2016/07/18

使い方間違ってない?日焼け止めスプレーの正しい使い方8のポイント

使い方間違ってない?日焼け止めスプレーの正しい使い方8のポイント

日焼け止めスプレーは紫外線からお肌を守ってくれる心強いアイテムです♪

毎日日焼け止めスプレーを愛用しているという方も多いのではないでしょうか?

毎日使っているからこそついつい見落としがちなのが「日焼け止めスプレーの正しい使い方!」

ということで今回は日焼け止めスプレーの正しい使い方のポイントを8つ紹介していきたいと思います♪

 

 

日焼け止めスプレーの正しい使い方8のポイント

① タイプ別に使い分けること

タイプ別に使い分けること

日焼け止めスプレーにはガスを使って塗布するものと、ガスを使わないミストタイプのものがあります。

背中や髪の毛にはガスタイプの日焼け止め、顔や身体にはノンガスタイプのものがおすすめです。

どちらも15cm以上離して吹きかけることでまんべんなく塗布することができますよ♪

 

② こまめにスプレーすること

こまめにスプレーすること

日焼け止めスプレーは比較的持続力が弱いものが多いです。

長時間外出する場合はこまめにスプレーすることが大切◎

日焼け止めスプレーは持ち運びにも便利なので、1つカバンの中に入れておくと便利です♡

 

③ 目に入らないように気を付けること

目に入らないように気を付けること

スプレータイプなので、間違って目に入ってしまうケースもあるかもしれません。

自分でスプレーする場合はいいですが、お子さんに日焼け止めスプレーを使用する場合は気を付けてください。
特に顔回りに使用する場合は注意が必要です。

 

④ パーツごとの使い方を知ること

パーツごとの使い方を知ること

日焼け止めスプレーは頭から足先まで全身に使うことができます。

効果を高めるためにも、それぞれのパーツごとの使い方を知っておくことが大切◎
では、さっそくパーツごとの使い方ポイントについて見ていきましょう。

 

❶ 髪の毛

頭頂部や髪の毛の分け目から塗布していきます。
日の当たりやすいところを中心にスプレーしていくと◎
15cm以上離してスプレーすることで髪の毛がべた付きにくくなります♪

 

❷ 顔

目に入らないように必ず目をつぶって塗布すること。
1度手にとってから塗るという方法ならより安全です◎
メイクの上から使えるものも多いので、メイク直しのときに同時に塗りなおしておくと日焼け止めの効果を持続させることができます。

 

❸ 背中

日焼け止めスプレーは逆さにしても使えるので、背中にも簡単に日焼け止めを塗ることができます。

背中に塗る場合はスプレーの向きを確認してから塗るようにしましょう♪

背中に塗る場合は衣類にかからないように注意してください。

 

❹ 脚

日焼け止めスプレーはストッキングの上からでも日焼け止めを塗ることができるのでとっても便利◎

ただし、衣類用でないものは他の衣類につかないように注意してスプレーしましょう。

スカートなどは1度まくり上げてからスプレーすると良いですよ♪

 

 

おわりに

日焼け止めスプレーは全身くまなく使えるのでとっても便利なアイテムです。

日焼け止めクリームが苦手なお子さんにもおすすめのアイテムです

日焼け止めスプレーを活用することで紫外線からお肌を守ってあげましょう♪

日焼け止めスプレーを活用することで紫外線からお肌を守ってあげましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る