2016/07/20

市販のデリケートゾーンの黒ずみに効くクリーム5つの選び方

市販のデリケートゾーンの黒ずみに効くクリーム5つの選び方

「皮膚科に行くとなると抵抗感がある…」

「黒ずみを治したいけどあまりお金はかけたくない…」

という方には市販されているクリームがおすすめ!

今回は薬局で買えるクリームのおすすめポイントを5つ紹介していきます。

手軽に買えるアイテムだからこそ、しっかりとポイントを抑えて最大限の効果を期待しましょう♪

 

 

デリケートゾーンの黒ずみに効くクリーム5つの選び方

ポイント① デリケートゾーン専用のアイテムを選ぶ

デリケートゾーン専用のアイテムを選ぶ

薬局でも黒ずみに効果的なクリームはいつくか販売されています。

しかし、最も重要なポイントは「デリケートゾーン専用のアイテム」かというところなんです。

デリケートゾーンは特に皮膚が敏感な部分なので、黒ずみ用であれば何でも良いというわけではありません。

デリケートゾーンに特化しているアイテムを選ぶことで安全に使い続けることができますよ♪

 

ポイント② トラネキサム酸配合

トラネキサム酸配合

市販されている黒ずみ用のアイテムは美白成分としてビタミンcやハイドロキノン、トラネキサム酸が配合されていることが多いです。

しかし、ビタミンcだと美白成分が弱いと言われていて、ハイドロキノンだとデリケートゾーンには刺激が強すぎると言われているのです。

しっかりと美白効果を期待できて、なおかつ刺激を抑えたトラネキサム酸が美白成分として配合されているアイテムがおすすめ◎

 

ポイント③ ビタミンc配合

ビタミンc配合

先ほどビタミンcは美白成分としてはあまり効果が期待できないと紹介しました。

しかし、ビタミンcには黒ずみのもととなっているメラニンの生成を抑える働きがあります。

そもそも黒ずみができなければケアする必要もありません。

これ以上デリケートゾーンの黒ずみを増やさないためにも、予防成分としてビタミンcが配合されているアイテムであればおすすめです♪

 

ポイント④ 尿素配合

尿素配合

固くなった角質を柔らかくするには尿素がおすすめ◎

角質を柔らかくすることで角質がはがれやすくなり、ターンオーバーがされやすくなります。

ターンオーバーが活性化されるということは黒ずみのもととなっているメラニン色素もはがれやすくなるということ。

ターンオーバーを活性化させてお肌の調子を整える為にも尿素配合のクリームはおすすめです♡

 

ポイント⑤ 続けやすいアイテムを選ぶ

続けやすいアイテムを選ぶ

これはクリームのテクスチャーや金額のことです。

いくら良いものでも使いにくいものであったり、あまりにも高価なものは続けにくくなってしまいます。

しかし、デリケートゾーンの黒ずみは簡単に治るものではないので、中長期的な目で見て続けられるアイテムを選ぶと良いですよ♪

 

 

おわりに

薬局でもデリケートゾーンの黒ずみに効果的な商品はいくつか販売されています。

その中でも自分にぴったりなアイテムを見つけて、黒ずみのケアを続けていきましょう♪

その中でも自分にぴったりなアイテムを見つけて、黒ずみのケアを続けていきましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る