2017/05/30

女って大変・・・思春期にニキビができてしまう5つの原因と7つの治す方法

女って大変・・・思春期にニキビができてしまう5つの原因と7つの治す方法

毎日の学校生活は楽しくてたまらないのに、思春期ニキビのせいでテンションがあがらない・・・
なんてことはありませんか?

特に女性ならメイクの練習をしたいのに!と悩んでいる方も多いかと思います。
でも、落ち込んでいても思春期ニキビは治ってくれません。

まずは思春期ニキビができる5つの原因と7つの治す方法を紹介していきたいと思います。

 

 

思春期にニキビができてしまう原因の5つ

原因① ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化

思春期は成長ホルモンの分泌量が増える時期です。
ホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌量が増えやすくなっています。

しかし、毛穴は成長しきっているわけではないので、皮脂の排泄に追い付かず毛穴に皮脂が詰まってニキビができてしまうのです。

 

原因② 洗顔方法

洗顔方法

思春期は皮脂の分泌量が増えるので、顔がベタベタすると思うかもしれません。
しかし、必要以上に洗顔してしまうと必要な皮脂まで洗い流すことになってしまいます。

本来、皮脂はお肌を乾燥や刺激から守るために分泌されているので、必要な皮脂まで洗い流してしまえば余計に皮脂の分泌量を増やしニキビの原因になってしまうのです。

 

原因③ 睡眠不足

睡眠不足

思春期には勉強や部活しているだけでもとても忙しくなってしまいます。
さらに遊びや恋愛となると寝る時間を削ってでも…と思ってしまいますよね。

しかし、睡眠不足になると興奮や緊張したときに働く神経が活発になってしまいます。
この神経の働きが活発になってしまうと、皮脂の分泌量が増えて思春期ニキビができる原因になるのです。

 

原因④ 生理

生理

生理前にはホルモンのバランスが乱れやすくなってしまいます。
ただでさえ思春期でホルモンバランスが乱れているのに、生理前になるとさらにホルモンバランスが乱れてしまうのです。

まさに女性特有の悩みになりますが、生理前になると肌が荒れるという方は生理によるホルモンバランスの乱れが原因だと考えるのが自然でしょう。

 

原因⑤ 食生活

食生活

脂っぽいものを食べるとニキビができると言いますが、これは動物性の脂質を摂ることで皮脂の分泌量が増えることが原因だと言われています。

コンビニで販売されているホットスナックやファーストフードには動物性脂質がたくさん含まれているので、ニキビにも悪影響になってしまいます。
甘いものが好きだという方も要注意!

糖分を分解するときにビタミンがたくさん必要になるので、ターンオーバーを乱す原因になってしまいます。

 

 

女性の思春期ニキビを治す7つの方法

思春期ニキビはとても手ごわく、まさに思春期真っ最中の女性からしたら美容の大敵かと思います。

そんな女性の思春期ニキビを治す7つの方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね♡

治す方法① 洗顔は丁寧に行う

洗顔は丁寧に行う

洗顔は毎日してるけど治らないよ…と思いますよね?
でも、その洗顔方法をちょっと変えるだけで思春期ニキビを治すことができたとしたら…?

洗顔をするときは、まず泡をたてるということが重要です。
その泡で顔全体を包み込むように、優しく丁寧に洗うことがポイントなのです。

また、すすぎ残しはニキビの原因になってしまうので、20~30回を目安にして洗い残しがないようにすすいでいきましょう♪

 

治す方法② 洗顔の回数を減らす

洗顔の回数を減らす

思春期ニキビが気になるあまり、顔を洗いすぎていませんか?
本来皮脂は必要だから分泌されているわけであって、全てなくなってしまっては困るのです。

洗顔をしすぎていると必要な皮脂までなくなって、お肌を守るために過剰に皮脂が分泌されてニキビの原因になってしまいます。

朝の洗顔は水だけにして夜、洗顔をするときに洗顔料を使うなど工夫していくと良いでしょう♪

 

治す方法③ 日焼け止めを塗る

日焼け止めを塗る

ニキビができて弱っている肌にとって、紫外線はとても強いダメージになってしまいます。
特に思春期は部活や登下校などで日光に当たる時間が多くなります。

日焼け止めをきちんと塗って、紫外線のダメージからお肌を守ってあげましょう。
また、家に帰ったらきちんと日焼け止めを落とすこともお忘れなく♪

 

治す方法④ 食生活を見直す

食生活を見直す

特に学校や部活で忙しくてゆっくり食事を摂る暇がないという方は要注意です。
食生活の影響はもろにニキビに出てきます。

ニキビを治すならたんぱく質やビタミンなど、お肌に良いと言われてる栄養素をきちんと補給することが大切です。

また、甘いものや脂っこいものばかり食べているとニキビを悪化させる原因になるだけでなく、ターンオーバーの妨げにもなってしまいます。
好き嫌いをせずにバランスの良い食生活を心がけるようにしましょう♪

 

治す方法⑤ 良質な睡眠をとる

良質な睡眠をとる

お肌のターンオーバーは寝ている間に行われています。
良質な睡眠がとれていないとターンオーバーの妨げになってしまうので、たっぷりと睡眠をとりましょう。

テレビを見ながら寝ていたり、携帯をいじりながら寝ていると眠りが浅くなってしまいます。
寝る前1時間くらいは部屋を暗くして、良質な睡眠がとれるように意識しましょう♪

 

治す方法⑥ 枕やシーツを変える

枕やシーツを変える

寝ている間は意外にも汗をかくものです。
汗は放置していると菌が繁殖して、ニキビにも悪影響を与えてしまいます。

毎日取り換えるのが難しい場合は、枕にタオルをしくなどして工夫していくと良いでしょう♪

 

治す方法⑦ しっかりとメイクを落とす

しっかりとメイクを落とす

思春期になるとメイクを始める女性も多いかと思います。
メイクをして遊びに行って、帰ってきたら疲れてそのまま寝てしまったという経験はありませんか?

メイクをしながら寝るという行為は「顔に雑巾をつけたまま寝る」のと同じくらいお肌にダメージを与えると言われています。
メイクをした日には、きちんとメイク落としを使ってメイクを落としてから寝るようにしましょう。

 

 

おわりに

思春期ニキビは自分次第で改善することができるニキビです。

女性にとって思春期ニキビほど悩ましいニキビはありません。

毎日、少しずつ意識していくことで、思春期ニキビとはおさらばしてしまいましょう♪

毎日、少しずつ意識していくことで、思春期ニキビとはおさらばしてしまいましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る