効果・効能③ コレステロール値を下げる

効果・効能③ コレステロール値を下げる

脂肪を摂取すると、コレステロールや体脂肪に代わるために、コレステロール値を上昇させて、中性脂肪酸を増やしてしまいます。
しかし、ココナッツオイルは主成分が中鎖脂肪酸のために、コレステロール値を上昇させることがほとんどないのです。

また、中鎖脂肪酸は代謝を促進するために善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らすともいわれています。
オリーブオイルと同じような働きをするんですね。

あくまでもココナッツオイルは“油”なので、取りすぎには注意しましょう。

善玉コレステロールとは?
善玉コレステロール(HDL)は、血液中に余っているコレステロールを回収し肝臓へと運ぶ役割をしています。
不要なものを回収してくれるため善玉と呼ばれています。
悪玉コレステロールとは?
悪玉コレステロール(LDL)は、全身にコレステロールを運ぶ役割をしています。
LDLコレステロールが増えすぎると血液中にコレステロールが増えすぎてしまい余ってきてしまいます。
この余ったコレステロールが酸化して変性し、血管壁に入り込んでしまうと動脈硬化の原因となってしまいます。

 

効果・効能④ 糖尿病の予防・改善になる

効果・効能④ 糖尿病の予防・改善になる

成人病として発症する糖尿病の主な原因はインスリンの抵抗性が大きな原因です。
インスリンの抵抗性は、内臓脂肪や皮下脂肪などの肥満と関係しています。

ココナッツオイルで中鎖脂肪酸を摂取することで、このインスリン抵抗性を改善する効能があります。
過剰な内臓脂肪の蓄積を抑える効果があるんですよ。

また、サラダ油などの精製された油は糖尿病のリスクを高めるので、摂取するのは控えた方がいいです。

インスリン抵抗性とは?
インスリン抵抗性とは、インスリンに対する組織の感受性が低下し、インスリンが作用しにくい状態のことです。
感受性が低下しているため、より大量のインスリンが必要となります。
II型糖尿病の原因と考えられています.

 

効果・効能⑤ 心臓血管疾患のリスクを下げる

効果・効能⑤ 心臓血管疾患のリスクを下げる

心臓血管疾患といえば、心筋梗塞や狭心症です。
どちらの原因も動脈硬化によるものです。

伝統的に昔からココナッツオイルをたくさん摂取している地域では、心血管系の病気が多いという報告は少ないようです。

動脈硬化とは?
動脈硬化とは、動脈に中性脂肪・コレステロールなどがたまった状態。
糖尿病や高血圧などにより、血管が弾力性や柔軟性を失って固くなった状態のこと。

 

効果・効能⑥ 免疫力を高める

効果・効能⑥ 免疫力を高める

ココナッツオイルに含まれている、ラウリン酸はさまざまな微生物に対して抗菌作用をがあります。
ヘルペス、インフルエンザなどのウイルス、黄色ブドウ球菌、アクネ菌などにも効果があると言われています。

 

効果・効能⑦ 紫抗シワ効果や美白効果、抗炎症作用

効果・効能⑦ 紫抗シワ効果や美白効果、抗炎症作用

ココナッツオイルに多く含まれているトコトリエノールという成分には以下のような健康効果が。

  • 美肌効果
  • 美白効果
  • コレステロール値を下げる効果
  • 動脈硬化を予防する効果

トコトリエノールは吸収されてから、皮膚に多く分布されるので、紫外線による酸化からお肌を守り、シワや美白に効果的なようです。
また、抗炎症作用もあると期待されています。

トコトリエノールとは?
トコトリエノールとは、ビタミンEの一種で、強力な抗酸化作用を持つ栄養素。
抗酸化作用の他にも、コレステロールや中性脂肪を低下させるという特有の作用も持っています。
しわ・シミや毛穴の改善などの美容効果も持つ、「スーパービタミンE」と呼ばれる成分です。

 

効果・効能⑧ 甲状腺機能の低下の改善、代謝アップ

効果・効能⑧ 甲状腺機能の低下の改善、代謝アップ

サラダ油などの一般的な植物性油は、甲状腺の機能を低下させてしまいます。
ですので、代謝を下げてしまいます。
代謝が下がることによって、カロリー消費が少なくなってしまうので、体脂肪として蓄積されてしまい、体重の増加にもつながってしまいます。

サラダ油などの多価不飽和脂肪酸を多く含んでいる油を食べるたびに甲状腺の機能が低下し、機能しなくなっていくので、特に大豆油は有害なので気をつけておきましょう。

甲状腺の機能が低下するといろんな症状が

甲状腺の機能が低下することによって、肌の乾燥・肌荒れ、くすみ、寒気、むくみ、疲労感、便秘、月経異常、眠気、抑うつ、無気力などの症状も出てきます。
これを改善する効果効能があるのがココナッツオイルです。

さきほども説明しましたが、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸。
そしてサラダ油などは長鎖脂肪酸です。

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸の代謝を促進する効果がありダイエットに効果的です。
代謝アップにつながるので、甲状腺の機能低下の改善にもつながります。

 

効果・効能⑨ アトピーに効果的

効果・効能⑨ アトピーに効果的

ココナッツオイルは食べるイメージが強いと思いますが、体に塗る使い方もあるんですよ♪

ココナッツオイルはアトピー性皮膚炎に効果的というデータが出ています。
特に、皮膚黄色ブドウ球菌に抗菌作用があり、アトピー性皮膚炎の乾燥にも効果的です。

ココナッツオイルは食用だけでなく、皮膚の塗り薬としてもその効果効能が期待されているんですよ♡

 

効果・効能⑩ 活性酸素を除去する効果

効果・効能⑩ 活性酸素を除去する効果

人間は呼吸で酸素を取り入れて、二酸化炭素を出します。
このときに活性酸素と呼ばれる酸素が発生します。
活性酸素は細胞に損傷を与える有害性があり、動脈硬化や生活習慣病、老化をもたらします。

活性酸素はほとんどの病気の原因とまで言われている有害なもです。
この活性酸素を除去する効果があるのが、ココナッツオイルに含まれているケトン体です。
ココナッツオイルを摂取することによって、体に有害な活性酸素を除去してくれるので毎日摂取するのがおすすめです。

 

効果・効能⑪ 認知症・アルツハイマーの予防・改善

効果・効能⑪ 認知症・アルツハイマーの予防・改善

脳のエネルギー源はブドウ糖です。
そのブドウ糖に代わる、脳へのエネルギー源としてケトン体が注目されています。

中鎖脂肪酸が肝臓で分解されてブドウ糖が合成されます。
中鎖脂肪酸を用いた食事療法は、アルツハイマーで脳への栄養源となるブドウ糖が吸収されにくくなった脳細胞に、ケトン体で栄養を補うことで脳細胞の破壊を食い止める効果が期待されているそうです。

1

2

3 4

PICK UP記事

 

関連記事

ページ上部へ戻る