2016/09/06

飲み過ぎ注意!酵素サプリの4つの副作用とその成分

飲み過ぎ注意!酵素サプリの4つの副作用とその成分

酵素サプリは基本的に副作用がないので安心して飲めるサプリメントです。
しかし、酵素サプリを飲むことでいくつかの症状が現れるケースがあります。

そこで今回は酵素サプリの4つの副作用と成分について紹介していきたいと思います!

酵素サプリを飲む前に副作用について知っておくことで安心へと繋げていきましょう♪

 

 

酵素サプリの4つの副作用とその成分

① 好転反応

好転反応

酵素サプリを飲むのであれば好転反応について知っておくことが大切です。

好転反応はサプリメントの効果が出ている証拠にも関わらず、症状が不調のようにとらえられることが多いので副作用と間違えられてしまうことがあります。

例えば酵素サプリには老廃物や毒素を排泄する働きがあるので、便が緩くなったりニキビができてしまうことがあります。
このような一時的な症状は酵素が身体の中に行きわたり酵素の効果が表れている証拠なんです♪

ただし、症状が酷い場合や長引く場合には好転反応ではない可能性も考えられます。
好転反応ではない場合には服用を停止して、かかりつけの医師に相談しましょう。

 

② 食物アレルギー

食物アレルギー

酵素サプリは商品ごとに使われている原材料が違います。

いくら身体に良いものであっても、食物アレルギーがある方は酵素サプリに含まれている食材によって食物アレルギーの症状が出てしまう可能性があります。

酵素サプリに限ったことではありませんが、酵素以外にも効果を高めるために加えられてる成分もあるので、アレルギーがある方は事前に確認しておく必要があります。

まれに原材料が表記されていないサプリメントなどがありますが、そのようなサプリメントは何が含まれているかわからないので危険です。

きちんと原材料が表記されている安全な酵素サプリを購入しましょう♪

 

③ 過剰摂取

過剰摂取

酵素サプリは過剰摂取しても効果が高まるものではありません。
食品と同じように中長期的に摂取することで効果を得られるものです。

過剰摂取は効果を高めるどころか思わぬ症状を引き起こすリスクを高めてしまうだけです。
副作用を避けるためにも決められた摂取量を守り、酵素サプリの効果を期待していきましょう。

摂取量がわからない場合は購入元に問い合わせるときちんと対応してくれますよ♪

 

④ 頭痛・低血糖

頭痛・低血糖

まれに酵素サプリを飲んでいるときに頭痛や低血糖を感じるという方がいます。
そのような場合には酵素が足りていないという可能性が考えられます。

酵素サプリの量を減らしたり、飲み忘れているということはありませんか?

酵素は常に消化や代謝に使われて消費されていくものなので、酵素サプリで補うことで体調を整えていきましょう♪

 

 

おわりに

酵素サプリはこれまでに副作用の報告がされていない安全なサプリメントです。

摂取量を守り、自分に合った酵素サプリを選ぶことがポイントです♪

ただし、酵素サプリを飲み始めて体調に変化が表れて症状が治らなかったり、悪化する場合には服用をやめてかかりつけの医師に相談しましょう。

ただし、酵素サプリを飲み始めて体調に変化が表れて症状が治らなかったり、悪化する場合には服用をやめてかかりつけの医師に相談しましょう。

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る