Yabiiiiii

大敵!赤ニキビに効く食べ物3つと赤ニキビの原因になる食べ物3つ

大敵!赤ニキビに効く食べ物3つと赤ニキビの原因になる食べ物3つ

ニキビが炎症を起こし腫れ上がってしまうと赤ニキビになってしまいます。

赤ニキビは治すことができてもニキビ跡として残ってしまうことが多いので悩んでいる人も多いかと思います。

そんなやっかいな赤ニキビは、普段の食生活を見直して症状を改善していくことをおすすめします!

今日は赤ニキビに効く食べ物と、赤ニキビの原因になる食べ物を3つずつ紹介していくのでぜひ参考にしてくださいね♡

 

 

赤ニキビの原因となる3つの食べ物

まずは、赤ニキビの原因となる食べ物の摂取量を減らしていくことで、より効率よく赤ニキビとおさらばしましょう!

原因① 油分の多い食べ物

油分の多い食べ物

日本人の食生活はどんどん欧米化していると言われています。
特にファーストフードやコンビニで販売されているホットスナックには動物性の脂質がたくさん含まれています。

動物性脂質は皮脂の分泌量が増えてしまい、脂質が増えるということはもちろん赤ニキビができる原因になるということです。

脂質は赤ニキビにとって大敵と言ってもいいでしょう。
忙しくて外食が多い、仕事帰りなどによくコンビニで食べ物を買うという方は要注意ですよ!

 

原因② 糖分の多い食べ物

 糖分の多い食べ物

甘いものを食べ過ぎると赤ニキビができやすくなるという認識を持っている方は多いかと思います。
甘いももの=ニキビができるというのは、糖分を分解するときにビタミンが使われるからです。

本来、ビタミンはターンオーバーのために役立っている栄養素なのですが、糖分の分解にビタミンが使われてしまうとビタミン不足となりターンオーバーが乱れてしまうのです。

特に女性は甘いものが好きという方も多いですが、赤ニキビを治すためにも少しずつ摂取量を減らしていくことをおすすめします♪

 

原因③ カフェイン

カフェイン

食べ物ではありませんが、コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインも赤ニキビの原因になってしまいます。
カフェインにはビタミンB群の吸収率を妨げるという特徴があります。

これは、糖分と同じようにターンオーバーを乱すことに繋がってしまうので、赤ニキビができる原因になってしまいます。

また、ターンオーバーの乱れはニキビができるだけでなく、ニキビが治りにくくなる、ニキビ跡が残る原因にもなるので要注意です!

 

 

赤ニキビに効果のある3つの食べ物

効果① ブロメラインを含む食べ物

ブロメラインを含む食べ物

ブロメラインはたんぱく質に働きかけると言われている酵素の種類の1つです。
消化や吸収をサポートする働きがあるので、腸内環境を整えるのにももっていなのです。

また、炎症やアレルギーの原因になるたんぱくしつを流しだす働きもあるんです。
炎症を流しだすことができるので、赤ニキビには特に効果的と言えるでしょう。

ブロメラインはパイナップルに含まれている酵素で、他の食品からは摂ることができません。

パイナップルに含まれているブロメラインは熱に弱い特徴があるので、パイナップルを食べるときはデザートとして生で食べるのがおすすめです♪
赤ニキビで悩んでいるという人はパイナップルこそが赤ニキビを改善する救世主となってくれるでしょう♡

 

効果② ビタミンを含む食べ物

ビタミンを含む食べ物

肌のターンオーバーを正常化するにはビタミンが欠かせません。
「美容=ビタミン」というイメージを持っている方が多いのもこのためではないでしょうか。

ビタミンの中でも特にビタミンB群はターンオーバーに効果的な栄養素となっています。
ビタミンは美容に役立つ栄養素ということで、コンビニなどでもドリンクタイプの商品が多く販売されています。

このように、ビタミンは他の栄養素と比べても比較的摂取しやすい栄養素だと思うので、意識して摂取していくといいでしょう♪

 

効果3 たんぱく質を含む食べ物

たんぱく質を含む食べ物

たんぱく質は私たち人間のお肌や爪、髪の毛、筋肉、臓器などの原料になってる大切な栄養素です。
たんぱく質がなければ私たちの身体は成り立たないといっても過言ではありません!

お肌を作る原料もたんぱく質であり、たんぱく質が不足しているとターンオーバーが行われなくなってしまうのです。

そうなると赤ニキビだけでなく、ニキビ跡の原因にもなってしまいます。

また、いくらお肌にいいと言われているビタミンを摂取しても、お肌の原料となっているたんぱく質が不足すればもちろんターンオーバーは行われなくなってしまいます。

赤ニキビを治すためにはビタミンとたんぱく質をセットで摂るように意識するといいですよ♡

 

 

おわりに

赤ニキビができると多くの方が「たかがニキビ」という考えから、「皮膚科に行ったほうがいいかな?」と考えるようになります。

しかし、皮膚科で一時的に赤ニキビの炎症を抑えることができても、食生活を見直さない限り赤ニキビは再発してしまうでしょう。

また、ニキビケア専用の化粧水を変えてみるのもおすすめ!

繰り返す赤ニキビの症状をストップさせるためにも、日ごろの食生活を見直すことから始めてみませんか?♡

繰り返す赤ニキビの症状をストップさせるためにも、日ごろの食生活を見直すことから始めてみませんか?♡

関連記事

Yabiiiiii編集部

Yabiiiiii編集部

投稿者プロフィール

今話題のあんな事やこんな事を紹介してます。

Pick up!!

  1. ダイエットサプリの正しい選び方は?5種類の効果と副作用、おすすめ商品まとめ

    1週間で5キロ痩せたい! すぐに10キロ痩せたい! そんな人が良く飲んでるのがダイエットサプ…
  2. 痩せない?「こうじ酵素」を30日間試してみた!口コミと効果

    痩せない?「こうじ酵素」を30日間試してみた!口コミと効果

    NHKなど、テレビでも特集が組まれるほどダイエットに効果的な「麹こうじ」。 そして、ダイエット…
  3. 二の腕のブツブツの原因と治し方。皮膚科に行かなくても尿素クリームで治せる?

    二の腕のブツブツの原因と治し方。皮膚科に行かなくても尿素クリームで治せる?

    その原因がわかりません!二の腕ブツブツの正体とは?? 女性なら悩んでいる人も多いの…
  4. まつげ美容液で効果があるオススメは?女子が選ぶ口コミランキング

    まつげ美容液で効果があるオススメは?女子が選ぶ口コミランキング

    「まつげ美容液ってたくさんあるけど、一番効果があるのはどれ?」 「まつ毛美容液の商品が多すぎてどれ…
  5. ビューティフルスキン ミネラルファンデーションを試してみた!わたしの口コミ

    ビューティフルスキン ミネラルファンデーションを試してみた!わたしの口コミ

    皮膚科医が考案し全国の医療機関で支持される「ビューティフルスキン ミネラルファンデーション」 …

おすすめ記事

  1. Be Sumile(ビースマイル)トゥースホワイトニングを実際に試してみた!口コミと効果
    笑った時などに気になる歯の色。 黄色いとちょっと・・・悲しくなりますよね。 芸能人は歯が白く…
  2. やっぱり植物性が一番♡市販のボタニカルシャンプーおすすめ8商品とその魅力
    今話題のボタニカルシャンプー。 流行っているから使っているという方も多いかと思いますが、まだま…
  3. 痩せない?美甘麗茶(びかんれいちゃ)を1ヵ月間試してみた口コミと効果
    ダイエットに失敗したことがある人は、ほぼすべての女性誰もが、1度は経験したことがあると思います! …
  4. 友達がいない・・大丈夫!『一匹オオカミ女子』に魅力を感じる男子に聞いた13の理由
    女子って群れる生き物。 なかにはトイレも一緒じゃないとイヤという人も。 でも男子からするとそ…
  5. 家庭用脱毛器「ケノン」で全身の脱毛をやってみた!口コミと効果
    脱毛といえば、「脱毛エステサロン」「医療脱毛」などが主流です。 しかし、そういったところは「恥ずか…
  6. メディプラスゲルを25歳のわたしが1ヵ月間使ってみた!口コミと効果
    最近TVや雑誌で話題の「メディプラスゲル」。 @コスメなどの口コミでも評判が良く、敏感肌の人か…
  7. 今回は前回に引き続きアンケート企画の報告をしたいと思います! 前回は20代の女性に聞いた黒ずみ…
  8. 太りにくい体を取り戻す!手っ取り早く「基礎代謝」を上げる方法5つ
    基礎代謝が活発で、いつ、何を食べても、太らなかったのは若い頃の話。 30歳を過ぎたころからだん…
  9. 痩せてキレイになれちゃうー!ごぼう茶の5つの効果効能がヤバい!
    ごぼうといえば、きんぴらやサラダ、煮物、天ぷらなどで食べる事が多いですよね。 でも、「お茶」として…
  10. DHC フォースコリーを実際に試してみた口コミと効果。副作用は?飲み方は?
    DHCのフォースコリーは、売り上げ3300万個を突破し、ダイエットサプリシェアNo.1に輝いた人気の…

Category

○○な話

  1. 吹石一恵の素顔に脱帽。あの福山雅治を射止めた吹石一恵の素顔とは?【結婚秘話】
    福山雅治さんと吹石一恵さんの結婚報道で沸いた9月28日。 「なぜ吹石一恵さんなの??」 とい…
  2. 素敵すぎる!妻がミッション:インポッシブル風に報告。夫へのメッセージにほっこり♡
    いつも帰宅が遅い旦那さんがいる家庭では、夫婦の会話がついついおろそかになってしまう…。 そんな…
  3. 赤ちゃんを抱いて講義をする大学教授。なぜ?世界中の母親が賞賛した理由とは…?
    「大学教授」といえば、どんな人をイメージしますか? 厳しいイメージ 怖いイメージ 口う…
ページ上部へ戻る