Yabiiiiii

デリケートゾーンの黒ずみの6つの原因と、ピンク色にする12の対策方法

デリケートゾーンの黒ずみの6つの原因と、ピンク色にする12の対策方法

黒ずみは1度できるとなかなか治らないので多くの方が悩んでいるかと思います。
特にデリケートゾーンの黒ずみは人にも相談しにくいし、場所が場所だけに恥ずかしいですよね。

実は、デリケートゾーンの黒ずみの原因も、治すための対策も日常生活の中に隠れています。
ちょっとしたことを気を付けるだけで黒ずみをケアすることができるので参考にしてください♪

そこで今回はデリケートゾーンが黒ずむ6つの原因と、ピンク色にする12の対策方法について紹介していきたいと思います♪

 

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因になる6つのコト

アソコが黒ずむ原因① アソコが黒ずむのは自然なこと

アソコが黒ずむ原因① アソコが黒ずむのは自然なこと

デリケートゾーンは誰かと見比べることもできないですし、相談できない方も多いかと思います。
なので、「私だけデリケートゾーンが黒い…」と悩んでいる方も多いかと思います。

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が関係してることが多いのですが、特にデリケートゾーンはメラニン色素が活発に働いています。

そして、メラニン色素は遺伝や年齢、人種によっても異なるのです。
なので、黒ずんでいるからといってそれほど神経質になる必要もないのです。

 

アソコが黒ずむ原因② 黒ずんでいる=遊んでいるは間違い!

アソコが黒ずむ原因② 黒ずんでいる=遊んでいるは間違い!

都市伝説的な話になりますが、「遊んでいる人はあそこが黒い!」だなんていう話を聞いたことはありませんか?

実はこれは全くのウソ!なので黒ずんでいるからといって悩む必要はありません。
アソコが黒ずんでるのはいろんな人と経験があるからではないので、大丈夫!

世の男性陣の誤解が早く解けてくれるといいのですが…(笑)

 

アソコが黒ずむ原因③ デリケートゾーンはとても敏感だから黒ずみやすい

アソコが黒ずむ原因③ デリケートゾーンはとても敏感だから黒ずみやすい

デリケートゾーンはまぶたよりも皮膚が薄いと言われていて、他の部分とも比べても黒ずみができやすい部分なのです。

少しの刺激や摩擦でもすぐに黒ずみができてしまいます。

「それじゃエッチは?」と思うかもしれませんが、刺激が強すぎると黒ずみやすくなるかもしれません。
気になる人は男性に“優しくして”と伝えるといいかもしれませんね♡

 

アソコが黒ずむ原因④ 衣類や下着による締め付け

アソコが黒ずむ原因④ 衣類や下着による締め付け

服を脱いでみたら衣類や下着が当たっている部分が赤くなっていたなんてことはありませんか?

これは衣類や下着によって皮膚が締め付けられている証拠です。
締め付けられてる部分は常に刺激や摩擦の影響を受けることになってしまいます。

これが積み重なることでデリケートゾーンの黒ずみの原因になってしまうのです。

 

アソコが黒ずむ原因⑤ 妊娠や出産によるによって黒ずむ

アソコが黒ずむ原因⑤ 妊娠や出産によるによって黒ずむ

妊娠や出産を経験したらデリケートゾーンの黒ずみが気になるようになったという方はいませんか?
これは「出産に備えてお肌を守るためにメラニンの生成が活発になる」ということが影響しているのです。

この働きによりターンオーバーが乱れ、デリケートゾーンが黒ずんでくるのです。
出産後にターンオーバーが整うことでデリケートゾーン以外の黒ずみは薄くなってくることが多いのです。

しかし、デリケートゾーンは出産により多くのダメージを受けているので、軽度の色素沈着が残ることが多いと言われています。

 

アソコが黒ずむ原因⑥ 加齢の影響で黒ずむ

アソコが黒ずむ原因⑥ 加齢の影響で黒ずむ

年齢を重ねるごとに血行や代謝が衰えてお肌が黒ずみやすくなると言われているのです。
本来ならばおよそ28日周期でお肌の細胞が生まれ変わると言われています。

しかし、30代頃から徐々に周期が乱れ始め、50代になると2~3週間程度ターンオーバーが遅れると言われています。
ターンオーバーの乱れは黒ずみの原因になるだけでなく、黒ずみが治りにくくなってしまうので要注意です。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策12の方法

アソコの黒ずみ対策① デリケートゾーンは優しく洗う

アソコの黒ずみ対策① デリケートゾーンは優しく洗う

デリケートゾーンの洗いすぎは黒ずみだけでなく、ニオイの原因にもなってしまいます。

黒ずみやにおいが気になると、ついつい念入りに洗おうと思って力が入ってしまいますが、注意してください。
皮膚が弱くてデリケートな部分だからこそ優しく丁寧に洗ってあげましょう。

 

アソコの黒ずみ対策② 弱酸性の石鹸を使う

アソコの黒ずみ対策② 弱酸性の石鹸を使う

デリケートゾーンの皮膚はとても敏感なので、アルカリ性の石鹸を使うとそれだけで刺激になってしまうことがあります。
お肌と同じ成分の弱酸性の石鹸を使うことで黒ずみへの対策をしていきましょう。

最近ではデリケートゾーン用の石鹸なども販売されているので、そちらもおすすめ◎

 

アソコの黒ずみ対策③ 正しい洗い方を身に着ける

アソコの黒ずみ対策③ 正しい洗い方を身に着ける

  • 弱酸性の石鹸を泡立てネットを使ってしっかりと泡立てる
  • デリケートゾーンに泡を置いて2分程度放置する
  • 泡をぬるま湯で優しく洗い流す

パックのような感覚で泡をのせて洗いましょう。
泡立てた泡はお肌に乗せるだけで汚れを吸着してくれるので、余計な刺激を与えることなく洗い上げることができます。

泡立てネットを使うともっちりとした泡が作れるのでおすすめです♡

 

アソコの黒ずみ対策④ しっかりと保湿する

アソコの黒ずみ対策④ しっかりと保湿する

刺激や摩擦によってダメージを受けているデリケートゾーンは意外と乾燥しがちです。
お風呂から上がったらお顔や身体と同じように、デリケートゾーンもしっかりと保湿してあげましょう。

ボディークリームなどがない場合は、お顔用の化粧水やクリームでも十分に保湿することができますよ♪
このときに美白化粧品を使うとさらに効果がアップします♡

 

アソコの黒ずみ対策⑤ ターンオーバーを整える

アソコの黒ずみ対策⑤ ターンオーバーを整える

黒ずみを薄くするにはターンオーバーの働きが欠かせません。
ターンオーバーを整えるような食事や生活を心がけるようにしましょう。

質の良い睡眠や栄養バランスのとれた食事は肌機能の働きをサポートしてくれます♪

 

アソコの黒ずみ対策⑥ ムダ毛ケアのときのアイテムを見直す

アソコの黒ずみ対策⑥ ムダ毛ケアのときのアイテムを見直す

間違ったムダ毛処理の方法を続けていると黒ずみの原因になってしまいます。
自分で処理する場合には電気シェーバーや女性用のT字カミソリを使うようにしましょう。

また、頻繁に行うとお肌の調子が乱れてしまうのでたまにケアするぐらいにしておくと良いですよ♪

 

アソコの黒ずみ対策⑦ 正しいムダ毛ケアの方法を身に着ける

アソコの黒ずみ対策⑦ 正しいムダ毛ケアの方法を身に着ける

  • お肌をダメージから守るという意味でも必ず保湿してから処理してください
  • ムダ毛が長い場合にはハサミでカットする
  • 保湿や美容成分配合のシェービングジェルを塗る
  • 毛の流れにそって処理する

4つのポイントを抑えることでダメージを最低限に抑えることができます。
ムダ毛処理後の保湿もお忘れなく!

 

アソコの黒ずみ対策⑧ デリケートゾーンのムダ毛は脱毛がおすすめ

アソコの黒ずみ対策⑧ デリケートゾーンのムダ毛は脱毛がおすすめ

デリケートゾーンはとても皮膚が薄いため、ムダ毛処理を繰り返していると黒ずみの原因になってしまいます。

頻繁にお手入れしているという方には脱毛がおすすめです。
サロンでの脱毛は黒ずみや埋没毛が解消される場合もあるのでおすすめですよ♡

 

アソコの黒ずみ対策⑨ 下着の種類を変える

アソコの黒ずみ対策⑨ 下着の種類を変える

デザインがおしゃれな下着はポリエステルが使われていることが多いです。
しかし、ポリエステルは化学繊維なので、気づかないうちに摩擦などでお肌を傷つけていることが多いです。

綿100%やシルク、オーガニックコットンの素材が使われているものを選ぶようにしましょう。
シルクやコットンは柔らかいので摩擦や刺激による黒ずみを防ぐことができちゃいます♡

 

アソコの黒ずみ対策⑩ 衣類や下着のサイズを変える

アソコの黒ずみ対策⑩ 衣類や下着のサイズを変える

特に下着の場合は直にデリケートゾーンに触れるので、サイズがとっても重要!
なるべく締め付けの少ないものを選んで、お肌の負担を軽減してあげましょう。

ウエストが紐のものであれば締め付けが少なくなり黒ずみを防ぐことができますよ♪

 

アソコの黒ずみ対策⑪ たんぱく質を摂取する

アソコの黒ずみ対策⑪ たんぱく質を摂取する

たんぱく質はターンオーバーの速さを調節しているホルモンの材料になり、ターンオーバーをサポートしてくれています。
肉や魚類、たまご、牛乳、チーズ、野菜、納豆などに含まれているので積極的にこれらの食材を食べるようにしましょう♪

また、大豆製品にも食物性のたんぱく質が含まれていて、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンもたっぷりと含まれています。

お肌の若さを保つためには欠かせない栄養素なので、特に女性にはおすすめですよ♡

 

アソコの黒ずみ対策⑫ ビタミンCを摂取する

アソコの黒ずみ対策⑫ ビタミンCを摂取する

ビタミンCにはお肌の黒ずみやくすみ、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。
果物や野菜、イモ類に多く含まれているのでこちらも積極的に摂取するようにしていきましょう。

また、ビタミンCは美容に良い栄養素ということでサプリメントやドリンクもたくさん販売されています。
食生活が偏りがちな方はサプリメントやドリンクで必要な栄養素を補ってあげるというのも良いでしょう!

 

 

おわりに

デリケートゾーンの黒ずみの原因にはたくさんの理由があります。
アソコが黒ずんでしまった・・・と思ったら、とにかく日ごろのケアがとっても重要です。

日常生活で改善できることがほとんどなので、ぜひ覚えておいてくださいね♪

日常生活で改善できることがほとんどなので、ぜひ覚えておいてくださいね♪

関連記事

Yabiiiiii編集部

Yabiiiiii編集部

投稿者プロフィール

今話題のあんな事やこんな事を紹介してます。

Pick up!!

  1. 痩せない?「こうじ酵素」を30日間試してみた!口コミと効果

    痩せない?「こうじ酵素」を30日間試してみた!口コミと効果

    NHKなど、テレビでも特集が組まれるほどダイエットに効果的な「麹こうじ」。 そして、ダイエット…
  2. 効かない?!メディパラソルを実際に1ヵ月間試してみた!口コミと効果

    効かない?!メディパラソルを実際に1ヵ月間試してみた!口コミと効果

    飲む日焼け止めが最近流行ってますが、その中でも人気なのが「メディパラソル(Medi Parasol)…
  3. プエラリアミリフィカの6つの効果と副作用がヤバい!バストアップに効果的なサプリとは…?

    プエラリアミリフィカの6つの効果と副作用がヤバい!バストアップに効果的なサプリとは…?

    バストアップサプリメントなどに良く配合されているプエラリア(プエラリアミリフィカ)。 プエラリ…
  4. ダイエットサプリの正しい選び方は?5種類の効果と副作用、おすすめ商品まとめ

    1週間で5キロ痩せたい! すぐに10キロ痩せたい! そんな人が良く飲んでるのがダイエットサプ…
  5. 生酵素の5つの効果がヤバい!ダイエットにおすすめ生酵素サプリはどれ?

    生酵素の5つの効果がヤバい!ダイエットにおすすめ生酵素サプリはどれ?

    ダイエットや美容のキーワードである「生酵素」 酵素ダイエットや酵素洗顔など、女性にとって酵素は切り…

おすすめ記事

  1. 鼻の下にニキビができる5つの原因と治す11の方法
    鼻の下にポツンとニキビができると目立つ場所ということもあって、とても気になってしまいますよね。 …
  2. 痩せる?海外でも人気のデトックスウォーターとは?すごい8つの効果効能
    見た目にも涼しげでおしゃれなデトックスウォーターは、作り方もシンプルで海外でも大人気。 そんなデト…
  3. すぐスッキリ解消できちゃう♪便秘に効くお茶おすすめのベスト9
    健康や美容に良いとされているお茶は、私たちにとってとても馴染み深い飲み物の1つです。 そして、そん…
  4. 肌荒れニキビに効く食べ物3つと肌荒れニキビの原因になる食べ物3つ
    今日はデートなのに肌荒れニキビが・・・ 大事な日こそ現れる肌荒れニキビ・・女性にとっては大きな…
  5. 最近、元モー娘の辻ちゃんやゴマキ、モデルのマギーをはじめとする数々の芸能人も、飲んでいると紹介してい…
  6. DHCまつげ美容液の2種類を実際に試してみた!口コミと効果
    まつ毛美容液といえば「DHC」というくらい有名ですよね! マツエクの人でも使えて、コスパも最強で1…
  7. 敏感肌の人でも使えちゃう♪ニキビに効く化粧水の選び方 6つのポイント
    「ニキビに効く化粧水が欲しいけど、新しい化粧水は肌荒れしそうで不安」 「ニキビに効く化粧水は刺…
  8. 痩せない?「こうじ酵素」を30日間試してみた!口コミと効果
    NHKなど、テレビでも特集が組まれるほどダイエットに効果的な「麹こうじ」。 そして、ダイエット…
  9. 大敵!赤ニキビに効く食べ物3つと赤ニキビの原因になる食べ物3つ
    ニキビが炎症を起こし腫れ上がってしまうと赤ニキビになってしまいます。 赤ニキビは治すことができ…
  10. 1週間で5キロ痩せたい! すぐに10キロ痩せたい! そんな人が良く飲んでるのがダイエットサプ…

Category

○○な話

  1. 赤ちゃんを抱いて講義をする大学教授。なぜ?世界中の母親が賞賛した理由とは…?
    「大学教授」といえば、どんな人をイメージしますか? 厳しいイメージ 怖いイメージ 口う…
  2. 素敵すぎる!妻がミッション:インポッシブル風に報告。夫へのメッセージにほっこり♡
    いつも帰宅が遅い旦那さんがいる家庭では、夫婦の会話がついついおろそかになってしまう…。 そんな…
  3. 花嫁、父とラストダンス…のはずが!?父親ならではのサプライズに心温まる。
    アメリカの結婚式では慣習となっている親子のラストダンス アメリカの…
ページ上部へ戻る