2017/07/01

足がむくむ・・と思ったら、試してほしい足のむくみを取る9の方法

足がむくむ・・と思ったら、試してほしい足のむくみを取る9の方法

身体の中でも特に足という部分はむくみの症状が出やすい場所だと言われています。

立ち仕事やデスクワークで夕方になると足がひどくむくんでいる…
朝は何とも感じなかったのに、帰宅するときにはブーツがきつい…
そんな経験はありませんか?

ひどい足のむくみは、ほっておけば次の日に持ち越すことになり、とても辛いですよね。

日ごろの食事や生活習慣が足のむくみの原因になっている場合も多く、足のむくみが悪化することで足首の痛みを伴う場合があるので、足がむくんだ場合は早めに改善するのがおすすめ◎

そこで今回は、足がむくむの6つの原因と、足のむくみを取る9つ方法を紹介していきたいと思います。

簡単にできる方法ばかりなので、今日から実践してみましょう♡

 

 

足がむくむ6つの原因

足がむくむ原因① 長時間の立ち仕事

足がむくむ原因① 長時間の立ち仕事

寝たきりにで過ごしていると顔がむくむように、身体の中の水分は上から下へと移動していきます。
長時間立ったままで作業していると、身体の中の水分はどんどんと下の方へ下がっていくばかりなので、足がむくみます。

また、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多い人も足がむくみやすいので要注意です。

 

足がむくむ原因② 身体の冷え

足がむくむ原因② 身体の冷え

女性の約8割は冷え性で悩んでいると言われています。
冷えた状態が続けば筋肉が固くなり、毛細血管にスムーズに血液が流れなくなることでむくみと冷え性が悪化してしまいます。

 

足がむくむ原因③ 塩分やアルコールの摂りすぎ

足がむくむ原因③ 塩分やアルコールの摂りすぎ

塩分を摂りすぎると、塩分濃度を下げるために水分が欲しくなります。
アルコールも同じように、アルコール濃度を下げるために身体が水分を欲します。
お酒を飲みながら塩辛いおつまみを食べる習慣のある人は特に注意が必要です。

身体に余分な水分が溜まってしまえばもちろん足のむくみの原因になるので、摂取量を控えるようにしましょう。

 

足がむくむ原因④ 老廃物が溜まっている

足がむくむ原因④ 老廃物が溜まっている

そもそもむくみとは、リンパや静脈の流れが滞ることで水分や老廃物が漏れ出し、各細胞の間に溜まってしまうことです。

通常であればリンパ管がポンプのような働きをしていて老廃物を上へと押し上げるのですが、この機能が上手く働かなくなるとで、下半身に老廃物や水分がたまりむくみの症状が足に出てしまうのです。

 

足がむくむ原因⑤ 運動不足

足がむくむ原因⑤ 運動不足

血液の循環は足の筋肉の収縮がポンプの役目を果たしています。
運動不足は様々な病気や症状の引き金になると言われていますが、足のむくみも例外ではありません。

運動不足で足の筋肉が衰えてしまうと、このポンプの働きが低下してしまい足のむくみの原因になります。

 

足がむくむ原因⑥ 生活習慣が乱れている

足がむくむ原因⑥ 生活習慣が乱れている

生活習慣の乱れは自律神経の乱れに繋がります。
自律神経は身体のいろいろな機能に影響を与えて、足のむくみとも深く関係していると言われています。

生活習慣が乱れ、自律神経が正常に働かなくなることで足のむくみにつながってしまうんですよ。

 

 

足のむくみにおすすめ!足のむくみを取る9の方法

足のむくみを取る方法① ウォーキングをする

足のむくみを取る方法① ウォーキングをする

むくみの症状が出ている部分を適度に動かすと、血流が促進されてむくみを解消できると言われています。
なので、ひどい足のむくみで悩んでいる場合にはウォーキングがおすすめです♪

特にふくらはぎを意識しながらウォーキングすると、筋肉のポンプ機能が強化されるので足におりてきた血液を心臓に戻すことができます。
そうすることで足に溜まる水分の量も減るので、足のむくみ解消へと繋がります。

 

足のむくみを取る方法② マッサージをする

足のむくみを取る方法② マッサージをする

足にはたくさんのツボがあり、血行促進効果のあるツボもたくさんあります。
むくんでいる部分や症状に合わせて、ツボ押しをしてみると良いでしょう♪

  • 太もものリンパ節のマッサージ
    まずは太ももの付け根にあるリンパ節をマッサージしていきます。
    両足の裏を合わせたまま両ひざを曲げて脚全体が床につくように座ります。
    手のひらを重ねて左右5回ずつ太ももの付け根にゆっくりと圧力をかけていきます。
    初めにこのリンパ節を刺激しておくことでリンパが流れやすくなるので、身体に溜まった水分や老廃物を排泄しやすい状態をつくることができます。
  • 太もものマッサージ
    身体の前に軽く膝をまげた状態で足をのばして座ります。
    両手で足を包み込むイメージで膝から足の付け根に向かって撫でていきます。
    太ももの外側、裏側、内側を左右それぞれ5回ずつ行いましょう。
  • 膝裏のリンパ節のマッサージ
    膝裏のへこんでいる部分に親指以外の4本の指をあてて、10回ずつ上に向かってさすっていきます。
    膝の上側も同じように手のひらでさすっていきましょう。
  • ふくらはぎのマッサージ
    手のひら全体を使い、足首から膝の裏に向かってさすっていきます。
    左右5回ずつ行いましょう。
  • つま先から足首へのマッサージ
    足首を軽く回してから足の甲と裏を5回ずつさすります。
    足の裏は親指で軽く刺激していくといいでしょう。

最後までできたら、今度は「つま先から足首へのマッサージ」~「太もものマッサージ」という順番で行っていきましょう。

痛気持ちいいくらいの強さで!

マッサージは強く刺激すれば効果が高まるものではないので、痛気持ちいいと感じるくらいの強さで行います。
マッサージは入浴後にやると、リラックス効果もあっておすすめです♪

 

足のむくみを取る方法③ 加圧ソックスを履く

足のむくみを取る方法③ 加圧ソックスを履く

今ではたくさんの種類のものが販売されていて、薬局などでも購入することができます。

寝ているときに加圧ソックスを履くだけで、次の日には足がスッキリとして、とても気持ち良いですよ♪

おすすめはメディキュット

 

足のむくみを取る方法④ 貧乏ゆすりをする

足のむくみを取る方法④ 貧乏ゆすりをする

貧乏ゆすりは足を継続的に動かすので、足のむくみや冷え解消に繋がると言われています。
冷えもむくみを悪化させる1つの原因なので、同時に解消できるのは嬉しいですよね♪

ただ、人前で貧乏ゆすりは…と感じる人が大半でしょう。
周りに人がいる場合には足を延ばし、足首を上下に動かすだけでも同じように効果を期待することができます。

ふくらはぎは「第2の心臓」とも言われているくらい血行にとても深く関係しているので、ふくらはぎを動かすことはむくみ解消にとても効果的なんですよ♡

 

足のむくみを取る方法⑤ カリウムを摂取るする

足のむくみを取る方法⑤ カリウムを摂取るする

塩分の摂りすぎ、お酒の飲みすぎでひどく足がむくんでいる場合には、おすすめなのがカリウム♡
カリウムは塩分や老廃物の排泄にとても役立ってくれます。

バナナや大豆、昆布などの海藻類に多く含まれています。
また、カリウム配合のサプリで摂取するのもおすすめです。

 

足のむくみを取る方法⑥ ハイヒールを履かない

足のむくみを取る方法⑥ ハイヒールを履かない

ハイヒールは、女性にとってオシャレをする上で欠かせないアイテム♡
しかし、ハイヒールを履くと血行が悪くなってしまう場合があるので、足のむくみがひどいと感じたら控えるようにしましょう。

 

足のむくみを取る方法⑦ しゃがむ

足のむくみを取る方法⑦ しゃがむ

立ちっぱなしのときなど、ちょっとしゃがんでみましょう。

しゃがむことで筋肉がストレッチされて、パンパンにむくんだ足が楽になります。
また筋肉を動かすことで血流がよくなるのでむくみ解消にも◎

下にわざと物を落としてしゃがんでみるのも◎

 

足のむくみを取る方法⑧ 足を上げる

足のむくみを取る方法⑧ 足を上げる

壁におしりをくっつけて、そのまま足を壁に沿わせながら上に上げます。
この態勢がきつい場合は椅子やベッドに足をかけて、足が心臓より高い位置にくるようにします。

とても簡単ですが、足のむくみがスッと楽になるので、寝る前の習慣にするのも良いかと思います♪

 

足のむくみを取る方法⑨ 身体を温める

足のむくみを取る方法⑨ 身体を温める

足のむくみを解消したいのであれば、まずは身体を冷やさないことが大切!
しかし、締め付けのある靴下や衣類は血行が滞る原因になってしまうので、靴下や衣類のサイズはとても重要です。

温かいお風呂につかって、お風呂に入れない場合は40℃くらいのお湯を用意して足湯をする。
身体全体が温まったら、ゆとりのある靴下や衣類を着て、足が冷えないようにしていきましょう。

 

 

おわりに

足のむくみは、1度むくんでしまえば繰り返すと言われています。

辛い足のむくみを繰り返してしまう前に、今日からむくみ解消法にチャレンジしてみてはいかがですか?♡

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る