんで見えてしまうでしょう。

 

老け顔脱出!クマ・シワ・たるみを取る8の目元ケア

 

クマ・シワ・たるみを取る目元ケア①アイメイクはしっかり落とす

アイメイクはしっかり落とす

アイメイクを落とすときはコットンにクレンジングをたっぷり染み込ませ、まぶたの上に置いて1分程度放置します。
放置することでアイメイクが浮き上がり汚れが落ちやすくなるので、そのままゆっくりとコットンを動かして優しくメイク汚れをふき取っていきます。
目尻などの細かい部分はコットンの角や綿棒を使って優しくふき取るのが◎
擦りすぎると摩擦が刺激になってしまうため、優しく丁寧に落とすことを意識していきましょう。
いくら良いクレンジングをたっぷり使っていても、すすぎができていなければメイク汚れやクレンジングがお肌に残ってしまうので、すすぎも念入りに行ってくださいね♪

 

クマ・シワ・たるみを取る目元ケア②ツボを押しマッサージケア

ツボを押しマッサージケア

目元ケアをするにはツボ押しマッサージもおすすめです。
ツボ押しは簡単なものばかりなので、すき間時間に実践して目元ケアに役立ててみてくださいね♪

目の下のたるみを解消するツボ押し

球後きゅうご
  1. 目頭に人差し指の腹をあてる
  2. 目尻の斜め下の骨のくぼににある救後を通り、目尻に向かって軽くはじくように押す
  3. 1~2を5回くらい繰り返す

まぶたのたるみを解消するツボ押し

魚腰ぎょよう
  1. 眉の中央下あたりにある魚腰に親指の腹を押し当てる
  2. 心地良いと思えるくらいの強さで軽く押さえる
  3. 眉を下から押し上げるイメージで20回ほど揉む
瞳子どうしりょう
  1. 目尻の1cm程外側にあるくぼみの位置にある瞳子りょうを見つける
  2. 人差し指の腹で軽く押す

ちなみに、瞳子りょうはまぶたのたるみだけでなく、目元のたるみや目尻の小じわ、肌の乾燥にも良いと言われています♡

 

クマ・シワ・たるみを取る目元ケア③目元リンパマッサージ

目元リンパマッサージ

老廃物が溜まるとくすみや肌トラブルが起こり、老け顔の原因なってしまいます。
リンパマッサージで老廃物を流せば顔色も良くなり、見た目の印象も若くなるためアンチエイジング効果も期待できますよ♪

  1. 目尻から目の下を通り、目頭まで流す
  2. 目頭から眉のラインに沿って目尻まで流す
  3. 再び目頭に指を押し当て、目の下を通り目尻に流す
  4. こめかみにスライドさせて顎関節の方に流す
  5. 首筋や鎖骨の方にリンパを流す
  6. 1~5を3回ずつ繰り返す

 

 

クマ・シワ・たるみを取る目元ケア④アイクリームや目元美容液を使う

アイクリームや目元美容液を使う

目元のシワが気になる場合はアイクリームや目元美容液を使うのも◎
しかし、適当な商品を使っていては正しい効果が得られなくなってしまうので、以下を参考にして目的に合った成分が配合されている商品を選ぶようにしましょう♪

  • 目元の小じわが気になる場合
    セラミドが配合された商品
  • 加齢ジワが気になる場合
    ビタミンC誘導体やレチニールエステルが配合された商品

 

クマ・シワ・たるみを取る目元ケア⑤ ホットアイマスク

ホットアイマスク

目元の小ジワなどは乾燥が原因になっていることがほとんどなので、ホットアイマスクをすることで血行も良くなりますし、保湿効果が期待できて目元周りのお肌がモッチモチになるんだとか。
また、ホットアイマスクが終わった後に冷水で引き締めるとさらにキメ細かいお肌がゲットできますよ♪
ホットアイマスクはエステで必ずと言っていいほど行われている美容法なので、効果も十分に期待できそうですね♡

 

クマ・シワ・たるみを取る目元ケア⑥エステに通う

エステに通う

プロのハンドテクニックや最新の機械を使えるエステは、1回でも変化が期待できる目元ケアの1つです。
目元ケアのメニューがあるエステって意外と少ないんですが、近くのエステに目元ケアのメニューがあればエステに通ってみるのもおすすめですよ♪

 

クマ・シワ・たるみを取る目元ケア⑦ビタミンやミネラルを摂取

ビタミンやミネラルを摂取

ビタミンやミネラルは、繊維芽細胞の活性化やコラーゲンの合成に関わっているため、目元ケアにも欠かせない栄養素なんです。
特にビタミンCはコラーゲンの合成に欠かせない栄養素で、不足するとコラーゲンが作られる量が減ってしまうため、毎日欠かさずに摂取するのが理想的です。

ビタミンCを含む食材
緑茶やグァバ、アセロラジュース、焼き海苔、赤ピーマン、芽キャベツなど
ミネラルを含む食材
海藻類や野菜、果物、きのこ類、豆類、イモ類など

 

クマ・シワ・たるみを取る目元ケア⑧目元の紫外線対策

目元の紫外線対策

紫外線によるダメージは目元の老化までも進行させてしまいます。
日に当たるときは日焼け止めクリームを塗ったり、UVカット機能付きのサングラスなどで紫外線対策を行うようにしましょう♪

 

おわりに

今回は、若々しく見られるための目元ケア方法について紹介してきました。
今回紹介した目元ケアの方法は自宅ですぐにできるものが多く、ほとんどが誰でも気軽にチャレンジできる方法になっています。
毎日続けることで本来の効果も期待できるようになるため、自分が続けやすい方法の目元ケアを取り入れてみてはいかがでしょうか?♡

関連キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 

こちらの記事も
よく読まれてます

 

PICK UP

ページ上部へ戻る