2016/07/15

やっぱり女はナチュラルが一番!ナチュラル眉毛の書き方の10のコツ

やっぱり女はナチュラルが一番!ナチュラル眉毛の書き方の10のコツ

ナチュラル眉毛には小顔効果があったり、目力アップなど女性にとってメリットがたくさん♡

でも、いざやってみるとナチュラル眉毛を作るのって意外と大変なんです。

そこで!今回はナチュラル眉毛を書くときの10このポイントを紹介していきたいと思います♪

ナチュラル眉毛の書き方をマスターして、トレンド眉毛をゲットしましょう♡

 

 

ナチュラル眉毛の書き方の10のコツ

① 本来の眉毛の形を活かす

本来の眉毛の形を活かす

眉毛を書く前に自眉毛を整えておきましょう。

無理に形を変える必要はないので、ハサミを使って整える程度でOK◎

コームを使うとカットしやすいですよ♪

 

② ヘアカラーに合わせて自眉毛の色を変える

ヘアカラーに合わせて自眉毛の色を変える

髪色が明るい方は眉毛の脱色がおすすめ◎

脱色しておくことで余分なメイクをはぶき、よりナチュラルな眉毛をつくることができます♪

では、さっそくナチュラル眉毛の書き方を紹介していきたいと思います。

 

③ コームで整える

毛並みを整える

コームを使って眉毛の流れを整えていきます。

こうすることで毛の流れがわかりやすくなり、ナチュラルな眉毛が書きやすくなります。

 

④ 背骨ラインを書く

アイブロウペンシルで書き足していく

次にアイブロウペンシルで「背骨ライン」を書いていきます。

“上向きと下向きの毛が交わるところ”から引き始めて”眉山と眉尻の間”をめがけて1本の線をひきます。

 

⑤ アイブロウで書きたす

アイブロウで書きたす

背骨ラインに肉付けするようにアイブロウペンシルで上下にラインを書き足していきます。

最後に眉山で背骨ラインと繋がるイメージで書いていきましょう。

このときに眉尻が目頭より下がってしまわないように注意しましょう♪

 

⑥ アイブロウパウダー

アイブロウパウダー

眉頭に色を入れるときは必ずアイブロウパウダーを使います。

ペンシルだと濃くなりすぎて不自然になってしまうので、パウダーだけで書いていきましょう♪

 

⑦ バランスを整える

バランスを整える

眉毛のだいたいの形が決まったらアイブロウペンシルでバランスを整えていきます。

足りない部分には眉毛を書き足すようなイメージで線を入れていくと良いでしょう♪

 

⑧ 色をぼかす

色をぼかす

最後にアイブロウペンシルの色をぼかしていきます。

あまりくっきりしていると不自然なので、スクリューブラシなどを使ってぼかしていきましょう。

こうすることでよりナチュラルな眉毛に近づくことができます♪

 

⑨ アイブロウコートで仕上げ

アイブロウコートで仕上げ

仕上げにアイブロウコートを塗って完成!

アイブロウコートは100均でも販売されていますし、眉毛メイクには欠かせないとっても優秀なアイテムです♪

ナチュラル眉毛をキープするためにもしっかりとコーティングしてあげましょう。

 

⑩ 垢ぬけたいときには眉マスカラがおすすめ!

垢ぬけたいときには眉マスカラがおすすめ!

「これだけじゃあちょっと物足りない」「眉毛の色を変えたいけど脱色できない」

という方には眉マスカラがおすすめ◎

簡単に眉毛の色を変えることができるので、メイクのバリエーションも広がります。

髪色に合わせた色を選ぶことで統一感もアップ♡

 

 

おわりに

「ナチュラル眉毛の書き方って意外と難しい…」

「思うようにナチュラル眉毛が書けない…」

そんなお悩みとも今日でおさらば!

ナチュラル眉毛の書き方をマスターして、トレンド眉毛を手に入れましょう♡

ナチュラル眉毛の書き方をマスターして、トレンド眉毛を手に入れましょう♡

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る