2016/06/07

あなどることができない水素水!がんにも効果ある?その3つの理由とは

侮ることのできない水素水!がんにも効果ある?その3つの理由とは

水素水は私たちの体にとってとても良い働きをしてくれることがわかって以来、とても注目を集めています。

その水素水が、がんの治療にも効果的だと言われているんです!

水素水ってただの水でしょ?
水ががんに効くの?

なんて疑問を抱いた方・・・水素水はあなどれません!

健康に良いと言われている水素水を飲んで、がんの治療にも役立てていきましょう!

 

 

水素水がガンに効く3つの理由

理由① 移転しにくいガンにする

理由① 移転しにくいガンにする

ミトコンドリアという細胞を研究した結果によると、ミトコンドリアのDNAの異常は細胞のがん化には影響ないとのことです。

しかし、がん化した細胞の転移には関係しているということ報告されています。

転移しやすいと言われているがんと転移しにくいがんのミトコンドリアを入れ替えた結果・・・

「転移しやすいがんの細胞」を入れられた「転移しにくいがん」は転移しやすいがんになったのです。

逆に転移しにくいがんの細胞を入れた場合、転移しやすいがんは転移しにくいがんになったのだそうです。

この研究の結果からもわかるように、がんの転移とミトコンドリアにはとても深い関係があるのです。

 

理由② 細胞の正常な活性化を促す

理由② 細胞の正常な活性化を促す

水素水はミトコンドリアなどの細胞への働きも期待されている物質です。

ミトコンドリアのDNAはエネルギーを作るうえで活性酸素を大量に発生させてしまいます。

水素水ががんに効果的と言われている理由の1つとして、細胞の正常な活性化が注目されています。

そして他にも水素水がミトコンドリアに働きかけることによって、がんの転移を抑える働きが期待されています。

 

理由③ 肝臓機能低下を減らす

理由③ 肝臓機能低下を減らす

がんの治療をするためには本来、たくさんの治療薬を使わなくてはいけません。

例えば現在がんの治療薬として使われているものの中には「シスプラチン」という薬があります。

この薬にはがん細胞のDNAと結合することでDNAの複製を妨げてがん細胞を死滅させるという働きがあります。

しかし、この薬を使うことで腎臓機能に悪影響がでるという副作用があるのです。

そしてがんに効果のあると言われている水素水は、この肝臓機能の障害を減らすという働きがあるのです。

さらに水素水にはシスプラチンというがん細胞を死滅させる働きには全く影響がないので、シスプラチンを使いながら水素水をがんの治療に役立てていくことができるのです。

 

 

おわりに

今あるがんをこれ以上増やさないためには水素水を使った治療がとても役に立ち、さらに水素水を使った治療は、他のがんの治療法とも相性がいいので比較的取り入れやすいです。

他の治療法と合わせて水素水を飲み続けることで、効果的にがんの転移を防いでいきましょう!

他の治療法と合わせて水素水を飲み続けることで、効果的にがんの転移を防いでいきましょう!

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る