必見!甘酒に含まれる5つの栄養成分とその効果

必見!甘酒に含まれる5つの栄養成分とその効果

甘酒が「飲む点滴」なんて呼ばれている理由は、栄養たっぷりだから♪
そんなことを聞くと、どんな栄養素が含まれてるのか気になりますよね。
そこで今回は甘酒に含まれる5つの栄養成分とその効果について紹介していきたいと思います。
甘酒に含まれる栄養成分の効果を知ったら、ますます甘酒を飲みたくなること間違いなしですよー♡

 

甘酒は栄養満点ですごいぞ!巷の声

どんな栄養素が入ってるの?

飲む点滴といわれる甘酒ですが、主な栄養素はビタミンB群、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸です。
ほかにも栄養成分がたっぷりなんですが、主な成分とそれにどんな効果があるのかを紹介していきますね~♪

 

必見!甘酒に含まれる5つの栄養成分とその効果

 

甘酒に含まれる成分①ビタミンB群⇒美白・美肌に効果的♪

甘酒に含まれる成分① ビタミンB群⇒美白・美肌に効果的♪

脂質や糖質、たんぱく質の代謝に欠かせないのがビタミンB群。
甘酒にはビタミンB1やB2、B6、B12、パンとテン酸、ビオチン、イノシトールをはじめとしたビタミンB群がたっぷり♡
実は、ビタミンB群は美白成分としても知られている成分なんです!
森永製菓の研究果で、酒粕と米麹を使用した甘酒で目の下のクマの改善がみられたという報告もあるんですよ♪

参考:『“酒粕”と“米麹”を使用した甘酒』の飲用で“目の下のクマの改善”が見られました!

 

甘酒に含まれる成分②コウジ酸⇒シミの原因になるメラニン抑制に効果的♪

甘酒に含まれる成分② 麹酸⇒シミやくすみ、ニキビ痕などに効果的♪

甘酒に含まれてる成分の「コウジ酸」は、シミやくすみ、ニキビ痕、そばかすなど、あらゆる色素沈着に効果が期待できるんです♪
紫外線の刺激によってメラニンが過剰につくるのでシミになってしまうんですが、このメラニンを作る工場がメラノサイト。
コウジ酸は、メラノサイトを攻撃して過剰なメラニンを作らないようにするのでシミ予防になるんですよ♪

参考:調査報告1 「コウジ酸」の魅力って? | コーセーテクノロジースペシャルサイト

 

甘酒に含まれる成分③レジスタントプロテイン⇒コレステロール低下、便秘解消に効果的♪

甘酒に含まれる成分③ レジスタントプロテイン⇒便秘解消に効果的♪

レジスタントプロテインとは、体内の消化酵素で分解されにくく食物繊維のような働きをするたんぱく質の1種です。
甘酒の原料である酒粕に含まれてます。
身体の中の脂質を吸着させて便と一緒に排泄する働きがあるので、脂っこい食事をしても大丈夫♪
コレステロールを低下させる吸着した脂質は潤滑油の代わりとなって便秘解消にも役立ってくれるんですよ~♪

ちなみに甘酒には2種類あって、「麹」が原料の甘酒と、「酒粕」が原料の甘酒があります。
それぞれちょっとずつ効果が違うのでこちらも参考に♡

 

 

甘酒に含まれる成分④ブドウ糖⇒“上手に摂れば”ダイエットに効果的♪

甘酒に含まれる成分④ ブドウ糖⇒太りにくい糖質でダイエットに効果的♪

空腹を感じたときにブドウ糖を少し摂ると、血糖値がアップするので脳の空腹感が解消されるんだとか!
結果、間食を減らすことができるので、ダイエットに効果的なんですよ♪
ブドウ糖は砂糖よりもカロリーが低いので、“上手に摂れば”ダイエットにおすすめ◎
糖分なので、食べ過ぎるともちろん太ります
また、栄養剤の点滴にもブドウ糖が使われていることから、身体にも優しい糖分なんですよ。

参考:大注目のブドウ糖、脳の空腹感解消でダイエットにも効果的

 

甘酒に含まれる成分⑤アミノ酸⇒美肌・美髪・疲労回復に効果的♪

甘酒に含まれる成分⑤ アミノ酸⇒美肌・美髪・疲労回復に効果的♪

私たちの身体には約20種類のアミノ酸があるそうです。
なんと甘酒は、食事から摂取しなければならない9種類の必須アミノ酸をすべて網羅していて、さらにその他のアミノ酸まで摂取することができるんです♡
アミノ酸には細胞が新陳代謝を促進したり、疲労回復に効果を発揮するので、新陳代謝を高めると美肌・美髪にもいいですし、疲れやすい人にはもってこい◎
食事から摂らないといけない必須アミノ酸をすべて甘酒から摂取できるというのは嬉しいですよね♪

 

おわりに

甘酒に含まれている栄養素はどれも魅力的なものばかりです。
私たちの身体に必要な栄養素がギュッと凝縮されている甘酒は、まさに「飲む点滴」という名前がふさわしいですね♡
また、甘酒には身体を温める効果もあることから、これからの時期にはぴったりの飲み物♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る