2017/05/30

敏感肌の人でも使えちゃう♪ニキビに効く化粧水の選び方 6つのポイント

敏感肌の人でも使えちゃう♪ニキビに効く化粧水の選び方 6つのポイント

「ニキビに効く化粧水が欲しいけど、新しい化粧水は肌荒れしそうで不安」

「ニキビに効く化粧水は刺激が強そう…」

新しくニキビに効く化粧水を購入するとき、敏感肌の方はこのように化粧水の選び方で迷ったりしていませんか?

今回はそんな悩みを解決すべく、ニキビに効く化粧水の選び方について紹介していきたいと思います♪

敏感肌の方でも使える化粧水を紹介していくので、化粧水選びの参考にしてください♡

 

 

ニキビに効く化粧水の選び方 6つのポイント

 

ポイント① お肌はデリケートだということを知る

ポイント① お肌はデリケートだということを知る

大人ニキビはとてもデリケートなものです。
なので、化粧水を選ぶときには敏感肌の方でも使えて、乾燥しない化粧水ということが重要なポイントなのです!

乾燥はかゆみを引き起こす原因にもなるので、化粧水でしっかりと水分を与えて乾燥を防ぐようにしましょう。

 

ポイント② 保湿タイプのものを選ぶ

保湿タイプのものを選ぶ

敏感肌+肌荒れニキビで悩んでいるという方は、ついついさっぱりとしたタイプの化粧水を選んでしまいがちです。
しかし、本当にニキビを治したいのであればおすすめは「保湿タイプ」の化粧水なのです。

アミノ酸やヒアルロン酸、これらの浸透性を高めると言われているビタミンC誘導体が配合されている化粧水がおすすめ♪

 

ポイント③ 種類を確認する

種類を確認する

今では「ニキビに効果的」という化粧水だけでもたくさんの種類の商品が販売されています。
ニキビ肌用の化粧水を購入する場合にもたくさんの種類があるのですが、敏感肌で悩んでいるという方は「ノンコメドジェニック」の商品を選ぶと良いでしょう。

ノンコメドジェニックとは、ニキビができにくくなる成分を配合している化粧水なので、繰り返すニキビで悩んでいる人にもおすすめです♪

 

ポイント④ ノンアルコールのものを選ぶ

ノンアルコールのものを選ぶ

アルコールやエタノールが含まれている化粧水はお肌の水分を蒸発させると言われています。
お肌の水分が蒸発してしまえばもちろん乾燥の原因になってしまいます。

また、アルコール入りのものは刺激が強い商品が多いので、敏感肌の方は特に要注意です!
配合成分をきちんと確認して、ノンアルコール・ノンエタノールの商品を購入しましょう♪

 

ポイント⑤ 肌質に合った化粧水を選ぶ

肌質に合った化粧水を選ぶ

よく「○○ランキング1位!」「○○も愛用中!」などという言葉を目にしますが、このようなうたい文句に惑わされてはいけません。
肌質に合った化粧水を使っていないとニキビが悪化してしまう可能性があります。

特に敏感肌の方はお肌がとてもデリケートな状態なので、うたい文句に惑わされて適当な化粧水を買うのは禁物です!

 

ポイント⑥ ピーリングタイプの化粧水は控える

ピーリングタイプの化粧水は控える

一言でニキビに効く化粧水と言っても「ニキビの炎症を抑える化粧水」「抗菌効果のある化粧水」「ピーリングタイプの化粧水」などの種類があります。
中でも敏感肌の方にとって「ピーリングタイプの化粧水」はあまりおすすめではありません。

古い角質を溶かしてターンオーバーを促進したり毛穴のつまりを解消するという効果があるのですが、今できてしまったニキビには効果がないのです。
むしろ、敏感肌の方がこのような化粧水を使ってしまうとニキビを悪化させる可能性があるので、要注意!

 

 

おわりに

普段何気なく使っている化粧水ですが、もしかしたらその化粧水が敏感肌やニキビを悪化させている原因かも?!

毎日使う化粧水だからこそ選び方のポイントを抑えて、ニキビに効果的な化粧水を使っていきましょう♪

毎日使う化粧水だからこそ選び方のポイントを抑えて、ニキビに効果的な化粧水を使っていきましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る