2017/05/29

肌荒れニキビに効く食べ物3つと肌荒れニキビの原因になる食べ物3つ

肌荒れニキビに効く食べ物3つと肌荒れニキビの原因になる食べ物3つ

今日はデートなのに肌荒れニキビが・・・

大事な日こそ現れる肌荒れニキビ・・女性にとっては大きな悩みの種になっているでしょう。

そこで今回は、肌荒れニキビの種類ごとに効くと言われる食べ物を3つ紹介していきたいと思います。

後半ではニキビの原因になる食べ物も3つ紹介していきますので、肌荒れニキビで悩んでる人は必見ですよ♡

 

 

肌荒れニキビに効く食べ物3つ

① 大きな肌荒れニキビやニキビ跡にはビタミンCが効果的!

大きな肌荒れニキビやニキビ跡にはビタミンCが効果的!

肌荒れニキビやニキビ跡で悩んでる人にはビタミンCがおすすめ♡

皮脂の分泌量を抑えることができるので、肌荒れニキビの原因となる毛穴の詰まりをふせぐことができます。

また、ビタミンCには抗炎症作用があるので、肌荒れニキビの炎症をおさえることもできちゃうんです。
さらにはコラーゲンの生成を促したり、メラニンの還元効果もあるのでニキビ跡の改善にも役立ちますよ!

ビタミンCを含む食べ物
赤ピーマン、ピーマン、アセロラ、レモン、パセリ、いちご、ブロッコリー、焼きのりなど

 

② 吹き出物がでやすい肌荒れニキビにはビタミンB群が効果的!

吹き出物がでやすい肌荒れニキビにはビタミンB群が効果的!

ビタミンB群が不足してしまうと皮脂の分泌量が増えてしまいます。
皮脂が過剰に分泌されると肌荒れニキビができやすくなるだけでなく、治りにくくなってしまい肌荒れニキビが慢性化してしまう可能性があります。

このようなお肌には特にビタミンB2とB6が効果的♪

ビタミンB2を含む食べ物
鶏レバー、牛レバー、豚レバー、うなぎ、納豆、焼きのりなど
ビタミンB6を含む食べ物
B2と同様にレバー類、もも肉、ぎんなん、ピスタチオ、にんにく、マグロ、かつおなど

 

③ 乾燥で繰り返す肌荒れニキビにはビタミンA

乾燥で繰り返す肌荒れニキビにはビタミン

お肌が乾燥しているとニキビだけでなく、多くの肌トラブルを招きやすくなってしまいます。

根本的にお肌が乾燥している場合は基礎化粧品だけで乾燥を防ぐのは難しいので、ビタミンAでターンオーバーを促進して健康的なお肌を育てていきましょう。

 

ビタミンAを含む食べ物
ビタミンB2、B6と同様にレバー類、にんじん、うなぎ、パセリ、しそ、ホウレンソウ、バターなど

 

 

肌荒れニキビの原因になる3つの食べ物

では、次は肌荒れニキビの原因になる食べ物を紹介していきたいと思います。

 

原因① 脂質の多い食べ物

脂質の多い食べ物

私たちにとって脂質も必要不可欠な栄養素の1つなのですが、動物性の脂質は皮脂腺を刺激するという特徴があります。

摂りすぎてしまえば皮脂の分泌量が増えるので肌荒れニキビの原因になってしまいます。
また、摂りすぎは肌荒れニキビだけでなく生活習慣病の原因にもなるので要注意です!

 

原因② GI値の高い食べ物

GI値の高い食べ物

GI値とはその食品ごとの血糖値の上昇指数のことで、食品が消化されて糖に変わるまでの速さを表しています。

GI値の高い食べ物を食べると結果的に男性ホルモンの量が増えてしまうので、皮脂もいつも以上に分泌されてしまいます。
皮脂が過剰に分泌されると皮脂の排泄が追い付かず、毛穴に詰まって肌荒れニキビの原因になってしまいます。

 

原因③ 嗜好品

嗜好品

紅茶やコーヒー、アルコールなどの嗜好品の摂りすぎも肌荒れニキビの原因になります。

紅茶やコーヒーに含まれているカフェインはビタミンの吸収を妨げてしまうので、ターンオーバーに悪影響が出てしまいます。
アルコール類にも皮脂腺を刺激するという特徴があるので、皮脂の分泌量を増やすこととなり肌荒れニキビの原因になってしまうのです。

 

 

おわりに

肌荒れニキビは1日で治るものではありません。

化粧水も変えてのダブルパンチもおすすめです!

毎日の食生活を変えていくことで、内側から肌荒れニキビの改善・予防に役立てていきましょう♡

毎日の食生活を変えていくことで、内側から肌荒れニキビの改善・予防に役立てていきましょう♡

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る