2016/07/06

ニキビ跡の原因になる3つのことと治し方 4つのこと

ニキビ跡の原因になる3つのことと治し方 4つのこと

せっかくニキビが治ったとしてもニキビ跡が残ってしまってはとても悲しいですよね。

今日はニキビ跡の原因になることと、ニキビ跡の治し方について紹介していきますので、ニキビ跡にお悩みの方は必見ですよ♪

 

 

ニキビ跡の原因になる3つのこと

ニキビ跡の原因① 毛細血管が拡張、増生している

毛細血管が拡張、増生している

ニキビによって皮膚が傷つくと毛細が集まり、傷を癒すために働きます。

このとき、ニキビができていた部分に毛細血管が増えるので赤くなり、ニキビ跡ができるのです。

 

ニキビ跡の原因② 血液

血液

ニキビの炎症が真皮層にまで到達すると血管が傷ついて血液が流れ出てしまいます。
この血液に含まれているヘモグロビンが酸素を失うことで変色して、赤黒いニキビ跡ができてしまいます。

クレーターのようなニキビ跡ができるのもこのためです。

 

ニキビ跡の原因③ ニキビが繰り返しできている

ニキビが繰り返しできている

同じ場所に何度もニキビができていると皮膚の奥にある組織を何度も傷つけることになってしまいます。

皮膚の深部にある組織を壊してしまうとニキビが治ったとしても、ニキビ跡が残ってしまいます。

 

 

ニキビ跡の4つの治し方

なかなか治らないといわれているニキビ跡ですが、治し方がないかと言えばそうではありません。

正しいケアをすることでニキビ跡を治していきましょう♪
では、さっそくニキビ跡を治す方法を見ていきましょう!

ニキビ跡の治し方① 保湿化粧品を変える

保湿化粧品を変える

ビタミンCにはニキビ跡の赤みを消す効果があります。
赤みのあるニキビ跡にはビタミンC誘導体が配合されている保湿化粧品がおすすめです。

ちなみに、サプリメントなどから服用してもニキビ跡には効果がないので、保湿化粧品を変えることをおすすめします♪

 

ニキビ跡の治し方② ピーリングケアをする

ピーリングケアをする

シミのようなニキビ跡ができてしまった場合にはピーリングケアがおすすめです。
シミのようなニキビ跡は完治するまでに2~3年かかるといわれていて、日焼けをすると消えにくくなってしまいます。

なので、一刻も早く治すためにピーリングケアをするのです。
お肌への刺激が少ないタイプのピーリング剤を使って、古い角質をとっていきましょう♪

 

ニキビ跡の治し方③ 規則正しい生活をする

規則正しい生活をする

私たちの身体には傷ついたり、弱ったりしても自分で治す力を持っています。
ニキビ跡を治す場合だとターンオーバーが深く関係しているのですが、生活リズムが乱れるとターンオーバーも乱れてしまう可能性が高いのです。

ターンオーバーを正常にしてニキビ跡を治すためにも、規則正しい生活を心がけましょう♪

 

ニキビ跡の治し方④ 薬を使う

薬を使う

ニキビ跡の治療には薬を使うことがあります。

皮膚科で専用の薬を出してもらえるので、ニキビ跡が全然治らない!早くニキビ跡を治したい!という方は皮膚科に行くと良いですよ♪

 

 

おわりに

ニキビ跡は基本的に生活習慣やスキンケアに気を付けるだけで治すことができますが、これはあくまでも軽いニキビ跡の場合です。

クレーターや重度のニキビ跡が気になる場合には皮膚科に行って専門医に相談することをおすすめします。

クレーターや重度のニキビ跡が気になる場合には皮膚科に行って専門医に相談することをおすすめします。

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る