2016/10/08

便秘薬でダイエットすると危険?!下痢ダイエットの5つの危険性

便秘薬でダイエットすると危険?!下痢ダイエットの5つの危険性

女性の8割が悩まされている便秘は、特にダイエット中の女性にとってとてもやっかいな存在です。

中には痩せることを目的に便秘薬を服用しているという方も多いのではないでしょうか。
しかし、便秘薬を使ったダイエットはとても危険なダイエット法なのです。

今回はこの便秘薬を使った下剤ダイエットの5つの危険性について詳しく紹介していきたいと思います。
これから下剤ダイエットをしようと考えている方は1度目を通しておくことをおすすめします。

 

 

下痢ダイエットの5つの危険性

① 慢性的な便秘は「太りやすく痩せにくい」?!

慢性的な便秘は「太りやすく痩せにくい」?!

代謝が下がる

便秘によっていつまでも腸の中に便があると毒素が血液中に溢れ、血流が悪くなってしまいます。
すると、基礎代謝や新陳代謝が下がり、エネルギーの燃焼効率が下がってしまうのです。

燃焼効率が下がればいくら運動をしていても効果を得にくくなってしまいますし、結果が現れずにモチベーションも下がりやすくなってしまいます。

脂肪を吸収しやすくなる

本来排便されているはずの便が腸の中に溜まると残った脂質や糖が再び吸収され、必要以上に脂肪が吸収されやすくなってしまいます。

便秘は便のかさによって単純に体重が増えるだけでなく、脂肪の吸収によってもダイエットの妨げをしているのです。

痩せる栄養素の吸収率を妨げる

腸の中に便が溜まっていると新鮮な栄養素を吸収しにくくなってしまいます。
その中でも特にビタミンB2やビタミンB6の吸収率が下がりやすくなるというデータがあるのです。

これらの栄養素はダイエットにも効果的な栄養素なので、吸収率が下がることでダイエットの効率も下がってしまいます。

このようなことから便秘でお悩みの方は下剤ダイエットを取り入れる方が多いようです。
では、さっそく危険と言われている下剤ダイエットについて見ていきたいと思います。

 

② 下剤ダイエットとは?

下剤ダイエットとは?

普通に食べていても痩せられるダイエットとして、特に若い世代に注目されている下剤ダイエット。

便秘薬の働きによって強制的に排便することができるので栄養素の吸収率を減らし、普通に食べていても痩せられると言われています。

しかし、このダイエット法は便秘薬という薬を使う方法なのでもちろん副作用が存在します。

そして、酵素やヨーグルトなどと違い、便秘薬の中には強制的に腸を動かして排便するという薬もあります。
そうなれば腸にかなりの負担をかけてしまうことになるので、腸の病気にもなりやすくなってしまうのです。

もちろん強制的に便を排泄するので痩せられる方法にはなるかもしれませんが、健康面を考えると最も危険なダイエットとも言えます。

どうしても痩せたいという方にも下剤ダイエットはおすすめできません。

 

③ 下剤ダイエットの副作用とは?

下剤ダイエットの副作用とは?

下剤ダイエットの中で1番多い副作用は脱水症状です。
自然な排便とは違って便秘薬を使用しているので、下痢になりやすくなります。

下痢は水分も一緒に排泄してしまうので、身体に必要な水分まで奪って脱水症状を引き起こしてしまうのです。

水分の量が少なくなると水の流れも悪くなり、血管の間に水が溜まりやすくなって顔や身体がむくんだり、最悪の場合には脱水症状によって倒れてしまうケースもあります。

また、便秘薬は整腸剤のような働きで腸を活発にしているわけではなく、強制的に腸の働きを高めさせて排便を促すものです。

このように強制的に腸を動かしていると腸の働きが弱り、自力で排便できなくなってしまうケースもあるのです。
自力で排便できなくなってしまっては便秘薬に頼るしかなくなり、悪循環に陥ってしまいます。

軽い気持ちで便秘薬を飲み始めて、今では便秘薬を何十錠も飲まなければ排便できなくなったという方も多いので、本当に注意しなければなりません。

 

④ 下剤ダイエットは女子力を下げる?!

 下剤ダイエットは女子力を下げる?!

便秘薬を飲み続けていると食べたものから栄養が摂取できなくなり、栄養不足になってしまいます。

栄養を摂らないということが下痢ダイエットの目的かもしれませんが、必要な栄養が吸収されなければ髪の毛のツヤがなくなりお肌の張りも失われてカサカサに、目の下もくぼんで頬がこけてしまいます。

これではとても健康な状態とは言えませんし、やつれるような痩せ方のせいで実年齢よりも老けて見られてしまうのです。
美しくなることが目的で始めたダイエットも、これでは女子力のかけらもありません。

また、体重が増えることへの恐怖心から便秘薬への依存が始まり、デートでも体調が悪くなったり、恐怖心から食事が食べられなくなるというケースも…

 

⑤ 下剤ダイエットは「太りやすく痩せにくい」?!

下剤ダイエットは「太りやすく痩せにくい」?!

便秘薬を服用し続ける下剤ダイエットは栄養不足になることから女子力が低下してしまいます。

栄養不足は女子力の低下だけでなく、必要な栄養素を補うことができないので少しの食事から栄養を吸収しようと身体が働くので、逆に太りやすい体質になってしまうのです。

そして、便秘薬を飲み続けなければ痩せることはできないので、便秘薬の服用をやめたとたんにリバウンドするというケースも多いようです。

また、お気づきの方も多いかと思いますが、これでは初めに紹介した”慢性的な便秘は「太りやすく痩せにくい」?!”という状態から全く抜け出せていません。

下剤ダイエットは結果的にダイエット効果がないどころか見た目年齢を上げたり、不健康な痩せ方をするだけでメリットのないとても危険なダイエットになのです。

 

 

おわりに

下剤ダイエットは健康だけでなく美容にも悪影響を与えてしまいますし、依存性もとても高いです。
1度はまってしまえば抜け出すことも難しく、痩せれたとしてもとても美しい痩せ方をできるダイエットではありません。

また、常に危険が伴うダイエットになるので絶対にチャレンジしないでください。

辛い便秘でお悩みの方は医師に相談して便秘を解消し、ダイエットをしたい場合には別のダイエット法を取り入れるようにしましょう!

辛い便秘でお悩みの方は医師に相談して便秘を解消し、ダイエットをしたい場合には別のダイエット法を取り入れるようにしましょう!

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る