2016/08/02

もう崩れない!日焼け止めの正しい塗り方・塗る順番の11のポイント

もう崩れない!日焼け止めの正しい塗り方・塗る順番の11のポイント

普段何気なく塗っている日焼け止め。

実は日焼け止めの効果を高めるためにも正しい塗り方や塗る順番があるのをご存知でしたか?

ポイントを抑えて塗ることで日焼け止め本来の効果を引き出すことができるんですよ♪

今回は紫外線からお肌を守るためにも、日焼け止めを塗るときの11のポイントについて紹介していきたいと思います。

 

 

日焼け止めの正しい塗り方のポイントは?

お出かけするときに毎日塗るものだからこそ、正しい塗り方を知っておきましょう♪

正しい塗り方をするだけで日焼け止めの効果が全然違ってきますよ♡
正しい塗り方のポイントを抑えて日焼け知らずの美白をキープ!

① 力を入れないで優しく塗る

 力を入れないで優しく塗る

日焼け止めを塗るときに手に力が入っているとお肌に余計な負担をかけることになってしまいます。

特に急いでいるときはゴシゴシと塗ってしまいがちですので気を付けましょう!

日焼け止めを擦り込むゆに塗っていると肌トラブルの原因になってしまうので、優しく塗ってあげることが大切です。

 

② ムラにならないようにしっかりと伸ばす

ムラにならないようにしっかりと伸ばす

特にリキッドタイプの日焼け止めを使っている場合、適当に塗っているとムラになりがちです。

手のひらに少量ずつ出してからお肌に伸ばしていくと均一に塗ることができます♪

塗りムラがあると日焼けの原因になってしまうので、丁寧に塗っていきましょう。

 

③ 重ね付けで紫外線をしっかりガード

重ね付けで紫外線をしっかりガード

日焼けをしたくないからと言って1度に大量の日焼け止めを塗るのは禁物!
お肌の隅々まで丁寧に塗っていくことが重要です。

物足りないと感じたらもう1度日焼け止めを重ね付けすることできちんと紫外線対策をすることができます♪

 

④ 身体には直塗りがベスト

身体には直塗りがベスト

腕や脚に日焼け止めを塗る場合、手に取ってから塗るとムラになりがちです。

容器から一直線に線を引くようなイメージで日焼け止めを出し、横に伸ばしていくように塗りましょう。
こうすることで広範囲にムラなく日焼け止めを塗ることができます♪

 

⑤ 忘れがちなパーツもしっかりガード

 忘れがちなパーツもしっかりガード

耳の裏や首はついつい紫外線対策を忘れがちなパーツです。
自分で見えていないパーツでも、紫外線の影響を受けているので要注意!

忘れがちなパーツだからこそ意識して紫外線対策をしましょう♪

 

 

お顔に日焼け止めを塗るときの正しい塗り方、塗る順番は?

身体と違ってお顔の皮膚はとっても敏感。
しっかりと紫外線をガードしてあげることで肌トラブルを防いでいきましょう♪

⑥ 日焼け止めを塗る前にお肌を整えておく

日焼け止めを塗る前にお肌を整えておく

せっかく日焼け止めを塗って紫外線対策をしていても、流れ落ちてしまっては意味がありません。

日焼け止めが落ちないようにするためにも化粧水や美容液でお肌を整えておくことが大切◎

きちんとスキンケアをした後で日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう♪

 

⑦ 5点塗りでお顔を守る

 忘れがちなパーツもしっかりガード

お顔に日焼け止めを塗る場合、お顔全体に均一に塗ることがポイント!

おでこ、両頬、鼻、顎の5ヶ所に日焼け止めをのせてポンポンと優しく馴染ませていきましょう。

こうすることで塗りムラを防いでお顔全体を紫外線から守ることができます♪

 

⑧ お肌に浸透するまで待って日焼け止めを密着させる

お肌に浸透するまで待って日焼け止めを密着させる

スキンケアをした後に日焼け止めを塗り、お肌に密着させることがポイントです。

日焼け止めを塗った後にメイクをする方が多いと思いますが、メイクをする前に日焼け止めがしっかりと浸透しているか確認しましょう。

日焼け止めが浸透していないとメイク崩れの原因にもなってしまうので、ゆっくりと丁寧に塗ることが大切です♪

 

 

日焼け止めを塗る正しいタイミングは?

日焼け止めは外出する前に塗るのが基本になっています。

正しいタイミングを知ることで日焼け止めの効果を高めていきましょう♪

⑨ お出かけの30分前に日焼け止めを塗る

お出かけの30分前に日焼け止めを塗る

日焼け止めは角質に浸透してから効果を発揮するものです。
角質に浸透するまでに15~30分程度の時間が必要なので、お出かけ直前に塗っては遅い場合があります。

余裕をもってお出かけの30分前に日焼け止めを塗っておくとしっかりとお肌を守ることができますよ♪

 

⑩ こまめに塗りなおして効果をキープ

こまめに塗りなおして効果をキープ

SPFが高い日焼け止めを塗っている場合、ついつい安心しがちです。

しかし、SPFがいくら高いものでも汗や皮脂によって日焼け止めが落ちてしまってはお肌を守ることができません。

2~3時間おきに塗りなおすことで日焼け止めの効果をキープしていきましょう♪
メイクの上からケアできるタイプの日焼け止めもあるので、携帯用に持っておくと便利ですよ♡

 

⑪ スプレータイプの日焼け止めでしっかりガード

スプレータイプの日焼け止めでしっかりガード

出先で日焼け止めを塗りなおす時間がない!という方にはスプレータイプの日焼け止めがおすすめ。

シュッとひと吹きするだけで紫外線からお肌を守ってくれます

手が汚れることもないですし、メイクの上からも使うことができるのでとっても手軽にケアすることができますよ♪

 

 

おわりに

日焼け止めはただ塗るだけでは効果が半減してしまいます。

日焼け止めの正しい塗り方や塗る順番のポイントを守って、紫外線からお肌をしっかりガードしていきましょう♪

日焼け止めの正しい塗り方や塗る順番のポイントを守って、紫外線からお肌をしっかりガードしていきましょう♪

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る