2016/07/29

使い方間違ってない?日焼け止めジェルの正しい使い方5つのポイント

使い方間違ってない?日焼け止めジェルの正しい使い方5つのポイント

普段何気なく使っている日焼け止め。

実は正しく使っていないと日焼けしてしまうってご存知でしたか?

せっかく紫外線対策をしているのに、日焼けしてしまってはもったいない!

ということで、今回は日焼け止めジェルの正しい使い方について5つのポイントを紹介していきたいと思います。

 

 

日焼け止めジェルの正しい使い方5つのポイント

① 日焼け止めジェルはこんな人におすすめ!

日焼け止めジェルはこんな人におすすめ!

ジェルタイプの日焼け止めはべた付かず、サラッとした塗り心地が特徴。

日焼け止め特有のべた付きが苦手な方にもおすすめのタイプです。
化粧水のような塗り心地で伸びもよく、全身に使っている方も多いかと思います。

日焼け止めが苦手という方はまずはジェルタイプのものから使用することをおすすめします♪

 

② ジェルタイプの日焼け止めはこんなときにおすすめ!

ジェルタイプの日焼け止めはこんなときにおすすめ!

ジェルタイプの日焼け止めは化粧水のような塗り心地でありながら、テカリを抑えてくれるので化粧下地としてもおすすめ。

優しい付け心地でありながらウォータープルーフタイプも販売されているので、その日の予定に合わせて使い分けるとお肌をいたわることができます。

日差しの強い日や汗をかくとき、アウトドアの予定があるときにはウォータープルーフタイプを。
ちょっとしたお出かけや日常使いにはそうでないタイプのものがおすすめです♪

 

③ 日焼け止めと虫よけを塗るときの正しい順番は?

日焼け止めと虫よけを塗るときの正しい順番は?

夏場になると紫外線対策だけでなく、虫よけ対策も欠かせません。
どちらも効果を高めるのであれば塗る順番が効果を分ける大きなポイント!

ジェル→ミルク→クリーム→パウダー→スプレー

という順番が基本になっているので、虫よけのタイプに合わせて塗る順番を変えていきましょう♪

 

④ お顔に日焼け止めを塗るときの正しい順番は?

お顔に日焼け止めを塗るときの正しい順番は

朝起きて洗顔をして、スキンケアをして日焼け止めを塗る。
紫外線対策をするときはこれが一連の流れになると思います。

ただし、朝のお手入れには正しい順番があるんです。

化粧水→美容液→乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション
この順番が基本的な流れになっています。

日焼け止めジェルの中には化粧下地として使用できるタイプもあるので、そのようなアイテムを使っている場合は化粧下地として日焼け止めジェルを使っていきましょう♪

 

⑤ 日焼け止めファンデーションを使えば日焼け止めは塗らなくてもOK?

日焼け止めファンデーションを使えば日焼け止めは塗らなくてもOK

今では日焼け止めの効果があるファンデーションも数多く販売されています。
もちろんこのようなファンデーションを使っていればお化粧と同時に紫外線対策をすることも可能です。

ただし、ファンデーションは汗や皮脂によって取れてしまいやすいので、日焼け止めを重ね付けすることをおすすめします。

ジェルタイプの日焼け止めであれば化粧下地として使えるものも多いので、併用すると良いでしょう。
同時に使うことで日焼け止めの効果を高めることができますよ♡

 

 

おわりに

日焼け止めジェルを使うときは効果を高めるためにも正しい使い方を知ることが大切!

今回紹介したポイントを抑えて、日焼け止めの効果を高めていきましょう♡

今回紹介したポイントを抑えて、日焼け止めの効果を高めていきましょう♡

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る