2016/07/28

腸内環境を制する者はダイエットを制する!腸内フローラとサプリの4つの関係

腸内環境を制する者はダイエットを制する!腸内フローラとサプリの4つの関係

腸内フローラを良好にして、腸内環境を整える事で便秘やぽっこりお腹の改善に繋がる事をご存知ですか?

腸内環境の乱れは悪化すると口臭の原因になったり、万病の元になる可能性もあるのです。

しかし、いざ腸内環境を整えると言ってもどのような食べ物を食べたら良いかわからないという方も多いかと思います。

そこで今回は腸内環境を整える為のとっておきの知識や、食べ物選びのルールについて紹介していきたいと思います。

 

 

腸内フローラとサプリメントの4つの関係

まず、皆さんは「腸内フローラ」という言葉をご存知ですか?

腸内フローラというのは、腸内細菌の生態系の事を指しているのですが、簡単に言うと善玉菌だけの事を指すのではなく、悪玉菌も含む腸内佐近のバランスの事を指していると言えます。

腸内細菌は100兆匹を超えると言われており、腸内細菌の種類はなんと数百種類にもおよぶと言われています。

① 腸は第2の脳といわれる重要なポイント

腸は第2の脳といわれる重要なポイント

「腸は第2の脳」と言われているように、私達人間にとってとても重要な臓器です。

この事からもわかるように、腸内フローラのバランスを良好にする事は、私達の健康そのものに直結する事だと言っても過言ではないでしょう。

 

② サプリで腸内フローラができる!?

サプリで腸内フローラができる!?

さて、この腸内フローラなのですが、体外から乳酸菌などのサプリメントを摂取する事で改善する事は可能なのでしょうか?

答えは「イエス」です。

腸内フローラのバランスは、むしろ食べ物など外部から摂取するもので整えなければならないものなのです。

 

③ 腸内フローラの仕組み

 腸内フローラの仕組み

具体的には、自分の身体に合った善玉菌を見つけ、悪玉菌の体勢が強力になりすぎないようにコントロールしていく必要があります。

善玉菌を増やすには、オリゴ糖などエサになるものを食べて繁殖してくれるか、乳酸菌のサプリメントを飲み続けて増やすという方法しかありません。

特に腸内フローラが乱れている時には、善玉菌の勢力が強くなっているので、既に腸内にいる善玉菌だけでは悪玉菌に勝つ事が出来なくなってしまうのです。

なので、そのような場合には乳酸菌サプリメントなど食べ物から摂取して、意図的に腸内の善玉菌を増やしていく必要があります。

 

④ サプリでの腸内フローラのポイント

 サプリでの腸内フローラのポイント

また、サプリメントなどは効果がないからと言ってすぐに服用をやめてはいけません。

サプリメントは元々即効性のあるものではありませんので、まずは1ヶ月くらい飲み続けましょう。

徐々に身体やお通じの状態、お肌の状態が変化してくると思いますので、経過を観察していきましょう。

 

 

食べ物でも腸内環境を整える事ができる!?

食べ物でも腸内環境を整える事ができる!?

腸内環境を整える上で、大きな役割を担うのが「食生活」なのです。

腸内フローラが身体の免疫活性化に大きく役立っているので、腸内環境と健康にはとても深いかかわりがあるのです。

身体のデトックス機能を担っているのも、腸内フローラと言えるでしょう。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3つに分類されます。
日和見菌という菌は、体調により善玉菌と悪玉菌のどちらにでもなれる菌の事です。

善玉菌の比率が多い程に腸内環境は良好だと言えます。

善玉菌を増やして腸内環境を整えていく為には、食生活を心がけると良いでしょう。

 

 

腸内環境を整えるおすすめの食材とNGな食材

食物繊維には水に溶けない性質のある「不溶性食物繊維」と、水に溶ける性質のある「水溶性食物繊維」があります。

お通じの調子が悪くて便秘で悩んでいるという方は、野菜などの食べ物から積極的に食物繊維を摂取しようと心がけているかと思います。

しかし、その際に何でもいいから食物繊維豊富な食べ物を食べるのではなく、水溶性食物繊維を含んだ食べ物を食べる事が重要なのです。

というのも、便秘気味という事は腸内の水分が少ないという事になりますので、不溶性食物繊維を含んだ食べ物を食べると、腸に引っかかってしまい、余計に便秘を悪化させてしまう可能性があるからです。

① 不溶性食物繊維が多いNGな食材

不溶性食物繊維が多いNGな食材

主にいも類や豆類、根菜などの食べ物が多い事がわかります。
一方で水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けてくれるので腸内の老廃物を吸収しやすくなります。

これによって老廃物を身体の外へ排出する機能が高い食物繊維だと言われているのです。

なので、便秘気味で悩んでいるという方は、水溶性食物繊維を含んだ食べ物を積極的に摂取する様心がけましょう。

NG食材
ひよこ豆、いんげん豆、あずき、くり、おから、エンドウ豆、こしあん、パセリ、グリンピース、しそ、モロヘイヤ、納豆、エリンギ、とうもろこし、あしたば、ブロッコリー、さつまいも、ごぼう、さといも等

 

② 水溶性食物繊維が多いおすすめ食材

水溶性食物繊維が多いおすすめ食材

主に果物や海草類、きのこ類などの食べ物に水溶性食物繊維が多くふくまれているという事がわかります。

ちなみに、1日に摂取する食物繊維の目安は男性24~27g、女性19~21gとなっているのですが、日本人の平均摂取量はこの数字をはるかに下回っています。

このデータからも食べ物のみで食物繊維を補うというのは、とても難しい事だという事がおわかりいただけるでしょう。

意識していなければどうしても食物繊維は不足しがちになってしまいます。
普段の食生活から見直して、腸内フローラの改善へと繋げていかなければなりません。

おすすめ食材
にんにく、ゆず、レモン、オクラ、アボカド、エシャロット、なめたけ、春菊、大麦、にんじん、りんご、バナナ、えのき、わかめ、昆布、しいたけ等

 

腸内フローラを整えるには、乳酸菌サプリがおすすめ♡

乳酸菌革命生きて乳酸菌を届けて理想の腸内フローラへ

価格 2,730円(税込)
内容量と目安 62粒 / 1ヵ月分
編集部コメント 腸内環境を制する者はダイエットを制します♡

公式SHOPをみる♡

 

 

おわりに

何よりサプリメントを飲み続ける事が重要なポイントとなります。
効果を感じられないからと言って、すぐに服用をやめてはいけません。

サプリメントは普段の食事で補えない分を賄う為のものです。
急激に効果が得られるものではありませんし、即効性があるものでもありません。

数ヵ月という単位で飲み続ける事でサプリメントの効果を体感していきましょう♪

数ヵ月という単位で飲み続ける事でサプリメントの効果を体感していきましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る